Tag Archives: 火山岩

IMG_20181028_095032

「赤石」の地名の由来、ご存知でしたか。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
ずいぶん急に寒くなって来ました。
もう雪が降るんじゃないかってくらい、寒いです。。。

先日、「歩こう会」で地元を歩いてみて、分かったんですが、
「赤石」地区。兵庫県豊岡市赤石、です。
地名の由来は「赤い石」が採れたから。
です。
やっぱり地名って、名は体を表す、ですが、
意味があるんですね。

ちなみに、赤石地区は兵庫県の石、豊岡市の石でもある
「玄武岩」の採掘場があった、玄武洞公園がある地区です。

IMG_20181028_095047

赤石地区を歩いていると、
「その軽トラックの奥に赤石あるよ」と
地元のガイドさん。

ホントにありましたよ。

IMG_20181028_095052

周りには、玄武岩の石垣なんですが、ここだけ、赤い石。赤石です。

 

IMG_20181028_095032

邪魔な草を引っこ抜こうとするコミュニティー事務局長の村田さん。(^_^;)

 

実は、玄武岩より古い160万年前に出来た石らしいです。
赤石地区の式内神社である「式内兵主神社」のあるあたりは、赤石がたくさん転がっております。

IMG_20181028_095826

岩に見えるものは、ほとんど赤石です。
(灯ろうはかすかに違いますが。。。(^_^;)

その後の玄武洞でのガイドさんの説明で見せて頂いた石にもありました。

IMG_20181028_103732

左上の赤い石がそうなのかな、って思ったんですが、
これは火山から噴火した噴石だそうです。(神鍋の噴石だそうです)

右の6つに区分けされた入れ物の左上。
板石がはみ出ているものが、流紋岩。
マグマが噴火して地表に出て固まったもの、あるいは地表近くで急速に固まったものを
火山岩と言いますが、その3つの種類、玄武岩、安山岩ともう一つが流紋岩。

赤石から採れる赤い石は流紋岩だとのことでした。

 

 

IMG_20181028_103734

あんまり赤くないですが。

地名って、実は侮れないものですね。
名は体を表す、でした。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
luis-alvoeiro-quaresma-118738

Q318~お墓の耐用年数ってどのくらい?(石の種類)

耐用年数というのがどのレベルかというのが
人それぞれなので、一概には言えないのですが、

例えば、

①光沢が施工時より落ちてきたとき
②光沢が明らかにくすんできたとき
③文字の輪郭がぼやけてきたとき
④文字が明らかに判別しにくくなったとき
⑤正面の文字が読めなくなったとき

磨き仕上げのお墓の場合、墓石の劣化によって、このように分けることができるのではないかと、思います。

それ以外に

⑥お墓の石が傾いてきたとき
⑦お墓の石が動いてズレてきたとき
⑧お墓の石が倒れたとき

施工に関しては、このように分類できるかと思います。

 

luis-alvoeiro-quaresma-118738

 

①から⑤に関しては、
石の産地、石の種類、加工工程、加工方法、墓地の環境などによって違って来ますね。

石の種類で言えば、

花崗岩(みかげ石)やそれ以外の火成岩は耐久性が高いので、劣化が遅れる可能性が高く
お墓の石としては最適だと思います。

それ以外の火山岩(玄武岩、安山岩など)、堆積岩、砂岩などは、劣化が早く、耐用年数も短いと考えられます。

 

石の産地に関しては、

火山岩は造山活動によって生成されるので、石の生成時期はその土地によって多少異なり、
おおよそにいって、
大陸の火山岩は相対的に古く、日本列島から採れる火山岩は新しい傾向がある、との説があります。
中国産の石は高齢で、日本の石の方が若い、ということです。
日本の石の方が有利と言えるかもしれません。

 

加工工程、加工方法に関しては、

石の研磨工程は7~8工程が一般的ですが、それを省略すると、光沢が早く落ちる原因となります。
また、最後の光沢を出す工程では、熱を加えないと光沢が出ないのですが、
あまり高温にしすぎると強い光沢が出ますが、石表面の光沢の膜を破り、石本体にダメージを与えることもあります。
(この状態の事を「石が焼けた」と呼びます)
その兼ね合いが難しいのですが、熱で焼けてしまった場合、既に劣化してしまっているとなります。

 

墓地の環境に関しては

気温が氷点下になる場合があるかどうか。
厳冬期に氷点下にある墓地では、石の破損の可能性もあります。

墓地自体が樹木などの繁る場所なのか、広い場所で近くに樹木が茂っていないのか、も影響します。
常に、樹木に覆われて、落ち葉に覆われている場所は湿度も高く、濡れた状態になりやすいです。

石は表面が光沢で光っていても、実は表面には無数の穴が開いており、水分を吸収しやすい性質があります。
常に水分を吸収している状態では、石の変色が起こりやすく、劣化の原因となります。

 

墓石の耐用年数は非常にたくさんの条件があり、一概には言えないです。

ですが、経験から大まかに言って、

①の条件で言えば、10年くらいが一番短い期間ではないかなと思います。

⑤の条件で言えば、
50年くらいで文字が読みにくいお墓を時々見かけますが、
火成岩以外でも、江戸時代に建てたお墓で何とか読めるものもあります。
石の種類が大きく影響すると思いますが、50年から100年、150年ということではないかなと。

施工に関しては、のちほど。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」