Tag Archives: 骨壺

Q088~水はけの悪い墓地を持っている私はどうすれば?

もうすでに、水はけの悪いお墓を買ってしまったあなた。

では、お聞きします。

お墓はもう建てましたか?

まだ建ててないなら、
納骨スペースに水が入らないように
お墓工事をしてもらいましょう。

具体的には、丘カロートタイプのお墓を建てる。
そうでなくても、
納骨口に水が浸入しないように
お墓自体の高さを高めに設計してもらう。

この対処をすれば、大丈夫でしょう。
基礎コンクリートをしっかりすれば、
さほど水はけが悪くて、水が溜まるってことは
ないと思います。

そして、
「すでにお墓を建ててしまっています!!」
という方。

悩み3

まず、しなくてはならないことは
お墓の中に入っているお骨の確認です。
大変でしょうが、お墓の入り口を開けて、
安置されているお骨の骨壺を確認してみてください。

(※・・・納骨口をふさいでいる蓋の石は非常に重たいです。
自信がない、石が濡れている、という場合はご自分での作業は
諦めてください。けがをする可能性があります。
石材店にご依頼ください。)

その壺の中に水が入っていますか?
入っていませんか?
湿気ていますか?
乾燥してそうですか?

もし水が入っているようなら、
水を出してください。

その次にできることは
費用が掛かりますが、「お墓の改修」です。
お墓自体を高くして、
湿気、水が入らないようにします。

費用的にすぐには難しいなら、
「骨壺の交換」を検討してみてください。

おそらく白の塗りの骨壺だと思います。
内部に水が入ると、抜けません。
最近、素焼きの骨壺が作られています。
そちらに変更されますと、
水分が抜けやすくなるので、多少は改善されるのでは。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q045~お墓の中に骨壺が入りません。どうすれば?

二つの方法があります。

古いお墓の場合、よくあるんです。
最近の骨壺は大きくなってきていますし、
昔は壺から出して納骨する場合が多かったように
思えます。

方法の一つ目は、
骨壺から出して、納骨袋に入れ替えて
納骨する方法。

一番簡単です。
納骨袋さえ用意できれば
すぐに納骨できます。

納骨袋は安価な晒の袋が普通ですが、
亡くなった家族をできるだけ、しっかりと供養したい、
という場合、こういう納骨袋もあります。

ただ、どうしても壺ごと納骨したい、
という場合もありますよね。
そういう場合は
納骨口の広げる、という方法ですね。

加工して、納骨口を広げてしまおうという
方法です。

ただ時間と費用が掛かります。
すぐその場で完成とはいきません。

納骨できなくて、困ったという方が
ごくたまにいらっしゃいます。
納骨できるかどうか、確認が必要なのかもしれません。

事前確認もさせていただいております。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q035~必ず納骨しないといけませんか?

必ずしないといけない分けではないです。

お骨に納めたくない、という方、いらっしゃいます。
亡くなった人と別れたくない、
お墓に納めるには心の整理がつかない、
などの理由です。

法律的には問題ないです。
いつまでにお墓に納骨しないといけない、という決まりはないです。
通常、満中陰(四十九日)の法要に納骨が多いんですが、
百箇日、一周忌、三回忌などまで仏壇でお守りしている方もいらっしゃいます。
お墓がないんで、いつまでも仏壇に、という人もいます。

ただ、注意した方がいいのは
家に遺骨があるというのは不自然なので
出来れば死亡診断書か火葬証明書を一緒に保管すべきでしょう。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q034~納骨口が見つかりませんが?

どこかにないか、調べましょう。

関西型はここですが、

DSC_0018-301

関東型はこうなっています。

5527_350656021740541_1206468033_n

このように、お墓の手前の板石、「拝石」と呼びますが、
ここを外すと納骨口が出てきます。

 

1011772_475096299234249_746513551_n

納骨はこのように拝石を外して
納骨して、その後拝石を設置しなおします。

ただ、関西ではこのタイプの納骨は少ないですね。
逆に後ろとか、横とかに納骨口があることもあります。

IMG_20131105_100456858

このように横の見にくい部分に納骨口があることもあります。

 

横納骨①

この部分が納骨口です。
これなど、骨壺は絶対に入りませんね。
骨壺から出して納骨するタイプのお墓です。
ずいぶん古いお墓です。

納骨3

また、北陸とかその他の地域にある丘カロートタイプのお墓は
このように正面に入り口が付いています。
簡単に納骨できるようになっています。

また、古い個人墓、夫婦墓などは
納骨口がないお墓です。
納骨する必要が基本的にない墓ですね。
ただ、ご主人が亡くなってお墓を建てて、
その後、奥さんを納骨する場合、
後ろから穴をあけて納骨したり、
お墓を一旦仮撤去して、
奥さんを納骨してからまた立て直し、
などをしたりもありますが、
今のお墓で納骨口のないお墓はまずありません。
よく探してみてください。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q033~関西型の納骨の仕方はどうすればいいですか?

関西と関東では異なります。

関西の方法は、主として、正面の水鉢という石を移動させると
納骨する納骨口が見えます。
そこから納骨するシステムです。

関西型の納骨方法を写真でご説明します。

DSC_0006-301

まず、このように正面に石同士を当ててしまい欠けないように
毛布のようなものを用意します。
タオルでも何でもいいです。

DSC_0006-2-301

青い線で囲んだ部分が水鉢
(この写真は水鉢ではないですが、普通のお墓ならこれが水鉢です)
赤い線で囲んだ両側あるのが花立の石です。

 

DSC_0009-301

まず、両側の花立の石を移動します。
ステンレスの筒を抜いて、このように手前に倒すように
します。
(横の水鉢の石と接触しないよう、注意)

DSC_0010-301

こうして、わずかに離すと、あとは持ち上げるようにして、
持ち上げます。
(決して引きずらないようにご注意ください。
欠ける原因になります。)

DSC_0011-301

これくらい離すともう大丈夫ですね。
もう一つの花立の石もこの要領で移動させましょう。

DSC_0012-2-301

次に水鉢を手前に倒しますが、
赤丸同士を同じくらいの高さになるよう、
何か台の様なものを用意してください。
私は垂木を利用しましたが、木が一番いいですね。
鉄などは避けてください。

DSC_0012-301

このように、水鉢を倒したとき、
ちょうど台に当たるような位置にセットして、

DSC_0015-301

出来たら、ゆっくりと水鉢を手前に倒します。
このとき注意するのは、滑らせないこと。
滑らせると、欠ける原因になりますし、石から滑り落ちてケガをすることもあります。
特に石が濡れているときは危険です。十分注意してください。

 

DSC_0016-301

このように倒せたら、成功です。
この状態で納骨をして下さい。

 

DSC_0018-301

こちらが納骨口です。
出来るだけ奥の方にご遺骨を納めるのが
コツです。
出来たら、逆の手順で元に戻して下さい。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q029~お墓の引っ越しの時、お骨は?

当然、お骨も引越しします。

それで、お墓の引っ越し、お墓じまいの時は
骨壺も探し出さないといけません。
以前にも書きましたが、
最近のお墓は、墓石内に壺を安置できるような構造になっていて
骨壺はすぐに取り出せます。
問題は古いお墓。
これも説明しましたが、

(「Q023~遺骨って壺から出した方がいい?」

だいたいお墓の下に土葬として埋まっているんですが、
それを見つけることがなかなか大変なんです。
お墓の引っ越し、お墓じまいの時、これがなかなか難航しやすく、
費用を高くする要因の一つとなります。
なかなか見つからない時は、一日丸々遺骨探し、ということもあります。

そして、運よく土葬の遺骨が発見できたとして、
その遺骨はそのままではお墓に納めることはできません。
骨が巨大すぎる、物々しすぎる、などの理由です。

通常、その遺骨を斎場で焼骨にし直して、
お墓に納める、という流れです。
当然、手続きも必要です。
そのお墓がある役所にご相談ください。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q028~斎場で拾わなかったお骨はどうなるの?

施設内の供養塔に納骨されます

関東では全てのお骨を骨壺に納めます。
でも関西はすべての遺骨を壺に入れることは、
基本的に不可能です。
そのままでは。

ので、大事だと思われる焼骨のみ拾い、
それ以外のお骨は斎場内にある、
あるいはその近くにあって契約している供養塔に
納骨します。

もともと分骨なんですね。

なので、関西は分骨という方法には違和感がありません。
浄土真宗には基本的にお墓にお骨を納めて、
それ以外に一部を分骨して、京都の祖廟(供養施設)に
納骨する、というのがよく行われています。

逆に関東の全骨骨壺に納める地域では、分骨という方法には
違和感があるのかもしれません。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q027~お墓の中の骨壺が一杯になったら?

いくつか方法があります

普通、納骨スペースには4柱~8柱くらいの骨壺が入るんじゃないのか、と
思います。
それが一杯になることは、あまりないのかもしれませんが、
でもそれでも、いっぱいになることもあるかもしれません。

通常、その場合、古いご先祖様のご遺骨から
(上げ法事が済んだ場合が多いですが。。。)
壺から出して、その地面に遺骨を出していく。
家族内合祀、ですね。(一つ目の方法)

これは、ひとつ条件があって、
墓地内の納骨スペースがコンクリートではなく
土であることが望ましいですね。
土に還らないですから。

第二の方法。
これは墓地を作る時点で検討、施工しておかないといけないのですが、
納骨スペースを広めにとる。
例えば、関東のお墓などは骨壺が大きいこともありますが、
骨壺が一杯になったら、家庭内合祀をするために
納骨スペース内を分割して、一番下、底は家庭内合祀用の土。
その上に1段、2段仕切って、骨壺を安置できるように棚を用意。

そして、第三の方法。
墓地がある程度広いこと、費用を負担できること。
が条件ですが、
墓地内に「家族専用供養塔」を設置する。
良くあるのは、五輪塔を新規に施工。
そこに50年を過ぎて、上げ法事したご先祖様を
そちらの五輪塔に移し、壺から出して家庭内合祀する。
家墓と供養塔をお墓に建てる。
田舎ではよくある方法ですね。
浄土真宗以外では、できる方法です。

第四の方法。
お墓自体が広くなくて、供養塔が建てられない、場合。
お墓をリフォームして、納骨スペースを広げて、
沢山の骨壺を安置できるようにする。
けっこうな費用が掛かりますが、こうすると
いっぱいになる心配はない、のですね。

第五の方法。
それほどの費用が掛けられない場合。
分骨する、という方法。
大きめの骨壺から一部を取り出して、残りを別の場所に納骨してもらう。
その一部の遺骨のみ分骨用の小さめの骨壺に移し替えす。
この小さなサイズの骨壺ならかなり入ると思います。
残りのお骨はどこへ納骨してもらうか。
そのお寺に合祀堂(供養塔)があれば、そこに納めてもらう。
それがないなら、宗派の本山へ本山納骨。
ほとんどの宗派の本山が比較的安い費用で納骨を受け付けています。
そちらへ納骨してもらう。
さらに、関西なら大阪一心寺へ、という方法もあります。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q026~骨壺の中に水が。。。

いっぱい入っていることもあります。

理由ははっきりとはわかりません。
納骨スペースの内部の湿気、水分が骨壺の中に溜まることもあります。
水滴が壺のふたを通して、内部に溜まることもあります。
塗りの陶器である、白の骨壺なので、水分が一旦溜まったら、
逃げないことも考えられます。

仕事がら、しょっちゅう骨壺をあけたり、
取り出したりするんですが、
全く水分がない、乾燥しきった骨壺もありますし、
壺に溢れるくらい水が溜まっている壺も時々ですが、
見かけます。
時には、
普段、気づかないこともありますが、
大雨、台風などの際、水位が上がって、
納骨スペースに水が溜まってしますこともあります。

はっきりした原因はわかりませんが、
墓地によっていろいろだとしか、言えません。
どうしても、壺の中に水がたまるのが気になって仕方ない、
という場合は、素焼きの壺、という選択肢もあります。
中に水が溜まっても染み出して、抜ける、
ということですね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q024~遺骨は土に還すべきか、還さなくていいのか?

A.どちらかが正しい、はないと思います

昭和30年代、遅くとも昭和40年代初期までは、お墓の建て方が今とは大きく違いました。

人が亡くなると、
遺体は棺桶という入れ物に入れられ、
それを埋める場所にそれがすっぽり入る穴を掘りました。
深さは1.5メートルから2メートルくらいの深さ。
そこに棺桶ごと遺体を納め、その上に土を戻します。
そして、やや盛るように土を戻し、印をその上に置きます。
墓標の場合もありますが、小さな社の様な物の場合もあります。

それが数年過ぎると、棺桶とその中の遺体が次第に土に還り、
ほぼ遺骨を残すのみ、になると、体積が減って、
盛り上げた土がその分窪みます。
すると、俗に「棺が抜ける」と言って、そこにさらに土を戻して
その上に今より小さめのお墓を建てました。

地域によってはそこは印の石を載せておくだけで
お墓自体は別の場所に建てる、場合もありました。
(そういう葬送を両墓制といいます。)

とにかく、遺体を土葬(土に埋める)ことが
公衆衛生上、絶対不可欠だったので、
まず遺体を土の中深く埋める。
それが土に還ってお墓を建てる。
そのうち、遺骨も土に還る。
という流れでした。

なので、土に還る、土に還すということが
非常に重要視されたんだと思います。

しかし、今97%の日本人が火葬される時代です。
火葬して土に還す公衆衛生上の必要性もない。
火葬し、その一部(関西圏は)しか手元に残らない遺骨。
あえて、土葬時代の土に還すことを重視することは
必要かどうか。
喪主の考え方でどちらでもいいのでは、と思います。

補足ですが、焼骨は土の上に置いただけでは、ほとんど土に還りません。
土をその上にかぶせるか、穴を掘ってその中に焼骨を納めて土を戻す、ということをしないと
ほぼ土には還りません。あるいは、土に還るにかなりの時間を要します。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q023~遺骨って壺から出した方がいい?

墓地管理者の考えを聞いてください

壺から出して、納骨袋に入れ直して納骨する場合と、壺のまま納骨する場合があります。
関西は土に還す、ということをよく言われますが、
実際は、壺ごと納骨もかなりあります。
宗旨宗派だけではなく、お寺、または墓地管理者の考え次第ということが多いです。

確かに土に還したいと思って、壺から出して納骨したいと思っても
ご住職が壺ごと,とおっしゃったら壺ごと納骨となります。
どうして、お寺によって考え方が違うのかというと、

「お墓じまい」が増えていることと関係しているのかもしれません。

一度お墓を建てて、納骨したら、以前ならそれこそ、永代そこにお墓が建っている、
というのが当たり前でした。
しかし、最近はそれが当たり前ではなくなりました。
お墓じまい、お墓の引っ越しが頻繁に行われる今、
そのお墓がなくなり、その区画に新しいお墓を別の人が建てるとなったとき、
以前のお墓の土が残っていたのではあまりいい気分ではない、
というのも納得できます。
そレを防ぐためには、土壌の入れ替えということをする必要があります。
これにはかなり費用が掛かってきます。

そのことだけではない、とは思いますが、
壺から出して、土に還す、という納骨の仕方を避けたいという
心理が作用しているのかな、とも感じます。

とにかく、壺から出すか、出さないかは
墓地管理者に一度問い合わせた方がいいかもしれません。

次の記事も参考に。→→「Q024~遺骨は土に還すべきか、還さなくていいのか?」

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

納骨の仕方、関東と関西とその他

おはようございます。
今日は意外と知られていない、
納骨の仕方をご紹介します。

関西の方はあまりご存じでない
「関東型の納骨」から紹介いたします。

【関東型の納骨】

お墓の前にある板石。
拝石といいます。

これを取り外すと、穴が開いています。

5527_350656021740541_1206468033_n

このような穴が開いております。

そこへ、納骨します。
上の写真良く見たら棚になっていて、
そこに壺が置いてあります。
ここに納骨します。
そして、そこが一杯になったら
古い遺骨からその下が土になっていて、
そこに壺から遺骨を出して、埋葬して、
順次、「土に還って頂く」という
方式です。

a5d96244-s

関東はすべての焼骨を基本、骨壺に収まるので
このように巨大です。
その分、納骨スペースも大きくなっております。

1011772_475096299234249_746513551_n

このように、拝石の上に置いてある線香立をどかして、
拝石をはずして、その穴から、
が、関東型の基本ですので、
けっこう大変です。
重たいです。
素人の方はけがをされる可能性もあるので、
石材店にお任せするのが、いいのではないでしょうか。

1900155_596634240413787_891090474_n

こちらの写真もそうですね。
板石、つまり拝石が外されています。

【関西型の納骨】

一方、関西型の納骨は
下の写真のように、
真ん中にある水鉢を手前に倒すと、
納骨口が見えます。

 

DSC_0017

この中が納骨する会所、玄室となっています。
関東型に比べ、狭く、それほどたくさんのお骨が入りません。

DSC_0018

ですから、関西は壺も小さいです。
このように関東の半分以下。
全骨納骨するのではなく、
一部のお骨のみ、お墓に納めます。

-2

【丘カロートタイプのお墓】

このような丘カロートタイプのお墓は
下のところからの納骨となります。
このお墓は下の真ん中の仕切りを外すと
扉が観音開きとなっています。

DSCN4738

極まれに、上の矢印の部分から納骨するタイプのお墓もあります。
豊岡の寺院墓地によくある舞台型のお墓は実はほとんど
上の矢印の部分からの納骨です。

他にも、

古いお墓は蓋つきの納骨口のお墓も見かけます。

DSC_0036

このようなタイプですね。
この近辺では、古いお墓はこのタイプの
納骨口が多く見かけます。
作りが精巧で、
なくすのがもったいない、と思うこともあります。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q018~骨壺の大きさって地域で違うの?

A 地域によって違います。

主として、関西は小さく、関東は大きい。
それ以外の地域も大きかったり小さかったりします。

こちらは関西でよくある
4寸サイズです。
しかも最近のは
よりコンパクトになっていて、
高さ(背丈)も4寸(120ミリ)くらいです。

DSC_0074

すべてのお骨は入りません。
但馬だけでなく、関西の方は葬式のお骨ひろいに
行かれたことのある方は、ご存じだと思いますが、
斎場の係の人が、お骨の説明をされながら、
大事なお骨だけを拾います。
残りは、どこかへ持っていかれます。
最終的には頭蓋骨でふたをするような形で
仕舞われて、その上から蓋をされます。

一方、

関東の骨壺は大きいです。
この写真は実際にお墓に埋葬されていた
骨壺ですが、
直径が210ミリ、7寸くらいあります。
背丈はもう少しありますかね。
明らかに大きいですよね。

DSC_0075

アクエリアスで比較してみましよう。

関西の壺は
これくらい。

小さいでしょ。
いや、こちらの方はこれが普通なんです。
でも、関東の人にとっては

「ちいさ~~!!」

 

となるわけです。

DSC_0077

そして、

関東の骨壺は
こちら。

DSC_0079

「でかすぎじゃね!!」

と、思わず突っ込み入れたくなるほど、
大きく感じます。
でも、
これより大きいものもあります。

「ごちそうさん」で
杏ちゃんがつけていた
漬物の壺よりでかいものもあるんです。

どうしてか。

お骨をすべて入れるためですね。

どうしてこんなに大きいの、って
最初は私も思いましたが、
よく考えれば、このサイズでないと
すべては入らないです。

関西サイズの方が、
基準外なのかもしれませんね。
でも、
納骨するお墓の構造も当然
大きな骨壺サイズにしないといけませんね。

基礎コンクリートでのしっかりした
構造でないと、無理だと思います。

そのあたりが
関西は、基礎工事をあまり重視しないことと
関係しているのかもしれません。
(それだけではないですがね。)

目次ページに戻る

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」