Tag Archives: 焼骨

DSC_0015

「納骨」≒「土に還す」同じではない?

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

ついに、おおきた石材店の第一号「信頼棺®」施工墓石が決まりそうです。
小さめな洋墓ですが、有難いです。感謝です。
頑張って施工いたします。

ところで、関西では、ご遺骨を「土に還す」とよく言われますが、
これは、土葬の頃は、まさしく土に還っていたわけですが、
今では、土に還る遺骨って実は非常に少ないという話です。

誰かが亡くなると、焼骨にして、お墓に納骨しますよね。
地域によってかなり違いますが、白い塗りの骨壺ごと納骨される遺骨は
永久に土に還りません。
これは、誰でも知っていること。

さて、
じゃあ、土に還るようにと、壺から出して、納骨袋などに移し替えて、
納骨される場合は。。。

こちらも土に還るにはかなりの年月が必要なのです。

基本的に焼骨、焼いた遺骨は土に還りにくいと俗に言われます。
しかも、
納骨袋ごと、お墓の中に置いておくだけですね。

置くだけでは土に還りにくいのです。
というか、
かなりの年月経過しないと土に還りません。

納骨袋としてよく利用されるサラシの生地は

DSC_0002

実は数年で地面に接する部分のみボロボロになってなくなってしまいます。
でも、
お骨は風化しにくいのです。
(色はずいぶんくすんだ色になりますが。。。)
それは、

土の上に置いてあるから。

土葬のように土の中深くに埋葬すると、結構早く風化して
だんだんなくなってくるのですが、
土の上に置いてあるだけなら、実は意外と、なくなりません。

私のお墓(大北家のお墓です)は墓地の真ん中に五輪塔があって、
そこにお骨の半分は合葬(家族内のみですがね)してあるんですが、
(実は今初めて、告白しますが。。。)

残りの半分は戒名が彫刻してあるそれぞれのお墓の下に埋葬しております。

で、
数年前父の遺骨を埋葬するとき、五輪塔の中を開けたんですが、
祖父、祖母、そして、おそらく曾祖母だと思われる遺骨が
しっかりと残っておりました。

(曾祖母は私の生まれる数年前に亡くなったそうなので、もう50年以上になります)

簡単に「土に還す」と言いますが、
それは土葬のお墓のことを言っているのであって、
現在のお墓は、基本、土に還っていません。
ほとんどのお骨が。

その遺骨が土に還る頃は、埋葬した家族(息子、嫁、孫など)も
もうすでに、遺骨になっているということです。
それが現在の焼骨を埋蔵する形式のお墓、です。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0006

Q238~お墓じまいの費用に影響する4つの事④ご遺骨の回収

「お墓じまい」と言いますが、
本来の意味で言うなら、ご遺骨の引っ越しです。
一番大事なのは、亡くなられた方、ご先祖の唯一残された遺骨が大事なわけで、
お墓はそのご遺骨のための、家、社、守るものです。

なので、お墓じまいには、必ずご遺骨の回収作業、掘り出す仕事をします。
それは地味ですが、一番大事で、一番意味のある仕事であるはずです。

DSC_0006

ですが、そうは言っても
ご遺骨がすんなりと出てくるとは限らないわけです。
2メートル掘っても、出てこないこともあります。
焼骨なら、何十年経過していると、
土に還ってしまっている、ということもあります。
でも、土葬なら、
なかなかそうはなりません。

お墓じまいで一番予想が難しいのが、
ご遺骨の回収作業です。
ほぼ一日を費やしたこともありました。
それでも出てこないこともあります。

その場に施主様がいらっしゃったなら、確認しながら掘れますが、
いらっしゃらなければ、
電話でやり取りしながら、掘削ということもあります。

「この程度掘りました。」
「じゃあもう出てこないかもしれませんね。」
「それくらいでやめてください。」
という写メを送りながらそうなる場合が多いですが、

入れ歯とか、お骨を入れた布、などが
出てきたり、棺桶の一部が出てきたり、
などすると、もう少しもう少しとなることもあります。

掘るにも、手で掘るとなると
その労力も大変なものになります。
重機を使うのは、細かい作業が出来ず、
掘った土を集めて置いた中から
骨が出てきた、なんてこともあります。

とにかく、お骨の回収作業、
出てこない場合の見極め、
そのあたりで費用は大きく変わってきます。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

骨出しのお手伝い。

お墓じまいされるお施主様のお墓の
お骨、取り出しに立ち会いました。

 

ごめんなさい

(※ 今回事情により画像はありません。)

ちょっと変わった、納骨口で
後ろに口があって、観音開きの扉があるんですよね。

そこを開けておいて、
取り出しやすい状態にしておいて、
施主様のご到着をお待ちしておりました。

骨壺は私がご用意して、
準備万端、さあどうぞ、という状態。

施主様がいらっしゃって、
中の様子をうかがっていらっしゃったんですが、
なかなか取り出される様子がない。
(門徒さんなので、お性根抜きとかはなし。
お墓を閉じる儀式はすでに済まされてました。)

しばらく、待ってましたが、
(やっぱりか。。。)
では、私が取り出しましょう、と言って
はじめることに。。。

と、このとき、
私は手袋を忘れていたことを思い出しましたが、
まあいいか。
あまり気にせず、
右手を思いっきり、お墓の中に突っ込みました。

「他人のお墓に素手で右手を突っ込んで、
お骨を取り出している図、って
他の人が見たら、気持ち悪いんだろうな。。。」
と思いましたが、全く気にせず、
ひとつずつ、お骨を取り出しました。

とにかく、石が邪魔で、一番奥まで手が入らず、
とりあえず見える範囲のお骨は取り出しました。
そのお骨は、施主様の住む大阪の一心寺に
持っていかれるそうです。

後日、このお墓を「お墓じまい」させて頂くんですが、
「その際、大量にお骨が出て来たら、どうしますか?」
と聞くと、
まあ、あまりにも大量に出たら、壺に入れて、送ってください。
ちょっとなら。。。
とのことでした。

。。。

それで終わりなんですが、

何が言いたいかというと、

「素手で遺骨(焼骨)を触っても、全く何も感じません。

仕事ですから。」

それが言いたかっただけです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」