Tag Archives: 竿石

job_obousan

Q284~墓じまいした後のお墓の石は。。だめなの?

お墓じまいした後のお墓の石って、良く古いお墓がいっぱい並べてある石のところに
置いてもらってはダメなの?

という疑問を、あるお客様とのやりとりの中で、聞かれました。

田舎の墓地、寺院墓地などによくあるこういう場所ですね。

dsc_0046

これは、「無縁塚」あるいは、俗に「無縁さん」と呼ぶものです。

元々、お墓として、建てたんですが、
お墓を管理する人がいなくなった、
跡が絶えた、
天涯孤独な人が眠っているお墓、など
そういう理由で管理される人がいなくなったお墓を
一時的に安置して、供養する場所、です。

なので、
「お墓じまい」とは、微妙に意味合いが違います。
お墓じまいは、お墓を管理する人はしっかりといらっしゃるけど、
そのまま建てておいては将来、このような無縁墓になってしまう可能性が高いので、
前もって余裕のある間に処置しようという行為ですが、

逆に、
こちらの無縁塚は、そのまま放置してしまって、
結果的に無縁になってしまったお墓の安置場所なのです。
まあ、理由は他にもたくさんあって、
管理する人が突然、亡くなったとか、
身内が一人もいない人が亡くなったお墓だとか、
理由は様々ですが、
結果は違うわけです。

だから、基本的にこちらに安置させてもらうことは
出来ません。

ただ、管理されている方(基本的にご住職だと思いますが。。。)の裁量の部分もあるかも
しれませんし、スペース的に余裕があるなら、受け付けられている場合もあります。
気になるようなら、一度、聞いてみるのも手かもしれません。

ただ、一点。
もし費用を安くあげたいという理由で、そちらに置かせてほしいということなら、
安くなる可能性は低いと思います。
定期的に参拝、供養される供養塚ですから、
そこに置かせてもらうには、おそらく一定のお布施が必要ですし、
逆に高くなる可能性もあります。

長い間、お墓として、供養してきたので、
処分してしまうのは、忍びないということなら、
一度、お尋ねする方法をお勧めします。

また、その竿石(文字を彫刻してある石)のみですが、
一定期間、安置、供養していただける施設もあります。
詳しくは、石材店へお尋ねください。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
haka1

Q268~お墓の戒名が違うんですが。。。②竿石編

竿石の側面に彫刻されている場合、少々、大変です。

お墓の仏石(ほとけいし)の側面に戒名が彫刻してあって、
その文字が違う場合。

まず、その彫刻した文字をどう処理するかでずいぶん違います。

① 文字を埋めて、その上から彫刻。

これは、一番費用も掛かりません。
一番手軽ですが、お勧めはしません。
応急処置と考えます。
詰めたものが後ほど剥離することもありますし、
だんだん劣化して隙間ができて、水が溜まったり、
色が変色して、目立ちやすくなったりします。

② 側面をカットして、彫刻。

これは、副碑でも使うパターンですが、
副碑よりも、大変です。
まず、側面をカットしたら、石の横幅が違ってくるので、
正面文字が中心軸からズレてしまいます。
なので、中心に戻すためには、逆の側面も同じサイズカットする必要があります。
そうなると、かなり細長くなってしまいます。

「細くなった竿石と彫刻されている正面の文字のバランスが合うのか?」

という問題があります。
もともとサイズの大きさに合わせて文字は彫刻されているはずで、
細くなると、その細さより文字が大きすぎるようになる可能性がある。
ということですね。

例えば、このお墓。
dsc_0015

この赤枠の中の戒名等を彫り直す場合、
この面をカットすると、中心の文字(〇〇家累代の墓)が右にズレますね。

なので、
dsc_0017
赤い線の方をカットしたら、
青い線の方もカットしないといけないので、
さらにスリム、というか、細くなってしまいます。

さらに、
今、ほとんどのお墓の石には、水垂(お墓の石の天場に雨水が溜まらないように
勾配が付けてある)が付いているので、その上台の石の水垂と細くなった竿石
との兼ね合いで、その水垂も再加工しないといけないことになります。

写真の矢印の部分ですね。
写真では分かりづらいですが、少しだけ水が引けやすいように
勾配をとってあります。

img_20160827_160355-2

上の竿石(仏石)に合わせて加工してあるので、
その竿石(仏石)のサイズが変わると、
この部分も加工しなおさないといけません。
これが意外と大変です。
全体のバランスが崩れることもあるので、
これは一番お勧めできない方法ですね。

というわけで、
費用が掛かりますが、

③ 竿石(仏石)のみを新しくする。

この③がお勧めとなります。
石が同じと言っても、天然のものなので、
全く同じ石、というわけには行きません。
また、
正面の文字を新たに彫刻しなおししなくては、ならないので
費用的にもかなり高額になります。

さらに、
耐震加工等している場合、その解体費用も上乗せとなります。
その耐震工法によっては、事実上、解体不可能な方法もありますので、
非常に注意していただきたいですね。

なので、まとめとしては、

竿石(仏石)の側面に戒名、法名他を彫刻するときは、
決して間違わないように、慎重に原稿確認等をしましょう。

と、なります。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q245~石碑?石塔?名前シリーズ①

お墓のことを石碑とか石塔とか言いますが、
正式には、石碑と石塔は別物です。

石碑は

「石で作った記念碑」という意味。

いわゆる「〇〇家之墓」と彫られているものはほとんど石碑です。

DSC_0010

こういうのとか、

DSC_0211-2

こういうのとか、

DSC_0020

これもそうですね。

〇〇家のための記念の石碑。
そこに遺骨を入れますよ、というのが
石碑です。

一方、石塔というのは、
「石でできた仏塔」
つまり、仏教的に価値のある塔、ということです。

DSC_0005

真言宗の覚鑁(かくばん)上人が発明した、ここにはいるだけで、極楽浄土に
往生できるという仏塔、五輪塔。

DSC_0044-2

これも一種の、仏塔ですね。
お経の名前にもなっている「無量壽」という言葉。

カトウボリ2

これも同じく、仏塔ですね。

他にも
宝篋印塔とか宝塔とか
色々な種類がありますが、
仏塔とは、すなわち、仏教的に価値のある塔、ということ。
形とかではない、と思います。

なので、良く、文字の彫ってある、
一番上の石を仏石、佛石とか竿石とか呼びますが、
仏塔でなければ、仏石(佛石)と呼べない、と思います。
正式にはね。

 

 

でも、通常、この石は石塔、石碑に関わらず
佛石と呼んでいるようです。
いや、むしろ石塔、石碑も区別してない気がしますね。

ほとんどの石材店の方は。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」