Tag Archives: 永代供養墓とは?

dsc09635

Q269~永代供養墓とは?

最近、永代供養墓というお墓をよく耳にしませんか?

新しいお墓の形として、田舎、都会を問わず増えてきています。

形の特徴として、

屋内にある、ロッカータイプのもの
屋外にある、屋根付きの家屋のような形状のものが一番多いですね。
さらに、
小規模で同じ形状のお墓が建っている一区画の墓地全体を
「永代供養墓」と命名している場合もあります。

屋外型には、地下に合祀スペースを持つ永代供養墓も多いですね。

dsc09635

※ 写真は、東京都営小平霊園の大規模永代供養墓。

dsc09639
非常に多くの方々の遺骨が納められています。

その特徴として、

① 「後継ぎ(後継者)を必要としない」

子供がいなくても、入ることができるんです。
むしろ、子供のいない方が入られることが多いお墓ですね。
新規にお墓を建てる場合、跡継ぎがいないと、建てられない場合もありますから。

② 永代といってもそのままずっといられない

永代使用料という言葉と同様、永代と言いながら、ずっとそこに居られるわけではありません。
(一部、ずっといられるお墓もありますが。)
一定の期間が過ぎれば、別の場所に移される場合が多いです。

③ 管理料などは通常必要ない場合が多い

(納骨時に支払う料金以外は必要ないことが多い)
出来たばかりのお墓のジャンルなので、今後どうなるか、永続的に存続するのかなど
いくつか不安材料があります。

あくまで建造物なので、後から管理料が必要になってくる場合もあります。
また、あらかじめ、管理料が毎年一定の金額必要な永代供養墓もあります。

大規模な構造物はもとより、小さな構造のものも
メンテナンスって、将来的に必ず必要となってきます。
その時、誰が費用を払うのか?という部分が
よく決まっていないものも多いと聞きます。
そういう、細かな部分をしっかりと確認して、ご利用されることをお勧めします。

似たものとして、
「樹木葬」「桜葬」などがあります。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~