Tag Archives: CS会議

DSC_0001

お客様の方を向いている業界へ

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

本日は、私が所属している「一般社団法人日本石材産業協会」の
「顧客満足推進委員会」という会議の本年度第一回の委員会。

石材業って、多くが「墓石」加工、施工、販売業者、及び関連業者なんですが、
とってもすき間産業なんですね。
「お墓」特化っていう感じで。

ですが、同じ終活関連業種でもある、「葬儀」「仏壇販売」業界と比べて、
消費生活センターへの相談件数がおよそ2倍もある業界なんです。

つまり、
「お客様」「エンドユーザー」と向き合ってない、
違う方向を向いている業界、だとも言えます。

お墓を建てたらもうおしまい、

という意識の石材店が多い、とも言えます。

それが、今ものすごい勢いで増えている、「お墓離れ」「お墓じまい」の
原因の一端でもある気がします。
その業界を少しでも変えていこう、
お客様の方を向いて商売する人が当たり前の業界に代わるきっかけとなろう、
という考えの元、始まった委員会です。

その委員会の副委員長をさせてもらっています。

その委員会で作成した、
「終活セミナーキット」というセミナーを通して、お客様に自分の考え、想いを伝えられる
ツールの説明会、勉強会が本日の午後から行います。

DSC_0001

たくさんの石材店さんに活用していただきたいツールですね。
勉強会の司会させていただきます。
頑張るぞ。

ちょっと寝不足ですが。
新幹線で寝ます。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
10689498_776365799116829_5707379782211866589_n

満席、ですって。。。!!

暑い日が続きますが、皆さんお加減いかがでしょうか?
熱中症などになっておられませんか?

私は怪しい状況となっております。
今日は朝から異常なほど汗が出ており、やや体調不良気味なので、
スローペースなお仕事となっております。
(お盆前なので、完全休養とはいきません。。。)

ところで、
先日ご案内した、こちらのセミナ―

10689498_776365799116829_5707379782211866589_n

【墓石の売れない時代にあなたは何を売りますか?~石屋離れに立ち向かうために~】

http://ohkita-sekizai.com/?p=18957

 

なんと、満席となったとご報告がありました。

こちらは、一般消費者向けではなく、日本各地の石材店、特に、家族経営など日本全国に1万社はあると言われる小さな石材店の
経営者へ向けた、これからやってくる石屋離れ、お墓離れにどう対処していくか、というお話です。
(→「もう来てるじゃないか」というご意見もありますが、それはまだまだ序の口だということです)

 

私自身、全く持って、この対象者なのですが、

 

新聞広告、タウンページ広告が全く効果がなくなった。
折り込み広告も以前から見たら、ほとんど反応がなくなってきた。
回りから言われて、ホームページを作ったけど、全く反応がない。問合せの電話すらない。
こういった声をよく聴きますが、

何かが大きく変わってしまった。


それは、誰でもよくわかっていると思います。
では、どう変わってしまったのか?
どうやって、やっていけばいいのか?

やり方は、それこそ、数えきれないほどあるのかもしれませんが、その一つの方法を今、しっかりと成果を出されている㈱ファイングの川上明広代表に
それこそ、しっかりと90分にわたってお話ししていただこうというセミナーです。

今、家族葬という業界に大きく重心を賭けていらっしゃる川上さんですが、元々石材業界、お墓を建てるお仕事をメインでされていらっしゃいました。
もちろん、今もしっかりとお墓のお仕事もされていらっしゃいますが、どちらの業界もよくわかっている川上さんならではの、これからの石材業界の進む方向を
お話していただけます。

と、この当たり、しっかりとランディングページのようにご説明しておりますが、実は、満席です。
もう、申し込んでも聞くことができません。。。残念ながら。。。

でも、もしかして、キャンセル待ちとかあるかも知れません。
(ないかもしれません。。。)

まあ、なくても、こちらのページで、詳細をご報告しますので、ご安心を。。。(^_^;)
でも、直接聞いた方がいいですよね。。。(^_^;)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0014

お墓がなくなってしまう時が来るかも。。。このままでは。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

お問い合わせは、こちらから。

 

水曜日は、大阪で会議でした。

DSC_0014

とある企画のネタ出しのための会議でした。

 

石材業界も他の業界と同様、非常な変動期を迎えつつあります。

今までの商売の仕方では、おそらく、この先無理だろうな、ということを強く感じております。

 

そして、他の業界と異なる事情として、

バブルの頃、(私は学生でしたが。。。)有り余る需要、つまりお墓を建てたい、建てなくてはならない、
そう言った人々に対して、

 

haka1

 

お墓を建てることをまるで、流れ作業であるかのように、

 

画一的に、

 

均一的に、

 

機械的に、

例外を出来るだけ、認めず、

 

施主様のご意向をあまり気にせず、

むしろ自分の意向を最大限優先して、

建てていた、そう言う時代があったらしいのです。

さて、そのしわ寄せが今、「石材店への不信感」という形で私たち石材店に戻ってきている、そう言う見方もできます。

お墓以外の供養の仕方がどんどん生み出され、

お墓を建てる人がどんどん減っていき、

「お墓なんて建てなくていい」。むしろ「建てるべきではない」というご意見をお持ちの人も増えてきているようです。

この傾向は都会、人口の多い地域の方が顕著で、その余波がまるで津波のように、田舎へ、地方へと波及していく。

これは、あらゆる流行がそうであるように、お墓の流行、お墓を建てないという流行が、徐々に日本全国にひろがりつつあります。

私たち、田舎の石材店はまだまだお墓を建てる機会を多く持っておりますが、そのうち、

「今年は、一基も新しいお墓を建てなかったな」という時代がすぐそこまで来ている気がします。

そんな時代が来たとき、私たち石材店はどうしていけばいいのか?

どうすればいいのか?

どうやったら、その波を乗り越えられるのか?

いや、むしろ職業を早めに代えるべきなのか?

その回答は、今、石材業界のいろいろなところから出てこようとしております。

その中で、私が所属する「一般社団法人日本石材産業協会 顧客満足推進委員会」では、一つの答えを導きだしました。

その答えを発表させていただける場を、頂くことが出来ました。

ときは平成29年8月23日。午後1時から。場所は東京、有明の東京国際展示場。俗に東京ビックサイトと呼ばれる場所です。

「エンディング産業展2017」という見本市の中で同時併催の「ジャパンストーンショー」の中のセミナーです。

タイトルは「墓石の売れない時代にあなたは何を売りますか?~石屋離れに立ち向かうために~」

セミナー講師は、委員会メンバーで、この企画を長い間温めてこられた岡山県の川上明広さん。

10689498_776365799116829_5707379782211866589_n

業界内で、ずっと以前から、この問題に警鐘を鳴らし続けてこられた、非常に先見の明をお持ちの方です。

もし、

もしですよ。

 

「石材店、やめようかな。。。」とか、

「石材店、息子に継がせるのは諦めるか」とか、

「私の体が動けなくなったら、もうお客様のお墓のメンテは、どこの石屋に頼んでおこうか」とか、

とにかく、将来に対する漠然とした不安を感じておられる石材店の親方が

いらっしゃったら、

少しだけ、時間を作って、東京有明までおいでになりませんか?

定員がございますから、何人でも聞けるわけではありませんが、先行きの不安をお感じの方は、ぜひお越しください。

お申し込みはお早めに。。。こちらからどうぞ。

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0830_000039_m

情報ってすごく大事ですね。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

a0830_000039_m

先日、会議が二つ重なって
大阪と西宮へ行ってきました。
業界のいろいろなことを聞く機会を
頂きました。

 

写真は全くないのですが、
色々な人と会って、
いろいろお話を聞くことが出来ました。

一番の収穫は、

「危機感を実感できたこと」

つね日頃、
今石材業界は変革期だと聞いていますし、
感じておりますが、
実感として、
リアルな話として、
感じることが出来ました。

そして、それに対する処方箋、
どうしていくのか、私の場合。
ということも何となく見えてきた気がします。

次回の顧客満足推進委員会に向けて
そのあたりをしっかりと考えていきたいと
考えております。

今一番私がアプローチしないといけない人たち。
今後やるべき、3つの目標。

そして、
個人ではなく、チームとして、
団体として、
業界として、
新しくやっていかなくてはならないこと。

ホームランは狙わない。
小さなことをたくさん積み重ねる。
新しいことを試みる。
ファン化する。
全体マップを作る。
アプローチできる仕組みを作る。

やるべきことはたくさんありますね。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」