Tag Archives: 栄龍石材

DSC_0058

タグ付きのお墓

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

DSC_0038

朝の霧の合間から朝日が。。。

気持ちのいい朝ですが、天気は下り坂のようです。

地元で採れていた石を磨き直ししてもらいました。

DSC_0033

DSC_0154

栄龍石材の栄龍品質にて。
DSC_0058

タグ付きのお墓の石です。
品質保証、というわけです。
見違えるような美しい石によみがえりました。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
20170614064435725_0001

日本の石でお墓を建てたい方必見~「庵治博」で気になったこと②

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

「庵治博」で気になったもの2つ目は。。。

DSC_0092

ご無沙汰してます栄龍石材の米田さんです。
大切な人を供養したい。その想いからできあがっております。

DSC_0096

業界向けイベントではありますが、
お墓を建てる人、エンドユーザーに向けた新しい試み。

20170614064435725_0001

その名も「蜘蛛の糸」

DSC_0098

初日の早い時間ですが、もう予約済みの赤札が。。。

DSC_0099-2

このように、石は「北木石」なのですが、
磨いてないお墓です。
磨いてあるのは、面のみ。
出来るだけ、リーズナブルに日本の石のお墓を
提供できないか、というアイディア。

ワンサイズのみの製品なので、
どんな形でもというわけではないですが、

「あんまり予算がないのよ。。。
でも、日本の石で、できれば北木石で建てたみたい。。。」

悩み3

というご要望の方には
一度、検討してもらいたいお墓ですよ。

日本の銘石、北木石。
+栄龍石材謹製。

20170614064435725_0003

「輝きより守りたいもの」
光沢あるお墓は魅力的ですが、一番コストもかかります。
そこよりも大切なことを栄龍石材は考えます。

「一分に注いだ職人魂」
それでも、職人魂を入れるのが、栄龍カラー。
一分の面に全ての職人魂を。

「行き場を失った在庫の石材を使用」
ここが最大のポイントですね。
なぜこの値段で出来るのか、の最大のポイントがここです。

これ、
これだよ!!
これを探してたんだよ!!

おとうさん
と、おっしゃる方が必ずいるはずです。
栄龍石材からの新しい提案。

「蜘蛛の糸」です。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc_0013

あなたのお墓は誰が作りましたか?

おはようございます。
段々、夜明けが遅くなるのを実感しております。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。

6時半ですが、やっと明るくなってきたかな。。。って感じです。
ホントに夜が長くなってきました。

昨日、所用で、香美町に行ってきました。

dsc_0013

視線を感じて、見てみると、牛ちゃんがおりました。
但馬牛かな。。。

うちの近所にも、牧場があって、
但馬牛を飼われておられます。
育てるのは大変なんですよね。

ところで、
昨日、中国産?インド産?
という記事を書かせていただきました。

(読まれてない方は、こちらへ)
   →→→「このお墓の石、中国産?インド産?」

意外とお墓の石って、
中国産のみかげ石、とか
インド産のみかげ石、とか
日本のみかげ石、とか
ずいぶん意識して、表示されるようになりつつありますが、
(いや、まだまだ不十分ですがね。。。)

じゃあ、どこの誰が作ったの?
という部分は意外と意識されないことが多いですが、
【石の産地と同時に、加工した場所を明示する】こと、大事じゃないですか?

日本の職人が加工した「大島石」と
中国人が作った「大島石」は、同じですか?
ということです。

人によっては、
「同じ石なんだから、同じだろう」と思う人もいるかもしれません。
でも、
「いや、日本で採れた魚と日本で採れた米を使って、日本人の板さんが握った寿司」
じゃないと、だめだ。

17061186

って、人もいると思います。

つまり、
産地だけが分かっても、加工者が分からなければ、
半分の情報しか開示していない、
と思うのです。

「誰が作ったか、なんて興味ない」と思う人にとっては、
必要ない情報かもしれませんが、
それなら、確認しなくてもいいだけであって、
その情報を必要としている人にとっては、すごく大事な情報なのです。

お墓の石も、産地、加工地、加工業者まで明示するようなルールを
作っていくべきだと思います。
また、それが明示されていないものは、証明書にはなりえない、と
思います。

私個人的には、
日本の石は日本人で加工する、
インドの石はインドで加工する、
中国の石は、中国で加工する、

のが、一番だと思います。
まあ、それぞれ考え方もあります。
志向もあります。

加工に関しては、日本の職人に作ってもらうのが、
一番安心だし、確かなものを作ってもらえる、
という意見もあります。

ただ、日本で作れば、何でも同じか??
といえば、そうでもありません。
日本で作っても、未熟な職人が加工したものは、
中国製品以下、ということはあります。

誰が作ったか、
「日本で作ったのは、分かりました。
じゃあ、日本で誰が作ったのですか?」
という部分も確認した方がいいのかもしれません。

おおきた石材店では、
日本の石でお墓を建てる場合、
「栄龍石材」さんと
日本石材センターさん経由で、庵治の加工メーカーさん数社に
加工していただいております。

私自身も加工できますし、多少作るつもりもありますが、
沢山は作れません。
年間1基くらいはつくってもいいかな。。。
という程度です。
需要があれば、ですけどね。

1年間くらい、時間を頂けて、
石種も、お任せしていただけるなら、
作らせていただきます。
価格も多少、割高かもしれません。
その代わり、私が全身全霊にて加工させていただきます。

お問合せ、お待ちしております。
(基本、冬季の受注のみ、としております)

ずいぶん、たくさん条件ついてるな。。。
そんな人、いないでしょうけどね。(←いるわけないだろ。。。)

お問い合わせは
〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com
にて、お願いします。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
12366673_777076865759680_1244007015_n

私のブログの立ち位置。

おはようございます。
台風の影響で、北海道は大変なことになっておりますが、
こちらは、快晴の
但馬、豊岡の
お墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

暑いですね。依然として。。。(^_^;)

湿度が高いので、体力が。。。

IMG_20160821_074622

 

そうは言っても、毎日、ブロック積みに精を出しております。

IMG_20160820_171339

 

今日は日曜日ですが、休み返上でブロック積みします。

IMG_20160820_171358

来週は二日、休まないといけないのでね。。。

ところで、
私はこのブログで、いろいろな新しいサービスを
提案しております。

例えば、

「岩田さんのお花」

何と、岩田さんのお花が素晴らしいので、
デリバリーまでやっちゃいます、というサービス。

「やすらかに敦」

世界でたった一つのラストドレス。
葬儀社さんは今、すごく注目されているようです。
「栄龍石材が作るお墓」

メイドイン中国が大勢を占める日本のお墓。
その中でひときわ光るメイドインジャパンの一品。
メイドイン栄龍石材のお墓。

 

「プレミアムデザインのお墓」

隣とは違う、うちだけのお墓が建ててみたい。
そんなお願いにこたえます。
但馬ではまだほとんど建っていないインターロックの
「プレミアムデザイン墓石」のおすすめ。

他にもいくつかありますが、
どうしてこれらをお勧めするかというと、

これらはどれも、

私が見て、聞いて、実際に体験して、
ドキドキ、ワクワク、したから。

お墓のプロである、私が見て、感じて、
ワクワクしたから、ご紹介しているのです。
販売する本人が、
あまり、魅力を感じない。
あまり、感動しない。
そんな商品を欲しいと思いますか?

必要なら、買うかもしれません。
でも、
それって、
欲しくて買っているんじゃないから、
値段重視となりますよね。

つまり、

安ければ、買う。
もっと安ければ、そっちを買う。
もっともっと安ければ、さらにそっちで買う。
ものが大事なのだから、
売り手は誰でもいい。
買いやすいところから買う、となりますね。

そういう値段重視のお墓を売っている石材店もあるんでしょうが、
私はそれは嫌ですね。

絶対に嫌ですね。

私が、感動したもの、感動した商品、感動したお墓を
私自身が買いたいな、と思わせた商品。
それを是非、周りの人、私から買いたいと思われた人、
にご紹介したいんです。
こんなに素晴らしいんですよ。
こんなにいい気分になれるんですよ。
こんなに華やかになれるんですよ。

そういう心が動くことをお伝えしたくて、
今日もこの記事を書いております。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
20160727071923611_0002

栄龍石材の加工。

おはようございます。
今日は暑くなりそうな予報の兵庫県豊岡市です。

DSC_0003

今日は基礎コンクリート施工します。
早めに出来上がればいいんですが。。。
ゲリラ豪雨の対処も忘れないように。。。

栄龍石材の副碑の裏側。
上の面が下になります。
きれいに面取りしてありますね。
しかも、角度が鈍角に面取りしてあるので、
掛けにくく、面もあまり大きく見えない。

加工には、手間がいりますが、
栄龍品質です。

DSC_0008

両方の面が磨いてある場合と
片方が磨き、片方が切削あるいは、粗削り状態の面とは
面(かど)の処理の仕方がちがいます。

DSC_0003-001

 

こちらは、両方磨きの面取り。
このような、曲面の面取り(かど磨き)は
けっこう難しいんです。
慣れないと、大きな面取りになったり、
細すぎて、他の面と違ったりして、
しかもきれいに取らないとダメだし、
なかなか技量に差が出やすい部分です。

DSC_0013

こういう、素人には、分からない部分ですが、
石のプロなら、すぐに分かる部分なので、
こういう部分をしっかりと加工しておられます。

タグ付きのお墓にふさわしい品質の
「栄龍石材」のお墓の石をご紹介しています。

 

20160727071923611_0002

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0013

タグ付きのカニは見たことあるけど。

こんにちは。

夕方更新は久しぶりの
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
お盆前の多忙な時期を迎えております。
最大の山場かも。。。
8月の第一週までは、何とかめどを付けたい。。。

というわけで、ブログ更新もなかなかままならない状況です。

そんな中、栄龍石材さんからお墓の戒名碑が到着しました。

DSC_0013

何と、タグ付きです。
カニにタグが付いているのは、高級品の証ですが、
お墓にもタグ付き、ついに出ました。
栄龍石材、私も御付き合いをさせて頂いている北木島の石材の加工専門の
石材店さんです。

その栄龍石材製のお墓の石は、なんとタグ付き。(^▽^)/

松葉ガニのタグ付きといえば、
最高級のカニの証ですが、
お墓のタグ付きとは!!!!

でも、いかに品質に自信がある、という証明でもありますね。

DSC_0020

こちらは、副碑の足。
最近、このように並べてみて、
サイズ、形状が全く同じ足は、久しく見てないな。。。

つまり、
それほど、こだわりのお墓の石なんですね。

 

DSC_0016

さあ、
栄龍石材のタグ付きのお墓で、
お墓を建ててみませんか?
中国加工とは、ずいぶん違いますよ。
その違いを見に来ませんか?

お問い合わせは、以下までどうぞ。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
20160727071923611_0002

「メイドインジャパン」を背負う

20160727071923611_0002

 

お墓の石も中国製、となりつつあります。

国内の石で国内の加工のお墓は非常に少なくなってしまいました。
ですが、まだまだ

日本の石を国内加工で、お墓を建てて欲しい、と言うお客様は

僅かではありますが、いらっしゃいます。

 

あなたが建てるお墓は中国製の中国人が作ったお墓ですか?

それとも、

日本人が日本の石で作ったお墓ですか?

 

おおきた石材店では

北木石の産地、岡山県の北木島のこだわりの加工石材店、

栄龍石材さんが作られるお墓に魅力を感じ、

米田社長のこだわりに意気を感じ

国内加工で、というお問い合わせのお墓は

いつも栄龍石材店さんのお墓をお奨めしています。

 

夜になるとトラに豹変する社長ですが、

メイドインジャパンという重い看板を一身に背負い

頑張り続ける米田龍治社長。

image-4

 

社長を後ろからしっかり支える美貌の副社長であり、

選りすぐりの磨き職人でもある米田直美さん。

image-7

 

栄龍石材の次代の星、

元甲子園球児でもある

米田雄樹くん。
image-10

 

この米田ファミリーの作るお墓には、愛があります。

長い間、手を合わせ続けるに相応しいお墓つくりがあります。

心のこもった尊拝の対象に相応しいお墓があります。

あなたを子どもの頃から育て、

育んでくれた大切な方が眠るお墓です。

多少の費用掛けても、

それに相応しいお墓を

ぜひとも、建てていただきたいのです。

 

米田社長の心意気の一端ですが、

お時間があれば、読んでみて下さい。

今を生きる小さな加工屋の現状と『希望の光‼』
http://tayori.eiryu-sekizai.com/?eid=160

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」