Tag Archives: 永代供養墓

Q270~永代供養墓のメリット、デメリットは?

Q269~永代供養墓とは?で大まかな感じは説明しました。

メリットは

① 跡継ぎ、後継者がいなくても入ることができる。
通常のお墓は後継者を必ず決めなくてはなりません。
その後継者がいない場合、お墓を建てることができない
ことも多いのです。
その点、このお墓は後継者不在の方のお墓、と言ってもいいくらい
その点が最大の利点です。

② 永代使用料が必要ない。

お墓を建てる時は、永代使用料+墓石代の費用が発生します。
でも、この永代供養墓は、永代使用料が発生しません。
この費用に含まれる、と言ってもいいのかもしれませんが。

③ 後から費用が発生しない。

後継者がいないと、この部分で請求先がなくなると困るので、墓地管理者は
必ず後継者を定めるのです。
後から費用が発生しない、ので、後継者がいなくても管理者は困らない、
とも言えます。

④ すでに完成しているので、すぐにでも入ることができる。

お墓とは、通常、それぞれ利用者が出来てから製作するので、タイムラグが発生します。
しかし、この永代供養墓はすでに完成しているので、通常、契約成立後すぐにでも
入ることができます。
つまり、共用墓だということです。

⑤ 常に誰かが参拝、献花、してくれているのでさみしいお墓にはならない。

これは、一部の永代供養墓ですが、お彼岸、お盆の季節には
僧侶による読経が必ず行われる、という永代供養墓もあります。
また、たくさんの方が一緒に眠っているので、寂しいお墓にはならない、
という声もききます。

では、逆にデメリットを。

① 永代供養墓と言いながら、永代そこに居続けることはできない。

ほとんどの永代供養墓は33回忌、あるいは50回忌、
早いモノなら、13回忌などで、改葬されて、合祀墓に移されるものが
ほとんどです。その点をよく理解されているでしょうか?

② 管理料が後々必要になってくる可能性が否定できない。

施設の掃除とか、利用者の管理、僧侶による読経などは必ず誰かが
しなくてはならず、費用が発生してもおかしくないと思います。
その部分をどうクリアするのか、をきっちりと決められているのかは
確認すべきですね。

③ 経年劣化していくと、リフォーム、改修といった問題が出る可能性も。

建造物である以上、永久不変はありません。
経年劣化は当然あります。その際、リフォーム、改修費用は
誰が出すのか?建造物の改修の場合、
使用者負担が原則となりつつある現状を見ると、そうなる可能性は
否定できないのでは?

④ 運営母体がなくなると、非常に不安定な状態になる。

寺院は都会よりも田舎の方から徐々に僧侶のいない寺院が増えつつあります。
廃寺ということも想定した場合、運営母体がなくなるということも。
また公益団体の場合も解散する可能性も否定できません。
市町村などの地方公共団体はその可能性は低いですが、サービスの低下、
有料化は考えておいた方がいいかもです。

⑤ お盆、お彼岸に僧侶による読経、ということも
永遠に提供してもらえるのであろうか、という疑問。

寺院経営の場合ですが、費用は取らず善意で実施という場合、
代替わりでなくなることもありますし、有料化ということもあるかもしれません。

 

⑥ 最大の疑問。

永代供養墓がかなりの数で現在、作られていますが、
そのほとんどが建設費すらも回収できていない、と聞きます。
加入数が10%台20%という施設も多いと聞きます。
それほど見込みが立っていない中、いろいろな理由、思惑で建造されていますが、
10年、20年後に存在する永代供養墓はいくつあるのでしょうか?
それすら危ぶまれる施設もあるのではないか、と感じております。

かなりネガティブなことも書いてありますが、
否定しているわけではなく、その可能性も充分に考慮に入れて
永代供養墓に移られるなら、問題はないと思います。

「想定外!!」
「そんなことになるなんて!!」と
後から後悔しないように、

心づもりはしっかりと立てておいてください。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc09635

Q269~永代供養墓とは?

最近、永代供養墓というお墓をよく耳にしませんか?

新しいお墓の形として、田舎、都会を問わず増えてきています。

形の特徴として、

屋内にある、ロッカータイプのもの
屋外にある、屋根付きの家屋のような形状のものが一番多いですね。
さらに、
小規模で同じ形状のお墓が建っている一区画の墓地全体を
「永代供養墓」と命名している場合もあります。

屋外型には、地下に合祀スペースを持つ永代供養墓も多いですね。

dsc09635

※ 写真は、東京都営小平霊園の大規模永代供養墓。

dsc09639
非常に多くの方々の遺骨が納められています。

その特徴として、

① 「後継ぎ(後継者)を必要としない」

子供がいなくても、入ることができるんです。
むしろ、子供のいない方が入られることが多いお墓ですね。
新規にお墓を建てる場合、跡継ぎがいないと、建てられない場合もありますから。

② 永代といってもそのままずっといられない

永代使用料という言葉と同様、永代と言いながら、ずっとそこに居られるわけではありません。
(一部、ずっといられるお墓もありますが。)
一定の期間が過ぎれば、別の場所に移される場合が多いです。

③ 管理料などは通常必要ない場合が多い

(納骨時に支払う料金以外は必要ないことが多い)
出来たばかりのお墓のジャンルなので、今後どうなるか、永続的に存続するのかなど
いくつか不安材料があります。

あくまで建造物なので、後から管理料が必要になってくる場合もあります。
また、あらかじめ、管理料が毎年一定の金額必要な永代供養墓もあります。

大規模な構造物はもとより、小さな構造のものも
メンテナンスって、将来的に必ず必要となってきます。
その時、誰が費用を払うのか?という部分が
よく決まっていないものも多いと聞きます。
そういう、細かな部分をしっかりと確認して、ご利用されることをお勧めします。

似たものとして、
「樹木葬」「桜葬」などがあります。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q069~納骨堂に納めるときの注意点は?

これは納骨堂だけではなく、永代供養墓全体の話ですが、

永代供養とうたってあっても、
永代は基本的にない、と考えてください。
有期限、の場合が多いです。

納骨堂に預けておいても、一定の期間が来れば、
追加で期限を延ばしてもらうか、
(もちろん追加費用を払って)

納骨堂から外に出して、合祀してもらう。
(合祀とはほかの方のご遺骨と一緒にして
一か所に埋葬すること)
あるいは、
自動的に合祀する、となっているかもしれません。

永代供養墓もそうなっていることが多いですね。
合祀してしまったら、あとから取り戻せません。

やっぱり返してほしいとなっても、
もう他のご遺骨と一緒になっているので、
返還は不可能です。

この部分を十分理解して、預けるべきですね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q068~お墓以外で遺骨を預かってくれるところを教えて?

一時的な保管なのか、長期的な保管なのかを考えましょう。

一時的なら、寺院でも預かって頂けます。
さらに、ご自宅の仏壇、仏壇がなくても
床の間とか棚の上とかでも、可、です。

長期間、ご自宅で遺骨を保管されている人も
いらっしゃいます。
基本的には可能です。

ただ、注意を一点。
「死亡診断書」
「火葬証明書」は同時に、大事に保管しておいて下さい。
何かあったときの証明書です。

さて、ご自宅ではなく、
お墓がなく、おはかを建てる気もなく、
ご遺骨を永久に預かってくれるところを探している、という方。

納骨堂永代供養墓、その他の供養方法という選択肢があります。

永代供養墓とは、他人と一緒に収蔵される供養墓。
大きめのお墓です。
屋根付きになっていたり、
お墓と同じ形状だったりしますが、
基本お墓だと思っていいですね。

一方、納骨堂とは
建物の中に納めるタイプ。
ロッカーの様な形状のものが多いので、ロッカー型永代供養墓とも呼ばれます。
建物の中にあって一定期間、預かってくれるロッカー、だと思ったらいいのかも。
有期限が多いですね。
最近は非常にハイテクの立体駐車場のようになっているものもあります。

そして、その他の供養方法というのが、多種多様です。
海洋散骨、樹木葬、桜葬、宇宙葬、散骨、最近では
バルーン葬、流れ星葬などというものもあります。

基本的に自然から生まれたものだから、自然に帰るというのが
コンセプトなものが多い気がします。

詳しい説明はまた後日。

詳しく知りたい人はお問合せ

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

管理料のいらないお墓ってあるの?。。。あります。

今日は大荒れの予報の
但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

爆弾低気圧。
ネーミング、抜群ですね。
なんか、

そのと~り!!
と、財津一郎さんに言ってもらえそうな
そんな天気です。

ところで、
管理料のいらないお墓って昨日書きましたが、
具体的にどんなのがあるでしょうか?

まず思いつくのが
「永代供養墓」
ですね。
永代使用料さえ払えば、あとは一切費用が掛からない、
というお墓です。

CIMG1328

屋外型だと、こういう形がおおいですね。
こういう形のお墓はほぼ永代供養墓だと
考えていいのではないかな。。。

index_ph03

屋内だとこういうロッカー型もおおいですね。
永代供養墓というより納骨堂と呼ぶ方が
ピッタリかもしれませんが。。。

こういうお墓(納骨堂)は納骨以降、管理料は
いらない場合が多いですが、
別の問題も出てきます。
それは以前もお伝えしました。

しかし、
私が今回書きたいのは
こういうことではなく、
ちゃんとした個人の一家庭のお墓なのに
管理料がいらないお墓です。

ズバリ、言うわよ
(ふ、古い。。。(^_^;)
しかも、以前使った使いまわし。。。(T_T) 

「みなし墓地」の一部です。

みなし墓地とは、
日本で唯一墓地に関して規制している法律、

「墓地、埋葬等に関する法律」(略して「墓埋法」)の
制定以前から存在した墓地のこと。

つまり、墓埋法規制対象外のお墓、ということです。

つまり、しっかりとした管理者が決まっていない、
個人の土地である、
墓地としての土地ではない、
などの
「墓埋法」では収まらない墓地がある
可能性があるということです。
(あくまで可能性で、すべてのみなし墓地がそうだというわけではありません)

田舎に行けば、みなし墓地って
けっこうたくさんあるんですよね。

逆にこのあたりほとんどみなし墓地という場所も
あるんですよね。田舎には。

豊岡の場合、

今現在、みなし墓地にお墓がある人は
当然自宅から歩いていける距離にあるので、
わざわざ遠くて車で行かなくてはならず、
しかも永代使用料を払わなくてはならない
霊園に改葬(引っ越し)する人は
まずいませんね。

今の墓地が不便な場合のみ
例えば、
参道が急道、歩きにくい、山の中で掃除がいや
という場合のみ、改葬をされます。

みなし墓地にお墓をお持ちの方、
管理料がいらない、か
ほとんどいらない場合が多いです。

(全国的に多いかどうかは不明です)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

こんなご意見が。。。

先日、まちゼミでいただいたご意見です。


たくさんのお骨を一緒に埋葬する合祀墓スタイルの
永代供養墓にお父さんやお母さんの遺骨を埋葬される人が
たくさんいらっしゃる、と聞きましたが、
そんなたくさんの遺骨の中で、
いくら自分の両親だとはいえ、
見分けられる、見つけ出せるものなんでしょうか?
例えば、別の人の遺骨に対してお参りしてしまった、
などということは起こらないんでしょうか。
いや、むしろ
そういう心配を埋葬される方がしないのだろうかと
そっちの方が心配です。


(引用ここまで)

なるほど、確かにそういう心配というか、
自分のお墓なら、
少々間違えても一族の誰かだから、
大きく間違わないんでしょうが、
(そもそも間違うはずがない。。。(^_^;)

たくさんの見ず知らずの人々と一緒に埋葬されている
合祀墓って、私のお父さん、どれだったっけ、
ってことになるような気もしますね。

そういう不安もあることは、考えておくべきでしょうね。
具体的にその立場になったとき。

それから、


たくさんの見ず知らずの人が一緒に
埋葬されているわけでしょ。
中には気に入らない人とも一緒に
埋葬されてしまうことも考えられるんでは
ないでしょうかね。
不特定多数ということはそういう心配も
当然考えておかなくてはならないんじゃないですか?


(引用ここまで)

確かに確かに。
例えば、姑、旦那と一緒のお墓は嫌だ、
と遺言しておいて、永代供養墓に埋葬されて、
埋葬されてみたら、もっと嫌な人と一緒だったという
ことも全くありえない話ではない、と思いますよね。

さて、
永代供養墓と俗に言われるお墓のうち、
たくさんの人と一緒に入る、合祀墓。
費用は非常に安い場合が多いですが、
それだけで決めてしまっていいのでしょうか。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q010~永代供養墓ってどういうお墓?

最近よく聞く名前のお墓ですね。
簡単に言ってしまえば、
跡継ぎがなくても(継承者がいなくても)入れる新しい形のお墓です。

合祀(他人の遺骨と一緒に納骨して供養する=合葬)タイプ
個別(それぞれの遺骨に納骨スペースが個別に用意されている)タイプとに分類されます。

CIMG1328

こちらは最近よく見かける個別+合祀タイプの屋外型永代供養墓です。

注意すべき点として、

○ 合祀タイプは納骨してしまうと後から取り出す(手元に戻す)
ということが出来ません。ご注意を。
○ 個別タイプも永久にそこに安置、供養できる供養墓はほとんど
ありません。
10年、33年、50年すれば、合祀タイプに移される場合がほとんど
です。
○ また合祀(合葬式)供養はイメージが悪い、と思う人もおられるよう
です。親戚などからそういう声がないか確認をしておきましょう。

これは新しいタイプのお墓です。
自分はこれがいい、と思っても、それを受け入れられるかどうかは
その人次第です。
どうしても新しい形の供養を受け入れがたい、という人も当然います。
家族、親戚等としっかり相談してから、決めましょう。


目次ページに戻る

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」