Tag Archives: N家、I家お墓改修工事

DSC_0014

N家のお墓改修工事⑧~鉄金具は錆びます

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

晴天が続き、有難いです。
今日は二か所のコンクリート工事施工しました。
一カ所目はお彼岸明けからずっと続いてます、お墓改修工事。
隣同士のお墓2件分。

最初のI家の方がほぼ終わり、もう1件のN家の方に取り掛かります。
工事取り掛かってみて、色々不具合が出て来まして、
やはり追加工事が発生。
今回、急きょ、施主様とご相談して、この部分を補強のコンクリート施工。

DSC_0005

外柵の手前の部分、補強のコンクリートを施工することになりました。
DSC_0014

上は今回、施工したステンレスの金具。
で、
下の石。
よく見ると、金具らしきものが。。。
鉄なので、錆びついて、もうなんだかわからなくなっております。

DSC_0023

錆びついている鉄製の金具を取り外し、
ステンレス製の金具を新たに施工。

DSC_0026

一番下の石に鉄筋を差し筋して、

DSC_0031

なおかつ、真ん中の石も金具で固定。

可能な限りの補強をしまして、

 

DSC_0040

補強のためのコンクリート施工。

DSC_0058

 

DSC_0068

とりあえず、ここまでコンクリート施工。

その後は後ほど。

で、

2件目は

DSC_0044

型組、メッシュ筋した上に、

DSC_0078

コンクリート施工。
こちらは、延石のみの基礎コンクリートです。

現場も近く、量も少なかったので、2個所のコンクリート施工完了。

まだまだ続きます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0034

I家、N家のお墓改修工事⑦~基礎コンクリート

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

ホントに工事の進み具合が遅いなって、自分でも思いますが、
石は約100m、資材は約20~30mの小運搬をしているので、
何しろ運搬に時間がかかる。。。
しかも、
農繁期、畑に行かれる通路でもあるその道は、お墓工事だけで占有できません。
畑仕事されるご近所の方と分け合いつつの工事なので、
とっても時間がかかるんです。

ということで
連休前の最終日、基礎コンクリート施工。。。

DSC_0026

午後から雨予報なので、とりあえず、お墓が乗る部分だけでも施工を済ませたいところ…

DSC_0029

軽トラックで乗る量はここまで。
0.35㎥です。
二度に分けて運びます。

DSC_0034

いつ雨が降ってくるかわからない天候なので、いつ降りだしてもいいように
雨養生用の準備しつつ、施工していきます。

で、何とか施工済ませ。。。

DSC_0037

何とか、雨降りだす前に予定完了。。。
続きは、連休明けです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

I家、N家のお墓改修工事⑥~延石の設置

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

最近、お墓の周りに「ワカメ」に似たものが発生するというご連絡、多くいただいております。
みなさんのお墓は大丈夫でしょうかね。

 

 

お墓のリフォームの続きですが、
遅々として進んでおりませんが、延石の施工。

DSC_0007

このように、接着剤と奥に見える金具でダブル固定。
さらに、

DSC_0020

動く可能性のある延石には、石垣の裏に施工した、基礎コンクリートと
一体になるように、こちらにも固定金具。
これで、動くことはおそらくないでしょう。

延石が据え終わって、階段石を設置。
一段目。

DSC_0001

 

動かないように、金具で固定。

DSC_0021

三段の階段石も据え終わりました。
これに固定金具を設置すれば、玉垣下の延石は設置完了です。

滑り止め加工には、このような模様をさせて頂きました。
以前の切削の状態で、滑ることはない、ということでしたので、
この程度の滑り止めなら大丈夫かと。。。

磨いた面は非常に滑りやすいので、そのままではさすがにダメですから。

連休前になんとか、お墓の部分の基礎コンを終わらせたい。。。(^_^;)

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0095

N家、I家のお墓改修工事⑤~間知石の据直し

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

ずっと放置していたお墓リフォーム工事ですが、

DSC_0063

10日間くらい間を置いたので、コンクリートもしっかりと固まってくれました。

DSC_0082

取り外した間地石を元の状態に据直します。

DSC_0086

一部、予想どおり加工仕直ししなくてはいけなかったです。
なかなかそのまま据直って出来ませんね。
新しく建てるより、やっぱり時間がかかります。

が、なんとか設置することが出来ました。

で。翌日。

DSC_0095

石垣石が動かないように後ろにバックアップ用のコンクリートを設置。
これをすることで、硬くてしっかりした石垣石になります。
下は、しっかりしたコンクリートの基礎があるので、もう沈むこともありません。

そして、この上に、現在磨いている延石が乗ります。
その磨きの延石も手間取っておりますが、間もなく出来そうです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0063

N家、I家お墓改修工事(その4)基礎石(間地石)の取り外し

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

先週のお墓の仮撤去の続きです。
基礎となる石が約4センチも沈んでいました。
地盤が柔らかい土地ではあるんですが、
特にこの部分は柔らかいようです。

 

DSC_0040

コンクリートごと解体します。
「このまま少しだけ持ち上げればいいのではないの?」

question_head_boy

と、思いそうですが、そうはいきません。

① まだ下がる可能性がある。

もう下がらない、とは限りません。
まだ下がる可能性があります。
なので、
基礎コンクリートをしっかりと施工し直す必要があります。

DSC_0042

② 一体で固定しているわけではない

一部を上げても、それ以外が一緒に付いて上がらないのです。
下からしっかりと積みあげていくのが、こういう構造物の基本的な考えなのです。

で、基礎の石を順次外していくと、分かったことがあります。

DSC_0049

この基礎石の下は、鉄筋が入っていないようでした。
なので、
当然ですが、

DSC_0057

鉄筋を組んで、

DSC_0059

コンクリートを施工します。

DSC_0063

コンクリートを施工したので、しばらくこのまま強度が出るまで、工事は止まります。
また来週以降に。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0039

N家、I家お墓改修工事(その2)お骨の取り出し

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

DSC_0006

上にあったお墓と玉砂利等を全部、移動させていただきました。
で、お骨が少し出てきました。

DSC_0019-2

一番左の錆びた缶のようなものの中にご遺骨が。。。
右の二つは湯呑です。

DSC_0039
隣のN家の方からは、大きい骨壺と小さい骨壺が3つ。
合わせて4つの骨壺が出てきました。

持って帰って工事完了まで預からせて頂きます。

さて、これで工事がスタートしました。
長い工事となりそうです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0051

N家、I家墓地改修工事(その1)

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨年の9月からお待ちいただいていた大型改修工事。
やっと取り掛かることになりました。
遅くなってしまい、申し訳ありません。
2区画隣同士のお墓の改修ですが、通路が非常に狭い。
入り組んだ所にあるので、中まで入りにくい、
などの理由でかなり長期の工事になりそうです。

まずは片側のI家の区画のお墓の全ての石を隣のN家の区画へ移動します。

DSC_0011

この区画ですが、

DSC_0028

このように金具で止めてありますが、鉄製なので、かなり腐食が進んでおります。
コンクリートで固定してあれば、まだましなのですが。

DSC_0051

このように、ボロボロになってしまいます。

当時は鉄製の固定金具が普通でしたからね。
おおきた石材店で施工したお墓でも、このようになっているお墓があるかも
しれません。

現在は全て腐食しにくいステンレス製が基本になっています。

更に、
この写真のアンカーは部品の一部に鉛が使われています。
鉛は非常に柔らかいので、強度的に問題があります。

現に私が施工したこのタイプのアンカーを解体した時は非常に簡単に外れてしまいました。

現在はウェッジ式のアンカーボルトを使用しております。

DSC_0046

ちょっと前にご紹介したものです。
全ての部品がステンレス製です。
しかも、写真で見て頂いて分かるように、非常に分厚い平ワッシャー
(当然ステンレス製)が非常に強力にボルトと金具を固定して、外れません。

最初の仕事がこの錆びた金具の取り外しから始まりました。
頑張ります。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」