Tag Archives: 花立石

DSC_0008

Q341~花立の横の穴ってなに?

DSC_0016

お墓の前にある花立石。
その横に穴が開いております。
(開いてないお墓もあります)
この穴の意味はなに?

DSC_0017

この穴、ですね。

こういうご質問いただきました。
石屋さんなら知ってて当たり前、ですが、
お墓のことを詳しく知らない人にとっては、
????
ってこと、多いですね。

で、ご質問の答えですが、
水抜きの穴です。

この石の中に溜まった水を抜くための穴です。

 

最近のお墓は、花はステンレス製の花立筒というものに
水を入れ、その中に花をお供えするスタイルがほとんどです。

DSC_0047

こういうものです。
この筒、底があって、水が溜まるようになっております。
(お墓にこの花立がある人は当然ご存知ですが。。。)
掃除もこの筒を抜き取って、それを洗えばいいので、簡単ですね。
石は動かさなくていいので石が欠ける心配もないです。

ですが、この筒と石の穴は密封されているわけではなく、
すき間があります。
なので、
雨やお墓そうじの際の水が入り込んで、中に溜まるのです。

たまったままでもいいのでは??
apron_man3-1question

と思いますが、実はたまったままでは不具合があります。

まず、「水が腐る」
たまったままの水は腐って、腐敗臭がします。
石の内部が汚れる原因にもなりますね。

それから、寒冷地だと凍結する場合があります。
水は凍結すると膨張するので、その影響で
花立の石を割ってしまうこともあるのです。

まだあります。

水が溜まってくると、その浮力で、
ステンレスの筒を押し上げる力となります。
あまりにも水が多いと、ステンレスの筒を押し上げて、
外へ押し出すこともあるのです。

そういった不具合を防ぐために、水が抜けるように、穴が開いているのです。

ですが、たまに、

DSC_0011

穴が開いておりません。
ステンレスの筒を入れるタイプのお墓なのに。。。
(実は私がまだひよっこだった頃、建てたお墓。。。)

穴を開けてないのではなく、

DSC_0008

花立の石を少し動かせば、見えてきました。
穴が開いております。
つまり、
お墓本体の台に隠れるように、空いているのです。

当時の私の考えでは、
「穴が開いているのは不細工だから、見えないように。。。」というもの。

でも、水が抜けない可能性を考えておりませんでした。

穴は左右の外側。
これが今の基本だと考えます。
そうじしやすいしね。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0080

花立石の加工(下場の加工)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

雪がまたもや降りだした兵庫県豊岡市ですが、
あまり積もってはいないですが、積もるんでしょうかね。
昨日の続き、
花立石の穴開けと水抜き穴を開けました。
が、
まだ、気になる点が。。。

 

DSC_0064

この写真ですが、
手前はまだ加工前の花立石一組。
奥は、加工完成後の花立石一組。
どちらも、切削して平らな石の上に置いてあります。

分かりましたか?

手前の加工前の花立石。触るとカクンカクンと動きます。
どういうことかというと、
花立石の下の面が平らではない、ということ。

DSC_0069

汚れてよくわからないかもしれませんが、
平面ではありません。
グラインダーで段差を削ってあるだけで、
間っ平には程遠いです。

で、加工しなおしの為、赤チョークで塗ってみると、

DSC_0080

よく見ると、厚みも違うし。。。

DSC_0080-2

分かりますかね。
段差がわずかにあります。
そして、ほぼすべての角が欠損してますね。
カクンカクンとなるから、欠けてしまうんです。
こういうのを「コメをついてる」あるいは[米つき]などと言いますが、
不安定で、カドが欠けやすく、転倒しやすいので、直さなくてはいけないのです。

DSC_0084

カドが欠損しているのは、まだ多少、直ってませんが、研磨工程の最初の100番研磨と次の200番研磨をして、
下の面はまっ平になりました。

これで直りました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0064

花立石の加工(穴明け、水抜き穴、下場加工)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

最近のお墓はたいがい、花立の石は大きめの穴が開いており、
(50~60ミリくらいの直径)、そこにステンレスの筒、花筒(はなつつ)とか言いますが、
それを差して、その中にお水と生花をお供えする、というのがほとんどです。

が、
古いお墓は、まだそのような大きな穴を開けることが出来ず、
ステンレスの筒も使っていなかった頃は直接生花をその石の穴に挿して
お供えしていました。

これだと、お花の水を替えるのに、石をひっくり返さないといけないし、
中まで掃除が大変です。
なかなかきれいになりませんね。
なので、最近はほとんどというより、全てこの花筒を差して使うタイプになってしまいました。
これは、大変便利です。
以前から比較すると。

ですが、古いお墓にはまだ古いタイプの花立の石が残っていて、
それに加工しなおすという工事を、お墓のリフォーム工事の際、よくやります。

今回も二組の花立の石を加工しなおしました。
とてもよくあるパターンです。

まず、花立の石に60ミリの穴をコアドリルで開けます。
DSC_0037

40ミリくらいの穴です。
しかも、手で空けてあるので、底が浅く、
深くなるほど狭く、細くなっているので、到底花筒は入りません。

DSC_0038

分かりにくいですが、内部の様子。
奥へ行くほど、狭くなっているのがわずかに分かると思います。

DSC_0040

右側がコアで60ミリの穴を開けました。
コアドリルで開けると、まっすぐに入るので、ステンレスの筒も簡単に入ります。
やはり道具ですね。
昔はホントに苦労して開けたんでしょうね。
ホントにご苦労様です。

DSC_0043

このように、大きさが全く違うので入りません。
花筒のサイズが外径がおおよそ58ミリですので。

DSC_0046

60ミリのコアで開けた穴はすっぽりと入ります。
深さも関係するので、筒より深く穴を開けます。

DSC_0047

穴が浅いと、この上の部分が石から浮いたようになるんですが、
しっかりと根本まで入っております。

DSC_0050

右がコアで抜いた花筒が入った花立石。
左が以前の手で穴を開けた花立石。
お供えできる花の量も多分ずいぶん違うと思います。

掃除もしやすく、
お花もたくさん供えられて、
いいことづくめですね。
これを発明した人は表彰されてもいいと思いますがね。
(^O^)

DSC_0052

ただ、
穴が全く開いてない花立石に穴を開けるのは、実は簡単なんですが、
小さめの穴が開いている石に大きめの穴を開けるのは、実は手間が掛かります。
ゼロから開けるときは、不要な部分の石を取るのは非常に簡単なのですが、
上の写真のように小さめの穴を大きくするときは、石が途中で折れてしまい、
残った底の石を取るのに非常に苦労します。

苦労して、底の残った石を取ることができても、
終わりではありません。

DSC_0058

このままでは、雨などで、穴に溜まった水が抜けないので、
冬季、凍結したりしたら、石自体が割れたりするんです。
なので、水抜きの穴を開ける必要があります。

上の写真のように花筒の穴の一番底に来るように、水抜き穴を開けます。
私は、左右外側に空けるようにしております。
穴が見えて、かっこ悪いという石屋さんもあるかも知れませんが、
裏側とか内側とかだと、石同士が密着してしまうと、
水抜き穴がせっかく空いているのに、水が抜けない、ということがあるから。
せっかく空けても、抜けないと意味ないですからね。

とここまでで通常は、完成なのですが、
いつも気になるポイントがもう一つ。

DSC_0064

奥の一組(2つ)が完成した花立石。
手前の一組(2つ)が加工前の花立石。

穴だけではないです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

花立石の改修作業しております。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

ちょっと古いお墓の場合、
花立の石にお花を立てるのに、直接石にお供えするタイプがあります。

DSC_0001-2

このような、形ですね。

直接、花立石の中にお花を挿すと、
お花が枯れてしまったら、その中で腐ってしまったりして、
掃除するにも、石自体をひっくり返して
水を流しながらの掃除となります。
非常に面倒で、
非常に効率が悪いですね。
特にたくさんお花をお供えする場合、大変すぎます。

そこで、最近のおたらしいお墓の花立は、この穴にステンレスの筒を
挿入してそこにお花をお供えするスタイルに一新されています。

じゃあ、うちのちょっと古いお墓は
大変だけど、我慢しろって、言うの!!

プリント

いえいえ、簡単にする方法がありますよ。

いろいろ方法がありますが、
いちばんおおきた石材店が使っている方法をお教えします。

DSC_0110

まず、穴の大きさを大きくします。
穴が小さいとその中にステンレスの筒を入れるので、
更に穴がちいさくなって、
ホントに僅かしか、お花をお供えできません。
お一人のお墓、ご夫婦だけのお墓なら、我慢できるかもしれませんが、
代々墓、〇〇家之墓というお墓なら、せめて、60ミリくらいの穴を
開けた方がいい気がします。

というわけで、穴を開け直しました。

DSC_0116

左が穴を開けなおした花立石。
右が元々開いていた大きさの花立石。
ずいぶん大きくなりましたね。

DSC_0117

直径が58ミリの花立の筒です。
以前の花立の穴では
到底、入りませんよね。

DSC_0120

開けなおした方の石にはすっぽりと入ります。
(まあ、当然ですが。。。)

DSC_0128

このように、左右両方開けなおします。
開けなおすと言っても、簡単ではないわけです。
底の方の石が残ったとき、きれいに取れないと、
完全に筒が石にフィットしないので、浮いたようになってしまいます。
それを完全にフィットするようにするには、底に残った石を
長いノミで丁寧に取り除かなくてはいけません。

それだけではありません。

ちょっとお墓のことに詳しい人ならわかるかもしれませんが、
穴に雨水などが溜まると、筒を上に押し出したり、
場合によっては、完全に筒を外に押し出したりすることもあります。

また、豊岡市のように冬に氷点下になったりする地域では、
その残った水が凍って、花立石を割ってしまったりもするのです。
だから、
その穴に残った水は外に出るようにしなくてはいけません。
筒の中に水を受けるので、石自体には水がなくてもいいわけです。
いや、むしろ、
水はない方がいいのです。

そこで、横穴を開けます。

DSC_0135

水抜きの横穴を開けます。

DSC_0138

左右、両方にね。
DSC_0004

黒の色を入れて、
完成です。
水抜きの穴は、

DSC_0006

右の穴は、こちら側。

DSC_0008

左の穴はこちら側。

穴が見えるのは、かっこ悪いので、中側に空けてたこともあったんですが、
中側だと、真ん中の水鉢とピッタリくっ付いてしまうと、
水が逆に抜けないこともあります。

DSC_0004-2

この写真のように、隙間が空いていると、
水が抜けないということはないのですが、
逆に水が抜けるは、汚れやすいでの、
その度に、石を動かして掃除しなくてはなりません。

なので、水抜き穴は外側に空けるようにしております。

 

 

お墓そうじの一番大変な作業が、
花立の掃除なの!!っていうあなた、
この機会にステンレスの筒に変えてみませんか?

 

 

【花立の穴開け直し+横穴開け+ステンレスの筒】

http://ohkita-sekizai.com/?p=11643

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」