Tag Archives: 追加彫彫刻

IMG_20181104_075343

納骨と追加彫彫刻はセットです。

おはようございます。
降りそうで降らない雨。
有難い天候です。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

昨日のつづき。

おおきた石材店で実施している
追加彫彫刻の際にやっているサービス。

ズバリ、

納骨口の清掃です。

 

IMG_20181104_075137

追加彫が済んだ後、

「あ、やっと終わった」と安心していてはいけません。

apron_man3-1question

「え、何かありましたっけ?」

そうです。

お墓のことを知らない、いや、あまりご存知ではない人は
大切なことを忘れている、
いや、知らないんです。

納骨口、実はすごく汚れやすい、ということを。

上の写真、お墓の水鉢花立が写っておりますが、
一目で、
「かなり汚れているな。。。」と
感じます。

IMG_20181104_075343

片方の花立を外してみました。
なんとなく汚れていますね。

IMG_20181104_075346

 

花立の石だけではなく、
その後ろ、横、下の石同士が接する部分もずいぶん汚れています。

IMG_20181104_075538

右の花立は掃除、水洗いしました。
左の花立はまだ清掃しておりません。

ずいぶん汚れていますね。

IMG_20181104_075700

そして、真ん中の水鉢石を移動して、中をのぞいてみると。。。

 

IMG_20181104_075713

ご遺骨が入っている、納骨口。
酷いですね。
ずいぶん汚れております。

IMG_20181104_075717

逆に、水鉢の裏側の写真。
真っ黒ですね。

IMG_20181104_080450

一通り納骨口周りを洗って、ずいぶんきれいになりましたね。
最初の写真と比較してみてくださいね。

このこともしっかりと説明しております。

「追加彫彫刻の費用とサービス範囲」

http://ohkita-sekizai.com/?p=11623

さあ、お墓の追加彫彫刻をしなければ、とお考えの人、
ぜひ一度、ご相談ください。

 

 

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ 問い合わせリンク
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181031_141236

追加彫彫刻につきもの

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今日は新しいお墓の設置工事します。
事故なく済ましたいものです。

 

お墓に戒名(場合によっては、法名、法号、俗名の場合も。。。)を新しく彫刻してほしい、
というお仕事、お受けしております。
これ、
おおきた石材店では実はかなり少ないです。
近隣の同業者はおそらくですが、もっと多いはずです。

DSC_0002

こんな感じの工事ですが、
おおきた石材店で施工したお墓は、ほぼほぼ彫刻させていただいておりますが、
施工した石材店がなくなった、とか
施工した石材店が分からないの場合、
いろいろな方法でお問合せされますが、
多いのが、電話での価格のみの問合せ。

 

プリント
「もしもし、お墓の戒名の彫刻はいくらで、していただけますか?」
というもの。

かかる費用の説明をしますと、

「わかりました。ありがとうございます。
また相談して掛け直します。」と電話を切って、
まず次には掛かって来ません。

なぜなら、
「高いから」
です。

高いのは確かに高いです。

でも、サービスの内容、同じですか?

同じ内容で同じサービスですか?

 

ojisan2_think

「いや、
サービス内容なんて、さほど気にしない。
安ければそれでいい」

という方もいらっしゃいます。
そういう方はどんどん安い業者さんのところへご依頼なさってください。

おおきた石材店では、あまり気づかないけど、施主様には有難い
サービスを実施しております。

追加彫彫刻に付き物と言えば、

ずばり、

「納骨」ですね。

むしろ、納骨の方がメインです。
戒名等の彫刻は付随的なものです。
御寺院によっては、納骨の後に彫刻してもらってください、と
仰られる御寺院のご住職もいらっしゃいます。

その納骨時、施主様は意外と気づかない場合が多い、
でも、私たちお墓のプロは誰でも知っていることがあります。
それを、追加彫サービスとして、セットしております。

実は、先日の追加彫工事の際、
そのサービスのためのセット(道具)を
すっかり忘れてしまって、
追加彫工事の後、車で片道30分以上の道のりを往復して、
再度、墓地まで行って、そのサービスを実施してきました。

最近忘れ物が半端ないので、気を付けなければ。。(^_^;)

さて、どんなサービスでしょう?

答えは明日に。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc_0073

追加彫彫刻の費用と時間

昨日に続いて、快晴でしたね。
こんばんわ。但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
う~ん、貴重な快晴の日を二日も文字彫刻に費やしてしまいました。

次はいつ晴れるんでしょうか??

dsc_0004

いつものように、正面文字の仕上げは、ひっくり返して彫っております。

dsc_0003

仕上がりの差がずいぶん違うんですよね。
時間がなくて、出来ない時もあるんですよ。
実は。。。
でも今回は、多少の余裕があって、
かなりしっかりと彫刻できました。

さて、後は建てるだけ。
でも、いつ建てれるんでしょうか。。。

追加彫刻について、多少の確認を。

誰かが亡くなったとき、お墓の戒名碑(副碑)に戒名とか俗名、亡くなった日などを
後から彫刻するのを【追加彫刻】と呼んでおります。

追加彫刻の工事をさせて頂く際にご注意いただく点を説明します。

dsc_0073

最初の【法名碑】は題字、表題、
それから一人目はお墓建てた時に彫刻してあった法名です。
今回、二人目の文字の【釈浄華】さんを彫刻させていただいたんです。

もう30年以上昔の彫刻なので、字体が違います。
一人目の文字を拓本を取って、書家の先生に送っているんですが、
全く同じ文字では書けません。
ので、この程度の書体の違いはご了承願っております。

① 文字の配置、バランス、大きさ等はできるだけ、揃えておりますが、
全く同じ文字は彫刻できない場合があります。
その点はご容赦頂いております。

どの程度の差かは、上の写真を参考にしていただいたらと思います。

② 文字彫刻のご依頼をいただいてから、
◇ お墓に実際に行って、お墓の位置の確認、拓本の作成をします。
◇ お墓に彫刻する文字(戒名、法名、俗名、亡くなった日、数え年齢等)を確認。
◇ それを、拓本と一緒に、書家の先生にFAXで送ります。
◇ 先生に原稿を作って頂き、郵送で送って頂きます。(約1週間くらい)
◇ その原稿のコピーを作成し、施主様に確認、間違いないならオッケーの確認。
◇ その後、お墓の現地、あるいは、その副碑を持ち帰って、工場にて彫刻。
◇ 現地彫なら、その日に完成。 持ち帰りなら、石の状態を確認して、乾燥させ、彫刻。
◇ 工場彫刻なら、後日、お墓に持って行って、完成。

とこの程度の工程があります。期間的には、10日前後の日数をお願いしております。
多忙な時期、冬季はさらに日数を必要とする場合もあります。

費用に関しましては、こちらをご覧ください。

→→追加彫彫刻の工事費用

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

値上げ、させて頂きます。よろしくお願いします。

現在、価格の見直しを実施しております。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
豊岡市内の各御寺院のお墓も建てます。
良ければ、ご相談下さい。

価格を上げるのは、非常に心苦しいのですが、
この価格では、はっきり言って、事業を継続し続けることが
難しいこともわかってきました。

いろいろな方にご相談した結果、
一部の価格の値上げをさせて頂くことにしました。

 

まず、「お墓の戒名(法名)追加彫刻」の価格を改正
させていただくことにしました。

現在、

戒名(法名)彫刻基本料金 1名様  40,000円(税別) 
させて頂いている工事を 45,000円(税別) とさせていただきます。

そして、

追加で彫刻する場合、
(一度の工事で2名様以上彫刻する場合、2名様以降の追加料金)を、
今まで、 10,000円(税別) にて彫刻していたものを
今後、15,000円(税別) にて彫刻させていただくこととしました。

なお、

この価格は、新規のお客様のみです。
おおきた石材店でお墓を建てさせていただいたお墓については
今まで通り 35,000円(税別) にて工事させていただきます。
追加料金に致しましては、新規のお客様と同様に
追加おひとりについて、 15,000円(税別) とさせていただきます。

※ 追記
2016年(平成28年)10月1日より、おおきた石材店の顧客様
(おおきた石材店にて墓石を建立された方)も値上げを実施させていただきます。
従来 35,000円(税別)から40,000円(税別)に価格改定させていただきます。
諸事情により、このように改定させていただきます。

よろしくお願いします。
なお、二人目の追加料金に関しては、お一人様につき、15,000円(税別)、従来通りと
させて頂きます。
(2016年10月1日、記)

 

なお、この価格改定は平成28年4月1日より実施とさせていただきます。

お墓に文字を彫刻「45000円」(税別)

振り袖姿の女性

もちろん、値段だけ上げて、中身は同じじゃあ、ダメなサービスになってしまいます。
ので、
工事内容も変えます。

○ 「納骨口周りの清掃作業」 を標準施工させていただきます。

 

なので、「文字彫刻作業」+「納骨口周りの清掃作業」で45,000円(税別)
だと考えていただければいいと思います。

 

 

追伸

実は最終的には、50,000円(税別)、追加料金15,000円(税別)で行きたいのですが、
いきなりこれだけの値上げはさすがに。。。と思ったので、
当分、この価格で行きたいと思っております。
内容的には、私自身の文字カット、彫刻、施工をやっておりますし、
外注は文字の揮毫のみ。
しかもその文字も手書きをお願いしています。
ので、どうしても価格が高くなってしまいます。
でも、お墓に文字を刻むという行為は、
安ければいい、
彫れればいい、
というものではないと思うのです。

お墓に文字を刻むというのは、ある意味、
お墓にその方の生きていた証を刻むと同義だと考えます。
なので、この部分はこだわっていきたいし、
どうしても価格が高くなってしまいますが、
その点はご理解いただければ、有難いと思っております。
よろしくお願いします。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」