Q312~田舎のお墓はどうして、お参りしにくいの?

 

田舎のお墓は、こういう高い場所に建っている場合が多いですね。

DSC_0013

こんな所や

DSC_0006-2

こんな階段の上や

 

DSC_0096

こんなに高い山の上とか、

 

DSC_0004-2

ときどき登るのが辛くなる場所です。

お墓に行くだけで、息が切れて、
汗だくとなるような場所。

どうして、こんなところに建てるのよ!!

プリント

そういう声、よく聞きます。

でも、これは理由があります。

お参りしにくいお墓。
このお墓の共通点。
お参りしにくいだけではなく、
「見晴らしがいいお墓」ということです。

昔は、
亡くなった家族は霊となって
生きている家族を見守ってくれていると考えていました。
なので、
自宅が良く眺められて、見晴らしのいい裏山の中腹などに
お墓を建てた、と考えられます。

まず、
亡くなった家族の都合を考えて、
お墓を建てていたんですね。

今は、お参りする人が
お参りしやすいお墓。
そういうお墓ばかりです。

お参りする人の都合を考えて、
お墓を建てています。

どちらがいい、
どちらが悪い、はありません。

でも、
お参りするのが大変な、山の上にある方は
「ご先祖様が、大変な思いをして、
すごい場所に建てたんだな」って
思ってもらったら、間違いないと思います。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。