Tag Archives: 納骨

Q210~大雪で納骨、できる?、できない?

これは。。。
どうしますか、は私が聞きたい質問でして。。。(^_^;)

DSC_0014

ある程度、雪が降ると、納骨はしずらくなります。

普通なら、お墓まで行くのも困難なので、
ご住職、あるいは、施主様が

「ちょっと日延べしたいと思います」と言われることが
多いですね。

でも、どうしてもこの日にしないと、という場合もあります。

そうなると、何とか、お墓までの道を開けて
お墓の周りの雪を何とか除雪して、
納骨できる状態に持っていく、ということは
させて頂きます。

ただ、
写真程度の雪なら、問題ないんですが、
お墓って、山の中に建っていることが多く、
一度、1m程度の雪の中から、お墓を掘り起こすって
やったことありますが、
かなりの作業です。(^_^;)

スコップ使って掘り起こすんですが、
石を傷つけないように、と思ってプラのスコップですると、
硬くなった雪が全然取れなかったりして、
結構大変な作業です。

そのあたりを考慮して、
最終的には、する、しないは
施主様のご判断で決めてください。

するとなったら、
除雪作業はさせて頂きます。

今年はお墓の除雪、しなくてすんで
良かったです。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q144~お墓を建てる時期はいつがいいの?

お墓を建てる時期は、いろいろな要素があって、なかなか難しいですね。
まず、一番大事なそのお墓に入る(入っている)人の都合を考えると、

① 納骨時
② 命日
③ お盆、お彼岸(春、秋)
④ お正月

などが考えられます。
それぞれ亡くなられた人のためを考えて一番都合がいい日、
ですね。

① 納骨時は、まず絶対に第一候補です。

お墓がないのなら、ご遺骨を納める場所がないのだから
その場所を作るために、お墓を建てるわけです。
「納骨に間に合わせて」というご要望、かなり多いですね。
建墓の半分以上はこの、納骨時でしょうね。
ただ、
満中陰が納骨の場合、期間が1か月少々しかないので、
難しい場合があります。
その場合、短納期で建てられるお墓にするか、
納骨を100カ日に伸ばすか、の対応が必要です。

お墓がある場合もそのお墓に名前を刻む、戒名の彫刻も
納骨時にお願いします、という場合が非常に多いです。

② 命日は、仏事的にはあまり意味がないのかもしれませんが、
その亡くなった人を知っている人にとっては意味のある日ですよね。
この日に建ててほしいという気持ちもわかります。
ちなみに
それぞれご先祖様の祥月命日の一年後に一周忌、
二年後の祥月命日が三回忌、
6年後が7回忌、
あと、それぞれ13回忌、27回忌、33回忌それぞれ命日です。
つまり、それぞれ年忌法要とは命日にするものです。
(たいがいはその何日か前にしますが。。。)

③ お盆、お彼岸(春、秋)は亡くなった人というより、
ご先祖様、以前に亡くなった人を考えて建てる場合ですね。
お盆は特に、亡くなった人がこの世に戻ってくる日だとされているので、
その日に合わせて、お墓を作るというのは理に適っていると思います。
お彼岸も仏教的に意味のある日なので、それでもいいと思います。
特に、
「秋のお彼岸」の中日(秋分の日)は「お墓参りの日」と
制定されています。

④ お正月は、年の区切りなので、良さそうに見えます。
ただ、1月はお墓工事を避ける月だといわれる人もいます。
そういう人はお正月前に建墓してもらう、ということを考えてはどうでしょう。
ちなみに、積雪の多い地方は難しいですね。
私の住む兵庫県北部は積雪がけっこうありますので、
正月にお墓参りする人はあまりいません。

では、実際に建墓する石材店が考える一番いい建墓の時期をお伝えしましょう。

こちらです→→→「お墓を建てる時期はいつがいいの?」②

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q045~お墓の中に骨壺が入りません。どうすれば?

二つの方法があります。

古いお墓の場合、よくあるんです。
最近の骨壺は大きくなってきていますし、
昔は壺から出して納骨する場合が多かったように
思えます。

方法の一つ目は、
骨壺から出して、納骨袋に入れ替えて
納骨する方法。

一番簡単です。
納骨袋さえ用意できれば
すぐに納骨できます。

納骨袋は安価な晒の袋が普通ですが、
亡くなった家族をできるだけ、しっかりと供養したい、
という場合、こういう納骨袋もあります。

ただ、どうしても壺ごと納骨したい、
という場合もありますよね。
そういう場合は
納骨口の広げる、という方法ですね。

加工して、納骨口を広げてしまおうという
方法です。

ただ時間と費用が掛かります。
すぐその場で完成とはいきません。

納骨できなくて、困ったという方が
ごくたまにいらっしゃいます。
納骨できるかどうか、確認が必要なのかもしれません。

事前確認もさせていただいております。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q037~戒名を彫刻するのはいつがいいの?

普通は「四十九日法要(満中陰)」までが多いですね。

満中陰の法要の時、納骨される場合が多いです。
その際、お骨がお墓に入ったので、
戒名も彫刻、という流れが多いし、ご住職もそう言われる方が多いですね。

ただ、ご遺骨がお墓に収まったというのは
そこに住み始めた、ということですね。
その後、家の表札に名前が入るのが普通だと思うんです。

なので、
「納骨後に、彫刻してください。
それでいいですよ。」
とおっしゃるご住職もいらっしゃいます。

私もそれでもいいのでは、と思いますが、
満中陰の法要の時、親戚などたくさんの方が
お墓にお参りに来られます。
その際、お墓の戒名がまだ彫られていない、
という場合、
「え、まだなの?」
となりやすいですね。
なので、遺族側としては
「満中陰の法要までに彫刻も済ませてほしい」という
要望になるわけです。

新しいお墓の建墓にしても、
戒名の追加彫刻にしても、
お墓の改修工事にしても、
基本的には、
「仏教的理由による制限」は基本的にないわけです。
納骨もいつまでにしなくてはいけないと
決まっているわけではないんです。
一周忌、三回忌まで手元に、お寺に遺骨を安置している人は
多いです。

逆に、施主様、ご遺族側の気持ち。
「すべて完成してすっきりした状態でみんなにお披露目したい」
という気持ちが時間的制限に作用している気がします。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q036~副碑に彫る順番は?

亡くなられた順番に彫る方法と、ご夫婦の並びで彫る方法があります。

多いのは、ご夫婦で彫っていく方法。
関係が誰でもすぐわかります。
何代か昔の場合、誰と誰が夫婦で、誰は誰の子供なのか、
という関係がわからなくなります。
自分があったことある世代ならわかりますが、
それより前はね。

なので、ご夫婦、つまりご主人で、奥さんで、
その子供で、その奥さんで、という順番ならある程度、
関係がわかるんです。
ただ、この方法だとどちらが先に亡くなるかわからないので、
何行かを空けて彫る、ということが良く起こります。

お父さんとお母さんとご主人の3人分を開けて
そのあとに奥さんの戒名を彫る、ということもありました。
その方の彫刻する場所がある程度、決まっているんですね。

逆に、亡くなった方から順番に彫っていく方法は
どんどん、順番に亡くなった方から彫っていくので
彫刻はいいんですが、何代か後、
関係が分からなくなります。
最初に書いた通り。
なので、通常、名前、亡くなった日、亡くなった年齢(数え年齢)を
彫刻するんですが、それ以外に
〇〇の妻、とか
〇〇の長男とか、次男とか
そういう家族内の関係性を一緒に彫刻しないと
この人は誰?となってしまいます。

戒名碑に彫刻する内容も十分考えて彫りましょう。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q035~必ず納骨しないといけませんか?

必ずしないといけない分けではないです。

お骨に納めたくない、という方、いらっしゃいます。
亡くなった人と別れたくない、
お墓に納めるには心の整理がつかない、
などの理由です。

法律的には問題ないです。
いつまでにお墓に納骨しないといけない、という決まりはないです。
通常、満中陰(四十九日)の法要に納骨が多いんですが、
百箇日、一周忌、三回忌などまで仏壇でお守りしている方もいらっしゃいます。
お墓がないんで、いつまでも仏壇に、という人もいます。

ただ、注意した方がいいのは
家に遺骨があるというのは不自然なので
出来れば死亡診断書か火葬証明書を一緒に保管すべきでしょう。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q034~納骨口が見つかりませんが?

どこかにないか、調べましょう。

関西型はここですが、

DSC_0018-301

関東型はこうなっています。

5527_350656021740541_1206468033_n

このように、お墓の手前の板石、「拝石」と呼びますが、
ここを外すと納骨口が出てきます。

 

1011772_475096299234249_746513551_n

納骨はこのように拝石を外して
納骨して、その後拝石を設置しなおします。

ただ、関西ではこのタイプの納骨は少ないですね。
逆に後ろとか、横とかに納骨口があることもあります。

IMG_20131105_100456858

このように横の見にくい部分に納骨口があることもあります。

 

横納骨①

この部分が納骨口です。
これなど、骨壺は絶対に入りませんね。
骨壺から出して納骨するタイプのお墓です。
ずいぶん古いお墓です。

納骨3

また、北陸とかその他の地域にある丘カロートタイプのお墓は
このように正面に入り口が付いています。
簡単に納骨できるようになっています。

また、古い個人墓、夫婦墓などは
納骨口がないお墓です。
納骨する必要が基本的にない墓ですね。
ただ、ご主人が亡くなってお墓を建てて、
その後、奥さんを納骨する場合、
後ろから穴をあけて納骨したり、
お墓を一旦仮撤去して、
奥さんを納骨してからまた立て直し、
などをしたりもありますが、
今のお墓で納骨口のないお墓はまずありません。
よく探してみてください。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q033~関西型の納骨の仕方はどうすればいいですか?

関西と関東では異なります。

関西の方法は、主として、正面の水鉢という石を移動させると
納骨する納骨口が見えます。
そこから納骨するシステムです。

関西型の納骨方法を写真でご説明します。

DSC_0006-301

まず、このように正面に石同士を当ててしまい欠けないように
毛布のようなものを用意します。
タオルでも何でもいいです。

DSC_0006-2-301

青い線で囲んだ部分が水鉢
(この写真は水鉢ではないですが、普通のお墓ならこれが水鉢です)
赤い線で囲んだ両側あるのが花立の石です。

 

DSC_0009-301

まず、両側の花立の石を移動します。
ステンレスの筒を抜いて、このように手前に倒すように
します。
(横の水鉢の石と接触しないよう、注意)

DSC_0010-301

こうして、わずかに離すと、あとは持ち上げるようにして、
持ち上げます。
(決して引きずらないようにご注意ください。
欠ける原因になります。)

DSC_0011-301

これくらい離すともう大丈夫ですね。
もう一つの花立の石もこの要領で移動させましょう。

DSC_0012-2-301

次に水鉢を手前に倒しますが、
赤丸同士を同じくらいの高さになるよう、
何か台の様なものを用意してください。
私は垂木を利用しましたが、木が一番いいですね。
鉄などは避けてください。

DSC_0012-301

このように、水鉢を倒したとき、
ちょうど台に当たるような位置にセットして、

DSC_0015-301

出来たら、ゆっくりと水鉢を手前に倒します。
このとき注意するのは、滑らせないこと。
滑らせると、欠ける原因になりますし、石から滑り落ちてケガをすることもあります。
特に石が濡れているときは危険です。十分注意してください。

 

DSC_0016-301

このように倒せたら、成功です。
この状態で納骨をして下さい。

 

DSC_0018-301

こちらが納骨口です。
出来るだけ奥の方にご遺骨を納めるのが
コツです。
出来たら、逆の手順で元に戻して下さい。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q029~お墓の引っ越しの時、お骨は?

当然、お骨も引越しします。

それで、お墓の引っ越し、お墓じまいの時は
骨壺も探し出さないといけません。
以前にも書きましたが、
最近のお墓は、墓石内に壺を安置できるような構造になっていて
骨壺はすぐに取り出せます。
問題は古いお墓。
これも説明しましたが、

(「Q023~遺骨って壺から出した方がいい?」

だいたいお墓の下に土葬として埋まっているんですが、
それを見つけることがなかなか大変なんです。
お墓の引っ越し、お墓じまいの時、これがなかなか難航しやすく、
費用を高くする要因の一つとなります。
なかなか見つからない時は、一日丸々遺骨探し、ということもあります。

そして、運よく土葬の遺骨が発見できたとして、
その遺骨はそのままではお墓に納めることはできません。
骨が巨大すぎる、物々しすぎる、などの理由です。

通常、その遺骨を斎場で焼骨にし直して、
お墓に納める、という流れです。
当然、手続きも必要です。
そのお墓がある役所にご相談ください。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q028~斎場で拾わなかったお骨はどうなるの?

施設内の供養塔に納骨されます

関東では全てのお骨を骨壺に納めます。
でも関西はすべての遺骨を壺に入れることは、
基本的に不可能です。
そのままでは。

ので、大事だと思われる焼骨のみ拾い、
それ以外のお骨は斎場内にある、
あるいはその近くにあって契約している供養塔に
納骨します。

もともと分骨なんですね。

なので、関西は分骨という方法には違和感がありません。
浄土真宗には基本的にお墓にお骨を納めて、
それ以外に一部を分骨して、京都の祖廟(供養施設)に
納骨する、というのがよく行われています。

逆に関東の全骨骨壺に納める地域では、分骨という方法には
違和感があるのかもしれません。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q027~お墓の中の骨壺が一杯になったら?

いくつか方法があります

普通、納骨スペースには4柱~8柱くらいの骨壺が入るんじゃないのか、と
思います。
それが一杯になることは、あまりないのかもしれませんが、
でもそれでも、いっぱいになることもあるかもしれません。

通常、その場合、古いご先祖様のご遺骨から
(上げ法事が済んだ場合が多いですが。。。)
壺から出して、その地面に遺骨を出していく。
家族内合祀、ですね。(一つ目の方法)

これは、ひとつ条件があって、
墓地内の納骨スペースがコンクリートではなく
土であることが望ましいですね。
土に還らないですから。

第二の方法。
これは墓地を作る時点で検討、施工しておかないといけないのですが、
納骨スペースを広めにとる。
例えば、関東のお墓などは骨壺が大きいこともありますが、
骨壺が一杯になったら、家庭内合祀をするために
納骨スペース内を分割して、一番下、底は家庭内合祀用の土。
その上に1段、2段仕切って、骨壺を安置できるように棚を用意。

そして、第三の方法。
墓地がある程度広いこと、費用を負担できること。
が条件ですが、
墓地内に「家族専用供養塔」を設置する。
良くあるのは、五輪塔を新規に施工。
そこに50年を過ぎて、上げ法事したご先祖様を
そちらの五輪塔に移し、壺から出して家庭内合祀する。
家墓と供養塔をお墓に建てる。
田舎ではよくある方法ですね。
浄土真宗以外では、できる方法です。

第四の方法。
お墓自体が広くなくて、供養塔が建てられない、場合。
お墓をリフォームして、納骨スペースを広げて、
沢山の骨壺を安置できるようにする。
けっこうな費用が掛かりますが、こうすると
いっぱいになる心配はない、のですね。

第五の方法。
それほどの費用が掛けられない場合。
分骨する、という方法。
大きめの骨壺から一部を取り出して、残りを別の場所に納骨してもらう。
その一部の遺骨のみ分骨用の小さめの骨壺に移し替えす。
この小さなサイズの骨壺ならかなり入ると思います。
残りのお骨はどこへ納骨してもらうか。
そのお寺に合祀堂(供養塔)があれば、そこに納めてもらう。
それがないなら、宗派の本山へ本山納骨。
ほとんどの宗派の本山が比較的安い費用で納骨を受け付けています。
そちらへ納骨してもらう。
さらに、関西なら大阪一心寺へ、という方法もあります。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q023~遺骨って壺から出した方がいい?

墓地管理者の考えを聞いてください

壺から出して、納骨袋に入れ直して納骨する場合と、壺のまま納骨する場合があります。
関西は土に還す、ということをよく言われますが、
実際は、壺ごと納骨もかなりあります。
宗旨宗派だけではなく、お寺、または墓地管理者の考え次第ということが多いです。

確かに土に還したいと思って、壺から出して納骨したいと思っても
ご住職が壺ごと,とおっしゃったら壺ごと納骨となります。
どうして、お寺によって考え方が違うのかというと、

「お墓じまい」が増えていることと関係しているのかもしれません。

一度お墓を建てて、納骨したら、以前ならそれこそ、永代そこにお墓が建っている、
というのが当たり前でした。
しかし、最近はそれが当たり前ではなくなりました。
お墓じまい、お墓の引っ越しが頻繁に行われる今、
そのお墓がなくなり、その区画に新しいお墓を別の人が建てるとなったとき、
以前のお墓の土が残っていたのではあまりいい気分ではない、
というのも納得できます。
そレを防ぐためには、土壌の入れ替えということをする必要があります。
これにはかなり費用が掛かってきます。

そのことだけではない、とは思いますが、
壺から出して、土に還す、という納骨の仕方を避けたいという
心理が作用しているのかな、とも感じます。

とにかく、壺から出すか、出さないかは
墓地管理者に一度問い合わせた方がいいかもしれません。

次の記事も参考に。→→「Q024~遺骨は土に還すべきか、還さなくていいのか?」

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」