Tag Archives: 納骨堂

a0960_007047_m

お墓とは、お骨が土に還るシステム。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

さて、今朝も秋がずいぶん深まっている兵庫県豊岡市ですが、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 

お墓で、お骨が土に還るのか、というシリーズの三回目の最終回。

第一話 「お骨は土に還る??」
第二話 「お骨が土に還る構造のお墓とは?」

時代劇に出てくるお墓。

おっとっあん。
「私は頑張って生きていくよ。
草葉の陰から見守っていてね。」
と、お墓の前で小袖でそっと涙をふく娘。

ohakamairi_woman

(町娘ではないですが。。。)

昔のお墓は、土葬です。
ご近所総がかりで棺桶が入る穴を掘って、そこに埋葬。
すぐにではないですが、その上に石で作ったお墓を建てる。

お墓とは、その大切な人が眠っている(埋葬されている)場所を示す印。
であるとともに、

 

「ご遺体(ご遺骨)を大地に還してくれる装置」でもあるわけです。

今の斎場の機能の一部をお墓が担っていたんです。

ところが、「火葬」が流行、推奨され、日本人のほとんどが
火葬される時代。お墓に納めるものは「焼骨」しかなくなりました。

しかも、一族(家族)の墓と機能がかわってきたので、
いちいち穴を掘って遺骨を埋葬するのが大変になってきているわけです。
そこで、今のスタイル、お墓の中に骨壺ごと安置する。
というお墓のスタイルが主流となってきました。

今のお墓はお墓ではなく、個人型納骨堂(屋外タイプ)でしかありません。

 

 

最近流行しだしている新しい形の供養施設。

大まかに分けて「納骨堂」と「自然葬」に分かれると思います。

「納骨堂」とは、
機械式納骨堂などと呼ばれる屋内型の遺骨安置システム。
大きめの御寺院の中にある豪華なロッカーがならんでいるような、
ロッカー式納骨堂など。
御寺院などが境内などに建てられている「永代供養墓」も基本、納骨堂だと思います。

それに対して、

「自然葬」とは、
海洋散骨、樹木葬、桜葬、散骨など、自然に遺骨を還すという葬送です。

どちらも需要があるので、盛んになってきた葬送だと思いますが、
特に、自然葬。

自然葬がこれほど増えてきた、盛んになってきた理由の一端は、私は
「今のお墓では、遺骨を大地(自然)に還せない。
なにか大地に還せる方法がないか」
という疑問から生まれているように感じてます。

少なくとも、日本人の葬送感の潜在意識の中には、
そういうものがあるのではないか?

お墓が「遺骨を大地に還る」システムではなくなっている。
お墓では大地に還してくれない。
だから自然葬がクローズアップされている。
ならば、
お墓を大地に還すシステムに戻せばいいのでは?

そんなに難しいことではないと思います。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
illust3803

Q261~埋葬、埋蔵、収蔵の違いって?

いずれも法律用語としての使い分けの仕方です。

illust3803

 

お墓の唯一の法律、
「墓地、埋葬等に関する法律」略して「墓埋法」とよく呼びますが、
昭和23年に制定された非常に古い法律です。
なので、今の実情と違うことが常識として基本にあります。

まず、「埋葬」とは
埋葬とは、実は、土葬、つまり亡くなった人を墓地に穴を掘って、
(いわゆる「墓穴を掘る」、というやつですね。。。)
その穴に遺体を埋める行為、を埋葬といいます。

今では、ほとんど行われない行為です。
日本では現在、95%以上の火葬率なので、土葬はごくごく限られた地域で、
極まれに行われている可能性がある、程度の確率です。

どうしてこれほど火葬が増えたか、という理由は、公衆衛生上の理由ですね。
おそらく。
それと墓地、埋葬(蔵?)のコンパクト化も同時に可能なので、後押しした可能性は高いかと。

 

では、「埋蔵」とは?
これは具体的なものは差しません。
何かを土中に埋めておくこと、その状態。
埋蔵金とか埋蔵量とかと使いますよね。
では、火葬した焼骨をお墓に納める場合は??

正式には、「火葬した遺骨の埋蔵」と使います。
「(墳墓への)焼骨の埋蔵」が正しい法律の使い方。
でも実際は、「埋蔵」とは、「焼骨を墳墓(お墓)へ納めること」と
解釈してもいいのではないかと思います。

最後に「収蔵」とは?
これはわかりやすいですね。
納骨堂に遺骨(焼骨)」を安置する行為です。
永代供養墓もこれに含まれる可能性が高いですね。
土中に収蔵ではなく、個別にスペースのあるタイプの永代供養墓なら、
「収蔵」と表現していいのではないかと、思います。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q069~納骨堂に納めるときの注意点は?

これは納骨堂だけではなく、永代供養墓全体の話ですが、

永代供養とうたってあっても、
永代は基本的にない、と考えてください。
有期限、の場合が多いです。

納骨堂に預けておいても、一定の期間が来れば、
追加で期限を延ばしてもらうか、
(もちろん追加費用を払って)

納骨堂から外に出して、合祀してもらう。
(合祀とはほかの方のご遺骨と一緒にして
一か所に埋葬すること)
あるいは、
自動的に合祀する、となっているかもしれません。

永代供養墓もそうなっていることが多いですね。
合祀してしまったら、あとから取り戻せません。

やっぱり返してほしいとなっても、
もう他のご遺骨と一緒になっているので、
返還は不可能です。

この部分を十分理解して、預けるべきですね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q068~お墓以外で遺骨を預かってくれるところを教えて?

一時的な保管なのか、長期的な保管なのかを考えましょう。

一時的なら、寺院でも預かって頂けます。
さらに、ご自宅の仏壇、仏壇がなくても
床の間とか棚の上とかでも、可、です。

長期間、ご自宅で遺骨を保管されている人も
いらっしゃいます。
基本的には可能です。

ただ、注意を一点。
「死亡診断書」
「火葬証明書」は同時に、大事に保管しておいて下さい。
何かあったときの証明書です。

さて、ご自宅ではなく、
お墓がなく、おはかを建てる気もなく、
ご遺骨を永久に預かってくれるところを探している、という方。

納骨堂永代供養墓、その他の供養方法という選択肢があります。

永代供養墓とは、他人と一緒に収蔵される供養墓。
大きめのお墓です。
屋根付きになっていたり、
お墓と同じ形状だったりしますが、
基本お墓だと思っていいですね。

一方、納骨堂とは
建物の中に納めるタイプ。
ロッカーの様な形状のものが多いので、ロッカー型永代供養墓とも呼ばれます。
建物の中にあって一定期間、預かってくれるロッカー、だと思ったらいいのかも。
有期限が多いですね。
最近は非常にハイテクの立体駐車場のようになっているものもあります。

そして、その他の供養方法というのが、多種多様です。
海洋散骨、樹木葬、桜葬、宇宙葬、散骨、最近では
バルーン葬、流れ星葬などというものもあります。

基本的に自然から生まれたものだから、自然に帰るというのが
コンセプトなものが多い気がします。

詳しい説明はまた後日。

詳しく知りたい人はお問合せ

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」