Tag Archives: 田中生万石材店

假屋崎省吾さんのインタビュー

DSC_0015

おはようございます。
今日も晴天の兵庫県豊岡市です。
晴天が続くんですが、
こういう時期に限って、現場に出られず。。。
まあ、できることをできるだけやっていきます。

ところで、墓相について取り上げる機会があるんですが、

いつも楽しみにしている「月刊石材」のブッチモのブログ
池渕石材工業㈱の専務取締役、池渕良博さんの連載
「読めば納得!役に立つ 現場石材店のホンネ」
で、有難い話が満載でした。
(私にとってですが。。。(^_^;)

DSC_0002

詳しくは記事を読んでいただきたいのですが、
墓相のお墓を軽く触れてあるんですが、私の言っていることに
大きな間違いがなかった。。。\(^▽^)/
池渕さん、ありがとうございました。

いや、感謝です。

墓相のお墓、特に「久保田式墓相」と呼ばれるのは非常に考えられた、
お墓の一つの完成形です。
そのあたりを一人でも多くの人に分かって頂きたいなと、思います。

もう一つ、気になる記事がありました。
華道家・假屋崎省吾さんの特別インタビュー、
「お墓を作るなら、それは美しいものがいい。」
なかなか、内容が興味深い話でした。

お父さんが亡くなられたとき、お墓を作られたんですが、
そのお墓が遠いので、新しいお墓を探すくだりがあるんですが、
その間、いろいろあって、墓石業界に不信感を抱かれているんですね。
その流れはすごくありそうな話です。

しっかりした専門家がいれば、経験しなかったであろう
ことがいくつかあって、
でも、
専門家のアドバイスがなければ思い通りにならない業界って
健全とは到底、言えないですよね。

そういうことを感じたいい記事でした。
月刊石材4月号の記事からです。
ご興味ある方はこちらから購入できます。

そして、もう一つの業界紙、「日本石材工業新聞」
何といっても、これ。
「インド石材事情」インドに詳しい三人の方のインタビュー記事。
三和研磨工業㈱の竹ノ内社長のインタビューもさすがに
違う視点でインドという国をよくご存じの方、と思わせる話でした。

DSC_0003
が、
何といっても、インドといえば、「南印度洋行」
その前野敏夫会長の話は、さすがに業界一インドの石材事情に精通されている
方だなと、思わせるいい内容でした。
インドの石ってそんなに昔から使ってたんだ。。。
1995年当時、アーバングレーを使ってたなんて
知らなかった。。。

感謝。

DSC_0004

最後に、最初に気づかなかったけど、
田中さんじゃあないですか。。。
気づかなかった。。。

DSC_0001

メガネ、してない方がいいですよ。。。(^_^;)
(余計なお世話だ。。。)
田中生万石材店は豊田市の石材店さんです。

「日本石材工業新聞」は日本一歴史のある石材業界紙です。
ご購読はこちらからどうぞ。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

さよなら、石屋の楽園!!

DSC_0203-2

今日は、息子の中学卒業式。
義務教育も今日で終わり。
頑張って高校へ行ってほしいですね。

但馬、豊岡のお墓のプロおおきたです。
やっと2人目が高校へ行ってくれる年になりました。
頑張ってとうちゃん、働かねば。。。
お墓のことなら、ご相談ください。

とりあえず、お問い合わせフォームを。。。(^_^;)

ところで、
楽しかった岡崎のワクワクツアーも
いよいよ最後となりました。

鳥居、ご存知ですか?
鳥居専門の石屋さんが、なんとあるんです。岡崎に。

(有)丸吉吉田石材

DSC_0276

ちょっと歴史を感じる入り口ですが、
中には見たこともないような、専用石材加工の機械が。。。

DSC_0279

鳥居の笠部分。
かなり出来上がっております。

 

DSC_0282

見事です。

DSC_0284

こっちが柱。
鳥居を加工しようと思ったとき、一番大変なのは、
この柱だと思います。
この長いものを円柱に加工するのは、
かなり至難の業。

 

DSC_0287

そして、出来上がりの見本がここに。。。
豪華な鳥居が。。。

全国どこでも加工から施工までしていただけるようです。
鳥居は神様のくぐるものですから、
ぜひ、日本人の手で、日本の石で作りたいものですね。

そして、

もう一軒、彫刻石材店。
「石彫の戸松」さん。

DSC_0290

職人さんが加工していました。
お地蔵さま作成中。

DSC_0292

なかなかの力作です。
(写真撮影が下手ですいません。)

 

DSC_0294

やや大きめのものも作成中でした。
蓮の台が出来上がっていたので、
おそらく観音様ではないかな。。。

最初はやっぱり、真四角の石から作り出すんですね。

 

DSC_0302

岡崎一の有名人の石像も。

 

DSC_0303

沢山の彫刻品が並んでいました。

これ以外にも
いろいろなところを見学させてもらいました。

この談笑している茶色の方の某龍石材の社長と
こだわりの石材店さんとの
「加工品質バトル勃発事件」とか、

DSC_0080-2

お伝えしたいエピソードがいっぱいなのですが、
紙面の都合上、これまでとさせていただきます。
(どこの紙面だ。(^_^;)

まあ、とにかく、
いろいろあった、岡崎、石屋の楽園ツアー
ホントに楽しかったです。

最後に、
初めて田中雅万さんともお会いできました。
ありがとうございました。

田中生万石材店

参加者全員で、記念写真\(^▽^)/

12744320_971665259579593_3750977558996772547_n-2

来年も楽しみだな~~
1級ディレクター研修会。

あ、忘れてた。
ここには、こちらも。
某日本石材工業新聞の社屋も。
初めて拝見。

DSC_0305

お世話になった皆さん、ありがとうございました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」