兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

Q104~お墓じまいした墓石②どこへ持っていく?

    
no image
\ この記事を共有 /
Q104~お墓じまいした墓石②どこへ持っていく?

さあ、ご自分で処分しようと決めました。
どうしますか。
クレーンなどの機械があればそのまま持ち出せますが、
それがないなら、まず手で運べるくらいの大きさまで細かくする必要があります。

叩いて割る?
なかなか大変ですが、それも可能です。

そのお墓の石、どう処分しますか。

海に捨てる?

山に捨てる?

お墓の石に限らず、「石」というものは
非常に微妙な存在で、
同じ石が見方によっては、産業廃棄物になったり、
有価物(価値あるもの)になったり、するわけです。
通常の一般廃棄物になる場合もあります。
これは、それぞれが処理の仕方が違うので、
十分注意してください。

もともとお墓の石だった場合、
お墓を閉じて、その石を廃棄する場合、
「産業廃棄物」となります。
その場合、廃棄物収集運搬業者に
よって中間処理業者、あるいは
最終処理業者に委託しなくてはいけません。
また、
その経緯をマニフェストとして、記録保存しなくてはいけません。

自分のお墓の処理の場合、運搬業者を介さず、
処理業者に持っていくことは可能ですが、
マニフェストは作らなくてはいけません。

細かくすれば、海に撒いていいやとか
細かい石だから、山に捨てておこうとかは
非合法となります。
ご注意を。

では処分はしたくない、お墓はなくなるけど、
でもご先祖様が建てたお墓は処分はしたくない、という人は
供養して、お祀りしてくれる施設、場所へ持っていく、という選択肢があります。

※ これは日本石材産業協会の示す指針をもとに私が判断した方法です。
  実際に工事する場合は、監督官庁(県産業廃棄物担当部署)の指導を仰いで下さい。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Copyright©おおきた石材店,2016All Rights Reserved.