Tag Archives: 真言宗

DSC_0023

Q289~掃除が簡単でいつまでも奇麗な石がいい(その2)

昨日の続きです。

 

いつまでも奇麗な石がいい

残念ながら、永久に建てた時のままの石ってないです。

いつかは風化して、劣化していきます。

おそらく、みかげ石で建てられたお墓なら、
建てた人が生きている間は、文字が読めなくなる、とか
カドが欠けて、形が崩れてきた、などの状態にはならないと思います。

でも、できたときの光沢、ツヤ、明るさ、色目、などはその石の性質によって
年々衰えてきます。

10年間、ほぼ同じ状態でいたいなら、おそらくほとんどのみかげ石で可能です。

20年間、ほぼ同じ状態でいたいなら、限られた一部の石なら、可能かもしれません。
でも、
多少、水あか、黒ずみなどが付いてきたけど、それ以外は光沢もあるし、
キズはないし。。。という状態なら、多くの石でも可能です。

30年間は、おそらくどんな石でも難しいでしょう。

石の性質、特性によって変わってくる可能性があるのですが、
もう一つ。
この、例えば、10年間は、新品の状態が維持できます、というお墓があったとして、
その10年間を半分に短縮したり、
その10年間を1.3倍に延ばしたりする要因があるんです。

それは、

「外部環境」「メンテナンスの頻度」です。

外部環境とは、土地の湿度。

じめじめしているのか、
水はけが良いのか、悪いのか、
日陰なのか、日向なのか。
うっそうとした樹木に覆われているのか、
視界全体が見張らせる、絶景の場所なのか。

基本的に湿度が低く、湿気がなく、日当たりが良好な場所が
お墓の新しさを伸ばしてくれます。

日当たりが悪く、湿度が高く、常にじめじめしている場所では、
お墓の新しさを縮めます。

メンテナンスの頻度、とはズバリ、お墓参りの回数です。

月に一度、お墓参りとお墓そうじされる人は、
お墓の新しさを伸ばします。

年に一度しか、お墓そうじしない人は、
お墓の新しさを縮めます。

石の資質のみではなく、外部環境によっても、
お墓の新しい状態の期間を縮めたり伸ばしたりできるというのは、
ある意味、素敵なことです。

しっかりとしたお墓守が素晴らしいお墓を作るということ。

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
face_obaasan_cry

Q288~掃除が簡単でいつまでも奇麗な石がいい(その1)

掃除が簡単な石がいい。

そういう声を頂きました。
そういう石は、ありません。

まず、一つ目。

「掃除が簡単」
これは、石の種類というより、デザインに関係します。

DSC_0066

蓮華台のように、複雑な形状では、掃除は大変ですし、
掃除しても届かない細かい部分が出てきます。

ただ、

蓮華台は、掃除しにくくするために作るものではありません。

蓮華台は、亡くなった人への
「どうか極楽へ行って下さい」

という供養の気持ちで建てるものです。

お釈迦様がいつも蓮華の台の上に座られているので、
これを付けたお墓に入れば、
お釈迦様の住む極楽浄土に往生できる、
という願いを込めて設置するものです。

お墓に入っている人のためを思って設置するのか、
お墓を管理する人の利便性を考えて、付けないのか、
考え方の違いですね。

 

DSC_0046

この五輪塔のように、特殊な形状だと、掃除が大変ですし、
背も高いので、なかなかてっぺんまで届きません。
ですが、
この五輪塔も上の蓮華台と全く同じ考えです。

五輪塔とは、
真言宗の中興の祖、と呼ばれる覚鑁(かくばん)上人が、生み出した、
「このお墓にお骨を納めるだけで、極楽浄土に往生できる」
という非常に有難い宝塔であり、その宝塔をお墓として利用している、
それが五輪塔のお墓です。

つまり、仏教的な意味合いで、亡くなった人の幸せを考えて、
建てるものが、五輪塔だと言えます。

話が反れました。。。(^_^;)

つまり、掃除が楽かどうかは、形状に大きく左右されます。

4267d59f1608dea5de8aee1d405aed3c

このお墓は、花立、水鉢、香立の部分が多少、デザインが凝っているので、
掃除しにくいかもしれませんが、それ以外はシンプルな構造です。

しかも、背が低い。
掃除には適したお墓だと言えます。

そして、もう一点。

いつまでも奇麗なお墓。
これは明日に。

 

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q231~自分の宗派が分からない時。お墓を見たら。。。③真言宗

 

① 正面に彫刻してある文字

普通は、
「〇〇家之墓」が多いと思います。
まれに、
「南無大師金剛遍照」と刻む時があります。

お墓の頭には、
ア(大日)
大日如来を現す「ア」の種字を刻みます。
主に、戒名を彫刻した夫婦墓などの場合。

②お墓の形は

五輪塔はもともと真言宗のお墓なので良く建てられています。
彫刻する文字は必ず「悉曇文字」(梵字)で彫刻します。

20160502180712590_0001.tif

ちなみに、五輪塔の一番下の地輪の梵字と
石塔の頭に彫刻する大日如来の種字となる文字は
同じ文字です。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q156~お墓の正面に刻む文字は?⑥真言宗

弘法大師空海が開いた真言宗は高野山、金剛峰寺を本山とします。
密教を日本に伝えました。

そのお墓は、何といっても、五輪塔です。
五輪塔は真言宗の僧侶、覚鑁(かくばん)上人が発明したといってもいいお墓の形で
その後、武家階級を中心に大流行し、お墓=五輪塔という時代が長く続きました。

また通常のお墓も建てられます。
その場合、頭には真言宗の御本尊、大日如来の種子である
「ア」を刻みます。

ア

五輪塔の梵字も天台宗と同様に刻みます。
五輪塔の梵字はこちらを参照

「南無大師遍照金剛」と弘法大師の名前を刻む場合もあります。
他には、
〇〇家之墓〇〇家先祖代々(之墓)などもあります。

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」