Tag Archives: 樹木葬

DSC09672

「樹木葬」「樹林葬」「桜葬」、こんなことご存知ですか?

「樹木葬」「樹林葬」「桜葬」という言葉、最近いろいろな場面で見かけることあります。
ご存知ですか?

お墓を建てずにこういった施設に埋葬しようって考える人、
徐々に増えつつあります。

敢えて、私は否定しません。

何故なら、
「自然に還る」というのは、人類のDNAに含まれている記憶ではないか?
と考えるからです。

ojisan1_laugh
「そうそう。人は亡くなれば自然に還る、当然だよね。」

では、
そういった「自然葬」と俗に言われる「樹木葬」「樹林葬」などの新しい葬送、
実は、自然には還れない、場合が結構あるって、ご存知でしたか?

 

ojisan2_shock

「おいおい、ほんとうかい!!
それは聞き捨てならないことだよ!!」

 

「自然には還れない」
つまり、
「この葬送の構造では、遺骨は自然に還ることができない」場合がけっこうある
(すべてではありませんが)

ということをお話ししようと思います。
(第1回もお話ししました)

実は、新しい葬送方法は、表では決してデメリットを知ることはないですが、
詳しく知ると、デメリットが結構あるんです。
でも、
そこに埋葬される人、
埋葬を依頼する親族、
家族の皆さんは、ほとんどご存じなく、
埋葬後も気づかなく、
一部の方はそのことに気づいて、後で後悔するってこと、
結構あるんです。

DSC09672

2014年2月、研修会で見学に行った東京都の小平霊園の樹林葬墓地エリアです。
雪に覆われていますが。。。

この時に都の担当の方にいろいろな、いろいろな裏事情を聞きました。

そういったこともお話しします。

樹木葬って、普通、遺骨は土に還るって思うじゃないですか??

 

でも、そうでもないんですよね。

興味ある方、ぜひご参加ください。


 

日時:8月10日(金)午後1時30分~
場所:たづるのコミュニティー(正面玄関入らずにその奥です)
その他:飲み物、冷房は完備しております。
駐車場もございます。
筆記具のみご持参ください。

申し込みフォームは→→→こちら

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
osoushiki_sankotsu

【樹木葬】の【メリット】と【デメリット】

こんばんわ。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

夜更新となります。

今日は、防犯協会の啓発行事、「振り込め詐欺撲滅キャンペーン」として、
豊岡市元町にある、スーパーにしがきの駐車場にて、
トイレットペーパーとボールペンを配りました。

DSC_0017

お金掛かってますね。
ロール紙に全て、印刷してあるんですよ。
2個だけ頂いてきました。

 

さて、今日は実は非常に貴重な日でした。
久々の晴れそうな天気予報。

DSC_0006

朝はまだ曇りがちですが、

DSC_0011

10時頃には、快晴になってきました。

DSC_0009-2

追加彫、やっとできました。
しかも晴れ間に。。。
ホントにほっとしました。

ところで、最近非常に目新しさで取り上げられている
新しい供養スタイル。
「樹木葬」
「散骨」
「桜葬」
「海洋散骨」
「永代供養墓」
「機械式ロッカー納骨堂」
「直葬」など。

色々たくさん、あります。
新しい手法ですから、目新しいのも手伝って、
マスコミに取り上げられたりして、非常に耳障りの言いことが言われていますが、
どんなことにも光と影があって、
いい面、悪い面があるものです。

どちらも知っていて、なおかつ選択するなら全く問題ないのですが、
いい面は広く宣伝されますが、悪い面はあまり知られません。

「ちょっと、それ、大丈夫なの!!」

shinpai_woman

ということや、
「う~ん、よく考えたら、心配になってきた」

pose_ayashii_man

ということがあるのです。

 

一つだけ例を挙げると、
「樹木葬」って、
今や「土(大地)に還れない」ことになっている「お墓」の代わりに
大地に還れますよ、という雰囲気をもって、たくさんの人に受け入れられた樹木葬。
埋葬時、必要な代金を支払えば、ほとんどの場合、その後の負担は必要ないように
考えられていると思います。
でも、それって本当ですか?
樹木葬って、樹木があって、それが墓標代わりになる、ということですね。

樹木ってことは、成長するはずで、
じゃあ、
〇 誰が手入れするんですか?
〇 その手入れの経費はだれが負担するんですか?
〇 いつまで、負担するんですか?
〇 台風などで、樹木が倒壊してしまったらどうするんですか?
〇 樹木が寿命で枯れた場合、どうするんですか?(桜はおおむね寿命は短いと考えられています)
〇 管理されている会社(寺院?)が倒産(廃寺)となったら、どうするんですか?

樹木葬という場合、その周りの環境も自然のままという場合が多く、
その場合、その環境も当然、管理が必要です。

樹木葬と言っても、単独で穴を開けて、それぞれ個人あるいは夫婦、家族のみの
独立の埋葬スペースを利用できるタイプとある程度の不特定多数を一緒に埋葬するタイプの
樹木葬がありますが、

〇 倒産(廃寺)となった場合、後者のタイプの場合、どうやって、見分ける、区別するんですか?
〇 どうやって、取り出すんですか?

など、考えれば考えるほど、疑問質問などが出てくるものです。

もし、新しい葬送を選択されようとされる人は、その新しい葬送のメリット、デメリットを
専門家にしっかりと聞いてからでも、遅くないと、思いますけどもね。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc09678

Q272~樹木葬のメリットとデメリットは?

今日は久しぶり&今年最後の
「お墓の文字入刻式」を実施しました。

詳しくは後日アップしますが、
いい入刻式が出来ました。
喜んでいただけました。

dsc_0035

一生に一度の体験です。
あなたもやってみませんか?

 

さて、
樹木葬のメリット、デメリットです。

まず、メリット。

① お墓を建てなくてもいい

費用的には、お墓を建てるよりリーズナブルな場合が多いでしょう。

② 自然の中に埋葬してもらえる
③ 自然に帰る、という気分になれる
④ エコなスタイルの葬送に感じる

逆に、デメリット(良くないと思われる点)です。
「そんなのないんじゃないの??」
って思う人もいるでしょう。

「そんなの、石屋さんが困る、くらいしか思いつかないわよ」

15156761_1238859119524302_3805128825324439276_o

と、考えるマダムもいらっしゃるかもしれません。
でも、一般には知られてないことって、どんなものにもありますよね。

 

① 埋葬区画に立ち入れない場合が多い

一つの樹木に一人(一家族)の埋葬、という場合なら、問題ないのですが、
その可能性は非常に低いですね。
また、小さな木、一本に一家族という場合でも、非常に狭い区画となります
(多くの場合ね。。。)ので、参拝のためにそこに立ち入ることができない
樹木葬墓地、実は多いようです。
昨日の記事の写真のように、遠くからお参りするだけ、という場合も結構あります。

 

② 埋葬した場所をよく覚えておかないとわからなくなる

これも、昨日書きましたが、樹木葬は基本的にお墓を建てる代わりにそれを樹木で代用する、ということです。
なので、お墓は建てません。
お墓はいろいろな役割がありますが、大きな一つの役割として、「ご遺骨が埋葬されている目印」という側面があります。
でも、その目印であるお墓がないので、しっかりと確認しておかないと、ご遺骨の埋葬ポイントが分からなくなる、ということが起きます。
樹木があるじゃない、と考えますが、樹木は生きているので、大きくなったり、枯れたり、切られたり、折れたり、いろいろなことが起きる
可能性があります。樹木がもし何らかの理由でなくなったら、どこに埋葬されたか、分かりますか?

 

③ 樹木は生きているので、メンテナンスが必要

これ、意外と忘れがちですが、樹木があり、回りに自然があるなら、そのメンテナンスを怠ると。。
けっこう面倒なことになります。
お墓に樹木を植えない方がいい、というのはいつもお伝えしておりますが、
その大きな原因は
木の根がお墓の構造物に悪影響を与える、ということ。
お墓という構造物はないですが、遺骨を埋葬しているということは、
よく意識して考えた方がいいですよ。
そして、
メンテナンスするとなると、費用が掛かって来ます。
それを誰が出すのか?
施設が出すのか?
管理者が出すのか?
それとも、使用者が出すのか?
後々その費用を負担しなくてはならない場合もあるかも?
です。

 

④ 納骨方法に問題あり

一番問題なのは、こちらです。
昨日、お伝えしたように、「納骨を見ることができない」可能性があります。
その理由は、納骨作業を見られたくない、ということ。
おそらく。
で、その作業、スコップで穴を掘るんだな、って
私なんか想像していましたが、どうやら違う場合もあるようです。。。

15156761_1238859119524302_3805128825324439276_o

これをご覧ください。
ある大規模な樹木葬墓地の納骨口です。
穴は、あらかじめ開いているんですね。
ど、土管ですか??

 

 

 

 

15138373_1238859196190961_8694095509223009017_o

私なんかは、消防用の防火水槽を思い出しますが。。。
(このように、梯子が付いていて下に降りれるようになっております)
この穴の底は土になっていて、
この中に、遺骨を遺骨袋ごと、埋葬するそうです。
(専用の埋葬ツールに入れて埋葬するスタイルの樹木葬墓地もあるようです)
これでは、見られたくないはずです。
供養という感覚からは程遠い。。。
まるで、

(遺骨の○×場ですか。。。(^_^;))

さらに、驚くことに、
このサイズ。到底一家族用とは思えないですね。
はい、
そこのあなたの予想どおり!!

この中には、一家族のみではありません。
どんどんこの中に、順番に埋葬されていくわけです。
一種の、合祀墓的な感覚。
でも、この中に入れられるって、
合祀墓より、いやだな。。。

 

⑤ 有期限墓の可能性もある

最後になりますが、
永代供養墓というお墓、名前は永代とうたっておりますが、実は有期限墓
(決められた期限が来れば、改葬され合祀される)
ということは、もう結構知られております。
樹木葬墓地もこの有期限墓の場合があるようです。
基本的には、先ほどのあらかじめ開けられた穴に納骨袋あるいは
専用納骨ツールに入れられた遺骨の場合ですが、
一定期間が来ると、取り出されて、別の合祀施設に移されることがあるそうなのです。
なぜか。
地面に穴を掘って、遺骨をその穴に埋めて、その上から土を被せる。
この埋葬方法だと、多くの遺骨が50年くらいまでになくなります。
(一部、土質等でなくならない場合もありますが)
遺骨が土中に埋まっている状態ならば、です。

でも、
先ほどの写真のように、
地中の空間に置かれただけの遺骨は、決してなくなりません。
そのまま、何年でも存在します。
土と接していないから。
土の中に埋まってしまっている状態ではないから。
だから、そのうち、満杯になって、
収納できなくなるので、期限が過ぎた遺骨を
改葬(そこから取り出して)、合祀(他の遺骨と一緒にして、一カ所に埋葬)
が必要となるのです。
全てがそういう方法を取っているわけではないですが、
必然的にそうなるのは想像がつきますよね。

もちろん、このシステムを取っている樹木葬墓地は、
そんなに多くないとは思います。
ただ、大規模な樹木葬って、ある程度、こういう一緒に埋葬しないと
それほど多くの方を収蔵できませんよね。
また、いちいち穴を掘っていると、隣の遺骨を掘り出してしまったり、
違う方の遺骨が出てきた、なんてトラブル、容易に想像できます。

私の想像する樹木葬って、
一本の大きな木に一人、あるいは
多くても3,4家族の遺骨を根っこの近くに埋めて、
その木が墓標代わりってイメージですが、
そのような樹木葬墓地は、やはり地価の安い田舎でないと
成り立たないというのは、想像できますね。
都会の地価の高い場所ではどうしてもこういう合祀的要素、
合理的要素が出てきます。

まあ、それでもいいか、となるか、
そんなのイヤだ、となるか。

樹木葬を選択するときに大きな分かれ道かもしれません。

まずは、しっかりと、情報収集。
樹木葬というイメージだけで判断しては、
後悔先に立たず、となるかもしれません。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc09619

Q271~樹木葬とは?

樹木葬と聞いて、どんなイメージわきますか?

森林の奥まった場所に、
ちょっとした芝生の広場があって、
その一角にやや大きめの木が植わっていて、
その根元付近にスコップで穴を掘って、
そこに遺骨を骨壺から移して、
上から、掘った土を戻して埋める。

その前で、手を合わせて、お参りできて、
命日が近づくと、その木を目印に、お墓参りに来て、
その木を墓標代わりにして、お墓参りする。

みたいなイメージではないですか?
まあ、私のイメージなんですが。。。(^_^;)
実際の樹木葬は、少し違うようです。

もう何年か前ですが、東京の小平霊園の樹木墓地を見学に行きました。

dsc09619

 

小平霊園の一画に、「小平霊園樹林、樹木墓地」という区画があります。

dsc09686

墓地全体から見るとさほど広くないですが、
それでも、都営霊園唯一の樹木墓地ですから、
(今は唯一かどうかはわかりません)
非常に注目されています。

dsc09658

えっと、誰って、管理事務所の方ですが。。。
このように、墓地の中で、通路部分と埋葬エリアはしっかりと
分けられております。
一段高いですね。

 

通路も出来立てで美しいですし、
非常に美しく整備されています。
樹木があまりない気がしますね。。。
樹木、樹林墓地と命名しながら。。。

 

dsc09666

 

エリアの境界の石張部分の何カ所かには、
このようなプレートが張られています。

dsc09659

「M」と貼られています。

 

dsc09669

別の場所には「3」とあります。

このように、アルファベットと数字ですべての区画が分かるようになっています。
つまり広すぎて、どこに埋葬されているかわからなくなるので、
この数字とアルファベットの組み合わせで、位置を特定しようということです。

驚いたことが3つくらいありました。

樹木、樹林墓地なのに、樹木があまりにも少ない。

出来たてなので、まだ十分に樹木が成長してない、のかもしれません。

あるいは、

あまりたくさん樹木を植えてしまうと、埋葬エリアが限られてしまって
埋葬できない区画がふえるから。
(樹木の根って以外に広がりますから。。。)

さらには、
樹木って大きくなりすぎると、管理が大変です。
しかも、大きすぎる根が近くの遺骨を害する可能性もありますからね。

さらに驚いたこと。

この埋葬エリアには一切「立ち入り禁止」です。

でも、良く考えたら当たり前ですよね。
どこに他人様の遺骨が埋葬されているのかどうかが分からないので。
立ち入ってもらったら困るわけです。

 

さらに、驚いたことが一つ。

埋葬時は立ち会えません。

想像するに、

係員の方がここに入って、穴を掘ってい埋葬作業している間、
(立ち入らなくては埋葬できませんからね。。。)
「あ、うちのおじいちゃんの遺骨の上をあの人、歩いた!!」
「持ち主の私たちには、立ち入るな、と言っておいて、
あいつらは、長靴でどしどし立ち入りやがって!!」みたいな
クレームが起きないように、ではないかと。。。
(私の想像です。。。)

とにかく、実際に埋葬している様子が見れないので、
当局の言葉を信じるしかないのです。

 

でも、環境は素晴らしいし、
管理も行き届いているし、
この小平霊苑の樹木墓地は、いいのではないかな、と
思いました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」