Author Archives: ohkita

こだわりのお墓と

墓域は小さいけど、たくさん納骨できるお墓、完成しました

雷の音で目が覚めた、久々の朝です。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

IMG_20210803_071326

IMG_20210617_065421
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

一件、お墓の工事が終わり、一息ついた時に、雨。。。ほんとに今年は天候に恵まれています。
熱中症にもギリギリならないし、、、

天候の神様には感謝しかありません。
というわけで、

IMG_20210709_083821

少し前に、「びっくり顔」の基礎工事をしたお墓。かなり間が空いてしまったんですが、その後の工事しました。

 

IMG_20210729_104052

細かい砕石を入れて、またもや金具を大量に設置。この部分全体が納骨スペースとなります。

お墓のほぼ全域が納骨できるイメージでとても広く、たくさんのお骨を納骨できます。しかも、その納骨スペース自体がお墓本体を支える土台となるのです。ですから、この部分はお墓の構造としても極めて重要だと言えます。

ですから、金具の数多すぎない? と思われるかもしれませんが、決して多すぎるとは思いません。この程度は当然だと思っています。

 

IMG_20210729_105511

天場石(天蓋石)を設置します。正面側は敢えて、金具で止めていません。
溝の部分で嵌め込みになっていますし、それを接着剤でしっかり固定。

金具は最後まで設置するかどうか悩んだんですが。。。
やめました。

 

IMG_20210729_115756

天端石(天蓋石)を設置して、あとは、旧墓地から持ち帰ったお墓の石を設置するだけ。

しかし、ほんとにギリギリのサイズ。。。冷や汗ものでしたよ。。。(^-^;(^-^;(^-^;

 

IMG_20210729_140223

設置には、「礎(いしずえ)」ツールを使いました。おおきた石材店では「地震に強い施工」をさせていただいておりますが、(一部例外あり)その際、墓石免震ツールの「礎(いしずえ)」を利用させていただいて、施工させていただいております。

 

IMG_20210729_140312 (1)

お墓の佛石が安置できました。

IMG_20210730_110849

この横に副碑(戒名碑)を設置しました。よく見ていただいたらわかるんですが、このO家はご先祖様が多くいらっしゃって、副碑(戒名碑)は表と裏、両方に戒名が刻まれています。で、一番最近亡くなられた方は裏面に彫られているんですね。なので、敢えて「裏面」を内側(お墓側)に設置させていただきました。

 

IMG_20210730_110856

完成です。このバランスだと納骨口がかなり端に寄ってしまうので、通常の納骨口ではなく、舞台部分の下に納骨口を設けました。これでお墓のど真ん中に、広く納骨することができます。大雨で中に水が入らないか? という心配もあるかもしれませんが、その心配は無用です。

お性根入れが終われば、納骨口の周りをシールで密封させていただきますので、まず入りません。

残念ながら、墓地内に雨水が入らないお墓の構造「信頼棺®」ではありませんので、天端石(天蓋石)は二つの石で組み合わせております。納骨口も「信頼棺」構造の納骨口ではありませんので、絶対に雨水が入らないとは言い切れませんが、まあ大丈夫でしょう。

 

いやいや、豊岡は雨が多いし、水災害は定期的に起こるので、できれば絶対に雨水が浸入しない構造のお墓で作ってほしい。。。と言われるあなた。
ぜひ、雨水が浸入しない、害虫が巣を作らないお墓「信頼棺®」をお勧めします。

北近畿で唯一の雨漏りしない構造のお墓「信頼棺®」の正規代理店、おおきた石材店です。
新しいお墓は当然ですが、古いお墓もリフォーム工事にて、信頼棺構造のお墓に蘇らせることできますよ。

豊岡市を中心に、北近畿に徐々に増え続けている「信頼棺®」の雨漏りしないお墓。お墓新築、リフォーム、引っ越しの時は一度ご検討ください。

お問い合わせは以下の方法で。。。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

お墓リフォームは満足感高い

【防草】【傾き直し】U家のお墓リフォーム完成

片道1時間かかるお墓のリフォーム工事。
何度も何度も通っているうちに、「1時間6分かかるよ」とGoogleさんがおっしゃられる道のりの最短道路を発見し、
ついに「50分」で到着することに成功した、兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。
(意外と最短ルートを発見するのも得意です)

IMG_20210617_065421
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

遂に完成しました。最短ルートを発見したとはいえ、やっぱり往復2時間弱かかってしまうので、作業時間が大きく削られて、思い通りにはかどりません。
ホントに完成するんだろうか、という不安の中、やっぱり地道な努力が報われて、ついに完成しました。

最初はかなり草も生えていたお墓が。。。

IMG_20210428_100853-2
(ビフォー)

 

お墓内部の草はほとんど生えてこない状態になりました。

IMG_20210727_120149-1

(アフター)

 

副碑がずいぶん傾いているな、と思ったらお墓本体も意外と逆に傾いていたお墓も。。。

IMG_20210428_100902-2-3

(ビフォー)

 

まっすぐに治りました。また、基礎もしっかりとしたものにしたので、傾くことはないですね。

IMG_20210726_121108-2

(アフター)

 

IMG_20210428_100853-2-3

IMG_20210428_100845-3

右に、左にと今にも倒れそうなほど傾いていた灯ろうも。。。

 

IMG_20210727_120125

まっすぐに直立する二つの灯ろう、となりました。

 

お墓の部分は「ガンコマサ」(固まる土)の上に細かい砕石を入れました。

IMG_20210726_121129

 

お地蔵様が1基、お墓の正面にあったものを、左横のお地蔵さまと並べるイメージで移転。

IMG_20210726_121218 (1)

見た目もすっきり、草も生えにくく、植栽も最低限、必要な部分は残す方向でリフォーム完成です。

IMG_20210727_115634-2

正面は非常に高い石垣になっているので、その傍まで来ないように、多少の植栽は残しました。
足元隠しと安全のためです。本来なら手すりを付けねばならない程度の高さです。

 

IMG_20210726_121157 (1)

塔婆立てもしっかりと固定しました。外柵の石に埋め込む形です。

ずいぶん苦労したお墓のリフォーム工事でしたが、かなりすっきりと立派になったと思います。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

夏のコンクリート工事は

夏のコンクリート工事に大事なこと 「速さ」と「養生」

おはようございます。オリンピックも開幕して、夏も本番が来て、いよいよという感じですね。
石屋さんもこの時期が一番の正念場です。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20210617_065421
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

先日、準備したお墓の場所にコンクリートを施工します。

IMG_20210721_082900

準備万端。カラ練といって、あと少し水を加えれば、という状態で生コンをもらってきて、現場で水を加えて、生コンを作って、施工いたします。
その準備です。テントがあると暑さがずいぶん違います。

 

IMG_20210721_082822

そして、周囲のお墓に生コンが掛からないように、養生します。生コンはけっこうはねて周囲に飛び跳ねますから。

 

IMG_20210721_151444

施工できました。量は0.7㎥です。

強度は24で配合してもらっています。現場で水を加えているので、その通りにはなっていないかもしれないですが。。。
あと、あまりにも暑いので、シートで養生しながら施工したのですが、2回に分けて施工した際、前半と後半の間に微妙に段差ができてしまいました。

あっという間に乾燥してしまい、そのままにしているとひび割れ、施工不良となるので、全面的に大量の水をかけて、その上から。。。

IMG_20210721_150111

ブルーシートで水分が急速に乾燥しないように、養生します。これでとりあえず施工完了です。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

豊岡東霊苑情報1

【豊岡市営東霊苑】他の墓地とはちがいます。いろいろと

梅雨、開けたの? いつ?
と思いつつ、かなり暑さに参ってます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20210617_065421
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

今、豊岡東霊苑のお墓の基礎工事をしています。
かなり厳しい暑さで、コンクリート工事にも厳しい気候です。

IMG_20210719_101602

この区画にお墓を建てます。

まずは、基礎コンクリートといって、お墓全体を支えるコンクリートの板を作ります。

その板のコンクリートが入るだけ、地面を掘りますね。

IMG_20210719_124941

機械で掘り進みます。この地面を掘る機械は一般に「重機」と呼びます。重たいから? 工事に使う機械一般の総称ですね。

お墓に使う機械は大体、小さめな重機なんですが、それを重機と呼んでいいのか? 時々疑問ですが。。。

 

IMG_20210719_143203

まずは掘削。この墓地は地盤改良と言って、あまり地盤が良くなかった(もともと)ので、硬い地盤に改良してあります。ですから、とても固く、重機でもこの深さまでしか掘れません。スコップとか「つるはし」などでは全く掘削できません。

(。。。内緒ですが、隣のお墓とか、後ろのお墓とかは基礎コンクリートは施工されてないようです。)

 

2221

更に、地面を転圧、と言って踏み固める作業をこの機械でしますが、ほとんど意味をなしていません。硬いから。でも、いつもするので、とりあえずしないといけないかな、と思ったので。。。(やっても全く変わらない)

 

 

IMG_20210720_132404

踏み固めた状態。手前がコマかい砂利が入っていますが、これは高さ調整のため。手前が低かったので、少し入れました。開いていた向かって右側に型枠と言って、コンクリートを形作る板を設置して、完成。ここにコンクリートが入って、一枚の板となります。

 

IMG_20210720_140939

でも、ただの板では割れる可能性があります。ですから、コンクリートの骨にあたる鉄筋をまずは作ります。このようにコンクリートの内部にこの鉄筋が入り込んで固まると、人間の骨(骨格)の役割をして、コンクリートの板自体を強固にしてくれます。これを入れると非常に割れにくく、強固になります。

しかも微妙に浮かせています。石を下に敷いて(挟んで)鉄筋の下にスペースを作っています。

鉄筋が下に落ちていると、コンクリートの一番下になって、コンクリートの内部に入らない、ということになります。時々そういうお墓の基礎見ますが、それでは骨格にはならないんです。だって人間でも、表面に骨が見えている状態って、「ケガしてる」状態でしょ? 骨の周りを筋肉、脂肪、皮膚等で包まれている状態が正しい状態です。

鉄筋も同じで、全体的にコンクリートに包まれて、その内部に完全に収まっている状態が正常。はみ出していると(鉄筋が外に見える状態だと)ケガしている状態、つまり施工不良となるのです。鉄って空気に触れると錆びてボロボロになりますからね。

で、この後、コンクリートの流し込みます。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

基礎工事の出来でお墓は変わる

丘カロートタイプのお墓はここが大事です

そろそろ梅雨が明けてもらわないと、工事が全く進まないな。。。
微妙に焦る7月前半を繰り返している兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

それにしても1週間。長かったな。

IMG_20210617_065421>
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

IMG_20210625_102305

昨日の続きです。
驚いた表情、【驚き1型】と名付けた基礎コンクリートですが、早速根石と言って、基礎コンクリートの上に設置する石を設置します。
通常のお墓なら、「芝台」と呼ぶ部分ではありますが、この「丘カロート」タイプのお墓は、普通のお墓とは少し構造が違うので、施工方法も微妙に違います。

IMG_20210709_083821

いきなり施工してみたんですが、途中、土砂降りのゲリラ豪雨にあってしまい、この施工した部分は濡らすまいと頑張ったおかげで、自分は土砂濡れ。
もう少しで「夏風邪」を引くところでした。やばい。。。

で、ますます「驚き顔」に見えてきたんですが、これ、動画でとってみました。
「丘カロート」型墓石のポイント、特にお墓をよく知らない人にとっては全然わからないのですが、ほんとに大事です。

https://youtu.be/hdtY4aOolgg

丘カロート型のお墓はお勧めなのですが、構造に問題があります。中が空洞となります。ですから、いかにしっかりとした構造にするかが問題となります。

現在の施工の仕方は万全だとは思いませんが、今現在考えられる一番の施工をしています。
ただ、もう少し改良の余地はあるとは思っています。

 

 

丘カロートタイプのお墓を建てようとお考えの方、一度お話を聞いてください。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

寺院墓地の基礎

【お墓の引っ越し】O家の基礎工事

一週間も雨続きでやっと来週から梅雨明けか!! というタイミングです。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

 

IMG_20210617_065421>
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

3件、同時進行でお墓工事しております。そのうちの1件。
お墓の引っ越し作業をする「O家」のお墓。

市内の大きめの寺院墓地に引っ越しするんですが、面積が寺院墓地なので、狭いので楽勝だ!! と思いきや。。。

IMG_20210624_134657

下に、古いお墓の基礎石が埋まっていました。とほほ。。。

とりあえず取りやすい石からはずしていったんですが、写真手前と奥(左奥)の石がどうしても外れず。。。

両隣と後ろのお墓の石と押し合い圧し合いしていて、抜けないのです。

仕方ないので、何か所かで石を割って、無理やり外しました。

 

 

古い基礎石の上に据えればいいのでは? 

確かにそちらが簡単ですね。でも、石の上に石が乗っているだけになってしまいます。その石が沈んだら、上のお墓も沈んでしまいますし、地震等の強い力で押されたら、前に出て来たり、左右や後ろのお墓を押し出したりしてしまいます。それに古いコンクリート、モルタルは石よりもずっと早く劣化しますので、古いコンクリートがウィークポイントになってしまうんです。
石同士は強力な接着剤等がありますが、前提条件として、石同士の間に ①埃や汚れが完全に除去されていること ②しっかりと平面同士で密着できること の2点が必須です。今回の埋まっていた根石はその2つの条件をどちらもクリアできていません。しかもどの程度の強度、耐久性があるかも確認できません。なので、除去する判断をしました。
お墓工事の際、お墓を移動したら、新しくお墓を設置するときは、必ず新しいコンクリートを施工するのが基本です。何か不要なモノ(石とか古いコンクリートとか)があったら、撤去し、まっさらの状態で砕石を入れ、転圧し、鉄筋を組んで、新鮮なコンクリートで固めるというのが、お墓工事の基本だと思っています。

IMG_20210617_065421

 

 

IMG_20210624_141400

やっと解体できました。
で、気づいたんですが、この高さが昔の地面だったんですね。嵩上げして、地盤が高くなっていたんです。

だから下回りの石が残っていたんですね。(以前の古いお墓の解体の時、解体した人が残していったんですね。多分)

 

そこに、基礎コンクリートを施工します。

IMG_20210625_081046

鉄筋は13ミリという太めの鉄筋を使います。1本、足りません。。。計算違いで。。。

IMG_20210625_081046-2

この赤い線の部分、鉄筋が足りてないですね。でもしっかり組みましたよ。

IMG_20210625_090332

分かりにくいかもしれませんが。。。組んでます。(肝心な写真を撮り忘れた。。。)

IMG_20210625_090332-2

見えるでしょ?? 鉄筋が。。。(あ、危なかった。。。汗)

というような、アクシデントもありながら。。。(だれの責任だ。。。)新しいお墓の基礎コンクリート施工できました。

IMG_20210625_092541

今回のお墓は、敷地いっぱいにお墓の石が乗る、「寺院型舞台付き墓石」です。ですから、基礎コンクリートも多少厚めの150ミリ以上を施工しました。

寺院墓地の基礎工事は気を付けて

普通のお墓(豊岡近辺)はある程度広い面積に基礎コンクリートを施工し、その一部に重たいお墓が乗る、という構造です。つまり、基礎が広く、上のお墓はその一部なので、三角形のような安定した構造です(下が広がっていて上に行くほど狭い)。でもこの寺院墓地は少し違います。この狭い面積に非常に重たい重量物のお墓が目いっぱい乗ります。お墓の面積と基礎コンクリートの面積が1:1なのです。正方形の形。しかも重心が上にあります。カロート(納骨スペース)が広めにとってあるので、中は空洞、その上に重たいお墓の石が乗ります。ですから、お墓の重み全体が掛かる基礎コンクリートはできるだけオーバークオリティで製作したいというのが私の考えです。

お墓の重量を10年20年と支持し続けなくてはならない基礎です。ここは何といっても、妥協が許されない部分ではないかと思いますよ。

IMG_20210617_065421

IMG_20210625_102305

ボイド管(段ボールの筒)を抜いて、完成。

なんだか驚いた顔に見えるな。。。

IMG_20210625_101802

基礎工事は完成。思ったより手間取って、大変でした。梅雨の長雨前に施工したので、でも強度も十分になっているはずです。
お墓の移転、引っ越しは得意です。
もし、あなたが今お考えなら、一度ご相談させてください。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

お墓の移動距離が

U家のお墓のリフォーム①~移動時間が半端ない。。。

おはようございます。
梅雨と言いながら、あまり雨が降らず、お墓工事がはかどりつつある兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

 

IMG_20210617_065421>
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

片道1時間かけて、お墓のリフォーム工事に通っています。往復2時間。ギリギリですよね。
作業時間が実質2時間削られる。
しかも、1日2時間の往復のガソリン代も馬鹿にならない。。。

どうしても遠距離の工事はコストがかかります。おおきた石材店でも少なくとも1割増しにはなります。それでもご依頼いただけるお客さまには感謝しかありません。

というわけで、

IMG_20210621_102930

こちらのお墓。写真見ただけでもわかると思いますが、ずいぶん傾いております。

IMG_20210621_102911

解体して、全面リフォームです。

建墓後ずいぶん経っているので、当時は基礎工事なんてあまりしてなかったかもしれませんが、今回はベタ基礎(お墓全体を一枚の基礎コンクリート)で傾きにくくします。

IMG_20210622_120019

ちょうど副碑(戒名碑)の後ろ部分。ずいぶん柔らかいなと思って、鉄のバールを押し込んでみると。。。

 

 

ほぼ全部入ってしまいました。どうやら土葬の跡のようです。でもどうして落ちなかったのでしょうかね。

※ 土葬された場所は空洞となり、通常、その空洞を埋めてしまい、お墓を建てるのですが、そのまま空洞の状態で放置されていた可能性があります。

そこを埋め戻して、しっかりと転圧をかけて、整地しました。

 

IMG_20210622_144652

石の部分をすべて仮撤去。代々墓の基礎だけ、ブロックで作られていました。でも、ブロックのみでは絶対に傾くのです。ブロックは後ほど撤去。

 

IMG_20210623_155947

まずは外柵(外枠の石)の基礎コンクリートを作ります。必要な高さまで掘り下げます。砕石を入れて転圧。13ミリの鉄筋を組みます。

※ 写真は一部、まだ鉄筋が足りない部分がありますが、すべて組みました。

 

IMG_20210624_104433

コンクリートを流し込みます。

 

IMG_20210628_090904

コンクリートが固まったら、外柵の石を据え直します。

 

 

IMG_20210629_101057

外柵の石を施工出来たら、固定金具を設置。一つの石に対して、3か所で固定してます。で、代々墓の基礎替わりに設置されていたブロックを撤去。中を整地して、転圧します。

豊岡と違い、かなり高い場所にある墓地なので、天候が山に近い。。。午後は必ず黒い雲が流れ込んできて、雨が降り出します。それでなくても作業時間が短いのに。。。かなり過酷な環境ですね。。。

 

 

IMG_20210630_105711

外柵石の内部もコンクリートを流し込みます。お墓の基礎代わりともなります。量も前回の3倍以上。。。ちときつい。。。

 

IMG_20210630_113125

生コン工場でカラ練の生コンを分けてもらって、現場で練り直すのがおおきた石材店のスタイルですが、生コン工場まで片道30分以上。。。2往復なので、合計2時間。とてもすぐにはできません。厳しいな。。。

この日は作業時間はおそらく1時間少々。。。に対して、移動時間は4時間もかかった計算です。

 

DSC_0328

写真撮り忘れた!!!  完成写真。

とりあえず全面、コンクリートを流し込めました。雨との競争でもあるので、写真撮る余裕がなかった。。。

全行程の半分くらいはできたかな。。。
お墓のリフォーム、承ります。

ご興味ある方は下のフォームより。。。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

手元供養の仏具 ECHO

手元供養の決定版かも。「ECHO(エコー)」

おはようございます。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

梅雨ですが、青天が比較的続いて、お墓建て日和(ひより)が続いています。ありがたいな。。。

IMG_20210617_065421>
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

先日、展示会に伺って、すごい素敵なものを紹介いただきました。

一目見て、一目ぼれ。早速注文して、届きました。

IMG_20210620_090628

あまりにも嬉しかったので、動画をアップしました。こちらから。

https://youtu.be/vfOiVdzRpXs

 

5分弱です。。

 

どういうモノかという部分がわかりづらいかもしれないので、もう一度説明しますと、

 

「大切な家族が亡くなった」時、通常なら、四十九日法要が終わると、お墓に収めるという流れになるのですが、

「どうしても、一緒にいたい」

「まだお墓に収める気にならない」

「お墓に安置させてあげたいけど、まだお墓が完成してない」

「お墓を持っていないので、どこに収めたらいいのか、わからない」

 

そういった場合、多いのが、ご自宅に安置しておくという方法。その場合、有り合わせのものでお供えすることが多いのですが、せめて少しでもいいものを、ということでこれです。ご自宅にご遺骨がある間のお供え。あるいは、分骨して、一部を手元供養として、自宅に持っていたいという場合でも、お使いいただけます。

全て、富山県高岡市という金属加工では、有名な場所で手作りで制作されています。

株式会社「ハシモト清」という仏具メーカーが制作しています。   https://www.hashimoto-sei.com/

一つ一つが丁寧に、精魂込めて作られています。

特に、「ECHO(エコー)」というおりん。すごくよくできていて、すっかり気に入りました。

 

よくできていると思いませんか? 通常ならおりんは叩く棒が必要なのですが、こちらはそれが必要ないです。しかも下に置いても音色が消えない優れもの。

どういう構造になっているか気になった方は、一度見に来てください。

 

価格はお問合せ下さい。(こちらから

 

今までこういった商品はたくさん見てきたけど、これほど素敵なものは初めてかも。

IMG_20210620_090611 (1)

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

O家のお墓移転工事①

【お墓引っ越し】O家の工事始まる

おはようございます。
お墓の移転。引っ越しの工事が始まります。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

 

IMG_20210617_065421
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

お墓の移転工事を始めます。山際に建っているお墓なんですが、お参りが多少不便ということで、寺院墓地へ引っ越しさせていただくことになりました。

IMG_20210501_103003

豊岡市では標準的なサイズのお墓です。
ただ、戒名碑(副碑)にはかなり多くのご先祖様が彫刻されています。実はこの裏にもかなりの方の戒名が。。。このお墓を引っ越しします。

IMG_20210501_103005

引っ越し先は寺院墓地。かなりコンパクトなお墓となるので、実際に引っ越しできる石はさほど多くはありません。石の引っ越しではなく、お墓の引っ越しとは実際にはそのお墓に埋蔵されている「お骨」を引っ越しすることです。

 

IMG_20210501_102955

丸い灯ろう、後ろのブロック塀、境界の延石、コンクリート通路も取り外して、処分しないといけません。

 

IMG_20210617_122604

お墓の石、墓石は素早く取り外し、回収できましたが、ブロック塀、外柵、コンクリート通路がなかなか手間がかかりそうです。。。

 

IMG_20210618_165009

予想通り、一日では完了できず、2日かかりましが、ほぼすべて撤去完了。

 

IMG_20210618_165012

草が生えてくれば、お墓があった痕跡もほぼ分からなくなります。

さて、今回のお墓の引っ越し工事ですが、一番の難所だと思っていた墓地の撤去と再利用する墓石、使わないお墓の石等の回収が終わりました。一安心。ただ、工事はこれからです。

 
私に20分のお時間をください。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談
 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

決定版 ファイバーレジンのメリット、デメリット

【決定版】樹脂舗装(ファイバーレジン)のメリット、デメリット

おはようございます。

先週の納骨の蓋のシールを施工。頑張っていいのができた、と思ったら、車のフロントガラスに鳥のフンを落とされて。。。とても運のいい、兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

 

IMG_20210530_082355

よくわからない人のために。。。

IMG_20210530_082355-2

まあ、どうでもいいのですが。。。

 

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

本日は「樹脂舗装」のメリット、デメリットを詳しくお伝えします。かなり突っ込んだ内容となっています。基本、私はお墓に「樹脂舗装」をお勧めしません。何度も言っておりますが、重ねてそのあたりを詳しく説明します。

樹脂舗装とは?

樹脂舗装とは、樹脂のバインダー(半液体状の固まる前の状態のもの)というものに、砕石とか細かい石を混ぜて、固める舗装工法です。お墓に使われることが最近増えてきていますが、いろいろな問題があります。それではまずはメリット(良い点)から。

樹脂舗装の良い点

仕上がりが美しい

樹脂舗装、私はファイバーレジンというものを利用していますが、この製品の良い点をお伝えすると。。。

i-img1139x1200-15498887347sfxok481878

非常に多くの色があり、鮮やかな色をしていて、魅力的です。自分の好みに合わせて施工することができます。また、樹脂舗装の特徴として、濡れ色に近い鮮やかな仕上がりになってその石の独特の色目を強調するので、余計魅力的でもあるのです。

images (1)

私が施工したことがあるのは、この大磯という石の「1分」という一番小さなサイズ。(※ 1分というのは約3ミリ程度のサイズのこと)あるいは「2分」という少し大きめのサイズ(写真は2分です)。

 

 

images (3)

グレー色に近いもの。これも美しいですが、ギリギリ和型のお墓に合わせられる色です。

 

 

images (2)

ピンク系のもの。

 

赤色はサンプルとして、工場前に施工しました。

IMG_20210601_073324

現在、10年以上は経過して、ずいぶん落ち着いた色になっていますが、赤色の砕石です。

 

逆に言えば、完成時がもっとも美しく、その後、経年劣化してだんだん鮮やかさが落ちます。

がしかし、それが逆に曲者でもあるのです。新規のお墓に施工する場合でも、あまり鮮やかな砕石を利用すると、そっちが目立って、逆にお墓が目立たない、という逆転現象も起きます。ましてやある程度経過したお墓のリフォームの場合、地味な色の採石を強くお勧めします。那智石、大磯、浜那智といったグレー系の石を使ってください。特に「赤色」「ピンク色」というのはお墓にはよほど特別な場合を除き、お勧めできません。その砕石ばかり目立ってしまって、お墓が完全な脇役となってしまいます。

 

樹脂舗装の悪い点

 

実はいくつもあるんです。わかる範囲でお伝えしますと。。。

① 経年劣化によって退色する

完成時は素晴らしく美しい、というのはお伝えしましたが、施工完了時がもっとも美しく、時間とともに光沢がなくなっていきます。この光沢が無くなるタイミングにばらつきがあるのです。製品によっても、施工方法によってもそのタイミングが異なります。

製品による差ですが、他社の製品は存じ上げませんが、私が利用させていただいている「ファイバーレジン」という製品ですが、「ファイバー=繊維」 「レジン=樹脂」という二つの言葉をくっつけてあるのですが、通常レジン(樹脂)という言葉はよく商品名にも使われています。でも、ファイバー(繊維)という言葉は他社の製品には使われていません。樹脂が繊維状に固まり、樹脂が液だれと言って、砕石の下にどんどん沈み込んで、表面の樹脂層が薄くなる(→光沢が抜けるのが早くなる)のを防いでいるようです。また、樹脂層があるので、樹脂自体が劣化しずらいという特性もあるそうです。

また、製品によると、樹脂が黄色く変色するものがあるようですが、ファイバーレジンは今まで黄色くなったことがありません。施工不良で泡立ったようにはなりますが、それも施工が熟練してくると防ぐことができます。

他の施工されたものは、早いもので1年前後で光沢が無くなり(つまり表面の樹脂がなくなってしまった)状態になるものもあります。通常、3年から5年程度で表面の樹脂が落ちてしまい、光沢が失われ、通常の砕石になります。その後、更に経年経過すると、樹脂が全くなくなり、剥離、というか砕石がボロボロ外れてきます。こうなると、再施工が必要となります。

おおきた石材店が使っているファイバーレジンは工場前に施工しているんですが、5年くらいすると、徐々に光沢が落ちて来出します。赤い砕石を施工したのはもう10年以上昔になりますが、光沢はさすがに落ちましたが、まだまだしっかりしています。

IMG_20210601_073335

上の写真は2021年6月1日に撮影したものです。工場前に設置したものですが、直射日光がバリバリにあたり、冬は雪の下に埋まるという厳しい環境下にある場所に施工しました。上の赤色は施工後10年以上経過しています。ずいぶん退色していますが、表面はまだしっかりしております。下の白っぽい砕石と右下の濃いグレー系のやつは5年以上経過したものです。どちらも光沢は徐々に落ちつつありますが、まだ残っています。

でいずれも、光沢は落ちて来つつありますが、表面の砕石が剥がれる状態ではありません。私が思うに、このファイバーレジンは耐久性は非常に優れているので、この程度で済んでいますが、他の樹脂ならもっと早く劣化しているのでは? と思います。

 

② 草が生える

防草、つまり草が生えないように施工するんですが、実は草が生えます。

IMG_20210530_082105

周囲の延石と樹脂材の隙間に背が高い草が生えてきています。

 

IMG_20210530_082117

このように。。。

 

IMG_20210530_082120

コケも生えてきます。こうなると駆除というか、きれいに掃除がとても難しい。樹脂砕石の隙間から生えてくる草ですが、砕石と砕石の隙間の空間に根を張るので、極めて抜きにくいです。しかも、割と良く生えてきます。生えだすと。。。

通常の砕石なら、草を燃やすバーナーで処理できますが、この樹脂舗装は熱に弱いので、決してしてはいけません。この草を除去するのは、「手で」しかありません。しかも根っこを取り去るのが極めて難しいという厄介な状態です。根が残ると毎年、場合によっては年に何度か生えてくるのは皆さんもご存知ですよね。

 

③ 凍結に弱い

実は凍結に弱いといううわさを聞きました。

おおきた石材店では、下地は必ずコンクリート、あるいはそれに類似するものを施工します。しかし、聞くところによると、施工費用が安くなるため、下地をC30とかの砕石を使い、それを転圧して、下地にする場合もあるそうです。施工マニュアルにも下地は砕石で仕上げてもいい、と記されています。ですが、寒冷地、特に朝晩冷え込む地域では、その下地が凍結によって浮き上がり、そのままファイバーレジンも浮き上がってしまう、という噂(うわさ)を聞いています。ファイバーレジンですら、そうなのですから、その他の製品は押して知るべし、です。

比較的暖かい時間に施工してしまっても、朝晩冷え込み、凍結してしまった場合、砕石内の水分が凍結、膨張し、上に上がり、わずかにファイバーレジンも浮き上がった状態になるそうです。浮き上がりに注意しなくてはいけません。

 

④ 価格が高い

先ほど、下地にコンクリートを使用する、と言いました。一番安定していて、下地として、美しく残っているから、というのが目的ですが、砕石を敷くよりも高額となります。しかもある程度強度が出るまで放置しなくてはいけないので、長い養生期間が必要です。当然施工時には下地のコンクリートは完全乾燥が条件ですから、晴れ間の多い時期ならいいですが、冬とか梅雨とかの雨の多い時期は養生も必要ですし、濡れた状態なら、乾燥させないといけないので、余計な手間が必要です。しかも施工後、24時間はこれまた濡れないように養生が必要です。

施工時には最低気温の条件もありますし、とにかく施工管理が極めて難しい製品です。それだけにその手間と時間は価格に反映します。安い値段ではできないのです。昔、まだ慣れない頃、冬季に施工して、施工直後、不具合が出て、やり直しということもしたことがあります。ほんとに季節と時間と温度、これに非常に気を使います。その分値段に転嫁せざるを得ないです。

 

⑤ 施工が難しい

④の項目にも書きましたが、施工管理というか、施工条件がいくつもあり難しい上に、施工自体も難しいのです。樹脂が不要な部分にくっつくと取れません。素手で施工していると手が真っ黒になって、数日、場合によっては1週間きれいになりません。服とかにつくとまず除去不可能。道具に付いた樹脂など、固まる前にきれいにしておかないと、普通では落ちません。

ですから、セメント用道具と樹脂舗装用道具を分けて利用しないといけないです。施工時は養生テープを施工する回りに必ず張ります。さらに気温が夏季だと固まる時間が短く、道具に付着した樹脂も早いタイミングで固まりだします。セメント等のようにのんびり施工できません。

逆に冬季などの気温が低いときは、固まるのが遅く、施工後、雨対策のため養生シート等をした後も、まだ何かに接触したりしたら、付着したりするので、極めて気を使って養生しないといけません。

そういったたくさんの条件が価格に転嫁してしまうのです。

 

⑥ 耐久性が低い(= 再施工のタイミングが早い)

樹脂の光沢が無くなると書きました。その流れを書いてみますと。。。

 

ア) 施工時は砕石全体が樹脂に覆われていて美しい(濡れた色になっている)

イ) 天候等により、見える部分の樹脂がなくなり、濡れ色が失われる。光沢がなくなり、元々の乾燥時の色に。見えない裏側の樹脂は残っているので、固定した状態は保たれる。

ウ) 更に樹脂が失われ、表面の砕石を維持するだけの樹脂がなくなり、表面の一部から砕石が抜け落ちる。まだらに抜け落ちるので、見た目が悪く、不具合になる。

 

ウ)になるまでに何らかの手を打たないと、ダメなのですが、そのタイミングが結構バラバラです。ファイバーレジン以外の樹脂なら早いもので1年~というタイミングでイ)がやってくる場合もあるようです。本来なら、3年~という感じでしょうか? これ実は、樹脂と砕石の量は本来決まっているはずで、それを守っているなら、ある程度イ)のタイミングは早くは来ないはずですが、量の調節をしても、完成時はわからないのです。でも多分、樹脂の量に比べて砕石の量を増やしてしまうと、このイ)になるタイミングは早くなるはずです。表面を覆う樹脂の膜が薄いはずですから。

ファイバーレジンに関しては樹脂と砕石はセットで販売ですから、その調節は難しいはずです。一見、砕石の量を増やせば、施工面積も増えるので割安になりそうですが、耐久性が落ちるなら、これは全く本末転倒で、絶対に避けるべきです。ですが、安くで請け負う業者さんはそうせざるを得ないのかもしれません。

 

 

以上が樹脂施工のメリット、デメリットです。

 

まとめ

 

樹脂舗装のメリット、デメリットですが、メリットが極めて少ないですね。完成時の美しさのみ、ですから。

逆にデメリットは私が考えるだけで6つくらいあります。これほどデメリットが多い施工方法ですから、お勧めしないというのは本音です。

それでもしてほしいというモノ好きな人がごく稀にいらっしゃいます。そういう場合は可能な限りの手間をかけて施工させていただきたいので、おおきた石材店では本当に高い値段設定をしています。でも正直に言わせてもらうと、やめましょう、が本音なんです。

見た目が美しい、しかも完成直後は濡れ色ですから、素晴らしい見た目です。近所のお墓でそれが施工されていると、

おかあさん

「まあ、きれい。素敵なお墓ね。いくらくらいするの?」

と聞いて、思ったより安いとなると、きっとうちもしてほしいとなると思います。

出来立ては美しい。でもその美しさは長持ちしない。早いタイミングでリフォームの必要がある。石材店にとってはメリットが多いです。次が早く来ますから。

でも、ほんとにやめましょう。

そんなに見た目、必要ですか?

大事なのは草が生えにくい、生えても抜きやすい。

できるだけお手入れが簡単に済む、ではないですか?

その条件にこの樹脂舗装、合ってますか?

 

じゃあ、かといって一番ベストな「防草施工」ってなんなの?

 

と言われると、なかなかはっきりとはお答えできないのが、残念なのですが、これからも一番ベストな「防草」を探してみます。

 

 

 

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

あなたのお墓選び、間違っていませんか?

お墓を建てる時、要望の多い「2つの条件」

IMG_20200510_053621

おはようございます。兵庫県豊岡市は一面水面の田んぼが見られるシーズンになりました。田植えもほぼ終わりつつありますね。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

 

お墓のご相談を受ける時、よく言われることがあります。いろいろなご要望をお聞きすることが多いのですが、その中で特に多いものが2つくらいありそうです。それを今日はご説明したいと思います。

まず第一は。。。「お墓の値段」のようです。

 

「〇〇万円以下で建ててほしい」

まあ確かに予算というものがあります。これ以上は出せないという上限も普通あります。ですから、「〇〇万円までで建てたい」というお客様、時々、いやよくいらっしゃいます。それはそれで構わないですし、当然です。でも、安ければいい、安ければ何でもいいというのは少し違います。

違うというか、後で後悔する可能性が結構ある、ということです。

目に見える部分が同じでも、見えない部分で手を抜く、見えない部分で安くあげるっていうことあります。

IMG_20210220_130240

例えば、基礎コンクリートのかさ上げのために不要なものを入れるということは、あります。コンクリートを撤去しない限り誰も分かりません。

写真は他の石材店さんが建てたお墓の解体工事を依頼された時の写真です。ジュースの空き缶がコンクリートの中に入っていました。休憩の時飲んだジュースの空き缶をコンクリートの中に入れたんでしょう。空き缶を入れるくらいだから、他にも入っている可能性があります。

IMG_20210222_093858

空き缶が一つ入っている程度なら、コンクリ―トとしてはさほど問題にはならないかもしれません。でも、コンクリートの量を少なくするために、中に砕石とかを大量に入れて、コンクリートの量を減らされたら、強度は明らかに落ちます。でもそれは施工業者にしかわからないことです。

仮に相見積もりなどであまりにも安くなってしまった場合、経費を抑えるためにこのようなことをしてしまうかもしれません。

高いには高い理由があり、安いには安い理由があります。

商売ですから、赤字は決して出したくない。利益は少しでも増やしたいと思うのは当然です。ですから、あまりにも不当に安い場合もどこかに理由があるはずです。

 

そして、2つ目によくお聞きする条件が。。。

 

「気に入ったデザインで建てたい」

最近、時々お聞きするのが、このデザインのお墓を建てたい、というご要望です。

デザインだけはそれぞれ好き好きがあります。それに、和型のお墓は基本みな同じ形をしていて、私自身も隣のお墓と同じ形ってちょっと嫌なので、デザインで選ぶのはほんとにあり、だと思います。

IMG_20160812_054008-2

ただ、デザインさえ良ければいいのか、というと最近は、それも少し違うような気がしています。

昔、まだ若い頃は「カッコよければそれでいい」と思っていたころもありました。確かにデザインで素晴らしいお墓、時々あります。

DSC_0091

でも、それでいいのか?

ホントにそれでいいんですか?

デザインさえ良ければ、それでいいんですか?

価格が安ければそれでいいんですか?

 

私はもう一つ、大事な条件があると思います。

 

「お墓の構造」です。

 

 

第3の条件は「お墓の構造」

お墓って、あまりご存知ではない人、興味ない人にとっては、みな同じに見えるんですが、実は、昔のお墓と今のお墓は全く異なる別物です。

例えば、江戸時代のお墓。

時代劇で時々、町の娘が亡くなったおとっつあんの墓参りをしている様子、見かけますよね。。。(別に町娘でなくてもいいのですが。。。)

あのお墓と現代のお墓は全く異なります。別物です。

 

「大きさが違うんでしょ。昔は小さいお墓だったけど、今は大きなお墓だから」

はい、違います。町人のお墓は小さいですが、大名のお墓は現代のお墓より大きいです。

P1000220

(※ 豊臣秀吉の右腕、黒田官兵衛(如水)のお墓)

 

「いや、そうじゃなくて、昔は個人のお墓だったけど、今は家族のお墓だよ」

うーん、確かにそれもありますね。なかなか鋭い指摘。でも、それではありません。

 

正解は、お墓の意味です。

昔のお墓はみな土葬だったので、ここにおとっつあんが埋葬されていますよ、という印(しるし)が必要だった。だって、どこかわからなくなったら、大変だから。おとっつあんだと思ってお参りしてたら、隣の宿六の墓だった、なんてこともあり得ます。(宿六ってなんだ??)

だから、どこに埋葬されているかの印(しるし)として、お墓を建てたんです。印(しるし)です。

ですが、現代のお墓はそうじゃありません。

まず、土葬ではないですから、印(しるし)の意味合いはあまりありません。むしろそれよりも火葬した焼骨の収納庫。お骨を納める構造物、簡単に言えば、お骨の家です。お墓自体にお骨が収蔵されているんですから、当然、家、だとか収蔵庫だとかいうモノが一番近いイメージですね。

印(しるし)だったものが、いまは家になっているんです。

家(収納庫でもいいです)の構造って何ですかね?

家(収納庫)って何が大事ですかね?

 

まず、

しっかりとした構造。少々の風とかでもびくともしない構造。

そして、戸締りがしっかりしていること。隙間が開いてたりせず、雨漏りしない構造が大事ですよね。

 

でもね、今のお墓ってそういう構造になっていないのです。大きな地震が来たら、簡単に倒れてしまう構造。大雨が降ると、中に雨漏りしてしまう構造。ひどい場合は隙間が大きく開いていて、蜂が浸入して中に巣を作ってしまったり、それを狙って別の害虫が入ってきたり。。。到底、しっかりした構造にはなっていません。

3.カロート内にスズメバチの巣

家とか収納庫として、問題ない構造にはなっていないのです。

昔ながらの施工方法、昔ながらの構造で建てているからです。そして、一番問題なのは、「石材店にとって使い勝手のいい構造、具合のいい建て方で建てているから」です。

 

石材店目線ですべてが成り立っているからです。

石材店目線ではなくて、建てる方目線。もっと言うと、そこに住む方目線(つまり、亡くなったあなたの大切なご家族目線)で建てるべきなのです。

石材店目線ではなく、最も進んだお墓の構造、地震にも強く、雨漏りもしない構造のお墓を私は第一条件にお勧めします。

 

「信頼棺®」北近畿唯一の正規代理店、おおきた石材店がおすすめするお墓です。

 

お問い合わせはこちらから。

         ⇨ 「信頼棺お問合せ」

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

コロナ下で死別を経験したあなたへ

コロナ下で死別の経験したあなたへ

コロナ下で死別を経験したあなたへ

 

 

久々の快晴の朝です。

IMG_20210523_085024

おはようございます。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

 

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

タンポポではなく「ブタナ」です。(以前教えてもらったから、知ってるし。。)ブタナが今年も大量に花を咲かせています。いつもと違うのは、
「コロナ禍」と「梅雨入り」していること。

IMG_20210523_085119

さて、今日は静岡の沼津石材の榊原亮さん(https://www.facebook.com/ryo.sakakibara.52)から、頂いたもの。榊原さんはただの石屋さんではなく、いろいろな活動をされている方です。

榊原さんがお勤めの「沼津石材株式会社」 https://numazu-sekizai.com/

 

IMG_20210523_092814

いろいろな理由で亡くなられた方。その近しい人の心と体の問題を考え癒す、グリーフサポートという活動をされている「リヴオン」という団体が発行した小冊子、「コロナ下で死を経験したあなたへ」という本を頂きました。ただ単に頂いたというわけではなくて、この小冊子を多くの必要とされている人に届けたいという趣旨です。

もし、あなたが読んでみたいと思われたなら、あなたはこの本を必要としている人です。

ぜひお問い合わせください。

お送りします。

リヴオンの小冊子が欲しい(https://ohkita-sekizai.com/contact-2)

(※ (件名)「小冊子がほしい」と(内容)「郵便番号 ご住所 お名前」 を記載してください)

 

なお、数に限りがあるので、お答えできない場合もあります。ご了承ください。

 

ちなみに、このこのリヴオンが提唱している 「大切な人をなくした人のための権利条約」というものがあるのですが、おおきた石材店のお客様にお渡ししています。

IMG_20210523_093059

こちらが表。

IMG_20210523_093116

こちらが裏。

読んで心が軽くなった、とか、すごく助かったとかいう感想もいただいております。日本人は特にこういったこと、必要されている人多い気がしますね。

 

リヴオン(https://www.live-on.me/

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

お墓のリフォーム、再加工2

お墓のリフォーム、意外と知らない再加工②

お墓のリフォーム、再加工2

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

お墓のリフォーム工事しています。

 

お墓のリフォームで必ず加工が必要になってくるのはこの部分です。

IMG_20210506_113023

芝台と呼ばれる部分。

IMG_20210506_113023-2

特に今回、このお墓は土の中に埋まっていたので、泥だらけになっています。

 

IMG_20210508_101858

正しく泥だらけです。一つの石に見えますが、4つの石を組んでできています。

 

IMG_20210508_101913

手前が泥だらけですが、見える部分(外側)、奥の面が今回カットする内側の面。

 

IMG_20210519_090650

水洗いである程度、泥は落としました。赤い線でカットします。

 

 

 

IMG_20210519_091601

カットした面が中側。今回完成後は見えない部分です。どうして見えない面をカットするのかというと。。。

 

IMG_20210520_102859

4つの石すべてカットして、仮組してみました。上手くかみ合うか、仮に本番同様に設置してみるわけです。
きれいに設置できました。内側の面がカットされていますね。ここがガタガタだと固定金具の穴がうまく開かないし、開いたとしてもしっかりと固定できないわけです。

仮組した石に印をつけて、内側の面を上にして、

 

IMG_20210520_175613

固定用のステンレス製のアンカーを打ち込むための穴を開けます。上が現在おおきた石材店が使用しているアンカー。でかいですね。下の小さなものが石材業界標準の8ミリサイズのアンカー。以前はおおきた石材店も利用しておりましたが、今は使っておりません。

 

IMG_20210520_181408

全ての石に必要なだけ、アンカー用の穴を開け、上の写真の大きい方のアンカーを打ち込みました。

 

IMG_20210520_181408-2

間違えてアンカーを打ってしまったものがあります。(赤丸)⇨の位置に変更して再度開けなおしました。

青丸のアンカーは間違えたのではなく、基礎のコンクリートと固定するためのアンカーです。

 

以上、結構再加工も大変です。石をカットしないといけないし、アンカーの穴を開けてアンカーを打たないといけないし。。。でも、従来の工法だと、お墓の石はちょっとしたことで簡単に倒れてしまいます。先日も、山の大きな木を伐り出していて間違えてお墓に倒れてしまい、お墓の石が倒壊した現場を見てきました。少し以前に建てたお墓はほぼ、石の上に石が乗っているだけ、というお墓が多いので、根本的にお墓の建て方を変えていかないといけません。

意外とリフォームは工事の方法によっては、簡単ではないのです。費用も掛かります。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

納骨口を広げたい

狭い納骨口を広くしたい

IMG_20210519_070322

おはようございます。ハナミズキとサツキが見ごろの兵庫県豊岡市です。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

普段は一番天候に恵まれる季節ですが、今年はもう梅雨入りです。
雨の合間に頑張ってお墓工事しております。

 

さて、古いお墓って、傾向として納骨口が狭い場合が多いです。このお墓も非常に狭く、4号の骨壺が無理して入るかどうかという大きさでした。関西でも最近は大きくなる傾向があり、5号、6号も見かけます。でもこのサイズではまず無理ですね。

 

IMG_20210508_103250

ですから、このタイミングで大きくします。

 

IMG_20210518_134737

ダイヤモンドの刃で切れ目を入れます。

 

IMG_20210518_140741

大き目に余分な部分を取り去りました。ガタガタです。見えない部分ではありますが、ここもきれいに成型します。

 

IMG_20210518_150609

手作業ですが、大まかに取り去りました。でも石は加工すると大量の埃(ほこり)、粉塵が出ます。で、石が真っ白になってしまったので、水で洗い流すと。。。

 

IMG_20210518_150901

とりあえず完成です。建っている状態では、十分な加工は難しいのですが、このような取り外したタイミングでなら、ある程度きれいに加工することができます。納骨口の蓋となる水鉢のサイズの関係であまり大きくできず、6号の骨壺を入れるのは難しいかもしれませんが、通常の5号までは楽に納骨できると思います。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20210511_115259

後ろの崖が崩れてきそうなお墓のリフォーム③

おはようございます。
とても早い梅雨入りした兵庫県豊岡市ですが、梅雨明けも早ければいいのにな。。。と思っているのですが。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

裏の崖が崩れてきそうな墓地のリフォーム工事。

 

IMG_20210510_080518

コンクリートが固まったので、その上に外柵石を設置します。

 

IMG_20210510_094516

後ろ半分はブロック塀が来るので、前だけ石の外柵。

 

IMG_20210510_102253

しっかりと固定金具で固定。この製品。

l-6

更に、アンカー自体を10ミリに太くしてさらにパワーアップ。

 

IMG_20210510_102302

基礎コンクリートとも固定して、しっかりした施工を心がけています。

 

IMG_20210510_114255

後ろのブロックを設置する部分まで、根切して、砕石入れて転圧。

 

IMG_20210510_141634

息抜き穴と水抜き穴を設置して、13ミリの鉄筋を300ピッチでを組みます。

 

IMG_20210511_101530

コンクリート施工。後ろのブロックの骨組みとなる鉄筋も一体で組んでいます。

 

IMG_20210511_115259

これで基礎コンクリートが完成。ブロック塀も元々、擁壁ブロックを積む予定だったんですが、予算の都合で15㎝のPCブロックとなりました。高さも5段から3段へ。ただ後ろからの土圧を耐えるため、骨組みの鉄筋だけは13㎝のしっかりとしたものを基礎コンクリートと一体で組みました。

どの程度、持つのかはわかりませんが、できる範囲で可能なことはしたつもりです。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

お墓のリフォーム、再加工

お墓のリフォーム、意外と知らない再加工

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

雨降りの予報が多くなってきましたね。もう梅雨なのかな。。。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

 

現在、後ろの崖が崩れてきそうなお墓のリフォームしております。

で再利用するお墓の石の加工。。。

 

IMG_20210510_161624

カットしております。どこの石かというと。。。

 

IMG_20210506_113021-2

この台の石です。軍人塔、つまり戦死された人のお墓なので、おそらく昭和20年頃に建てられたお墓です。

もう70年近くになるはずのお墓なのです。こういう古いお墓の場合、大概こうなっています。

IMG_20210510_161624-3

地面に接する部分、加工がされておらず、がたがたの状態。これは土の上に施工する分には、いいのですが、コンクリート基礎の上に施工するにはやや難があります。

 

① 安定しない。

②一番出っ張っている部分が基準になるため、たくさんのモルタルを詰める必要があり施工不良の原因になる。

③足元の隠したい部分が見えてしまうことがある。

 

などです。ですから、平らに近い状態に加工しなおして再施工となるので、カットする必要があります。

ちなみに、

写真では左側にえぐれているようにカットしているように見えますが、写真写りの関係でそう見えるだけで、まっすぐカットできております。

 

IMG_20210510_161624-2

この赤い線の枠内は土に埋まっていて、土色しておりますね。建てた当時は埋まってなかったと思われるので、その半分としても30年前後は埋まっていたと思われます。

IMG_20210506_113021-2

先ほどの写真でもわかるように、家墓、霊標、軍人塔というそれぞれのお墓の台の石が裏の崖の土留め(土止め)をしている状態でした。

IMG_20210512_074819

下端をカットして、全体的に水洗いして、こんな感じです。

お墓のリフォームというのは、ただある石をそのまま建てるのではなく、古い建墓の仕方のお墓の場合、現代の建て方に変更するため、色々見えない加工のし直しをしないといけない場合があります。ですから、思ったより費用が掛かる場合が多いです。

傾いたお墓をまっすぐに建てる、っていう工事も簡単に思われる方も多いですが、新しいお墓を建てるのとさほど変わらない場合もありますよ。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20210508_103250

後ろの崖が崩れてきそうなお墓のリフォーム②

 

おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー 大北和彦です。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

お墓の裏の崖が今にも崩れ落ちそうなお墓のリフォーム工事しております。

古いお墓をすべて仮撤去して、更地にしたら、まず外柵石の基礎を作ります。

 

IMG_20210507_085245

掘って、砕石を入れたところ。モグラ?の通り道だったのか? 穴がいくつか空いていて、転圧したらずいぶん沈みました。

IMG_20210507_095044

それで多めに砕石を投入。

IMG_20210507_111006

手前のブロックの擁壁に鉄筋を差し筋して基礎の鉄筋と結束。これで手前の擁壁が倒れる心配がなくなりました。これが倒れると大ごとですからね。。。

後はコンクリートを流し込む。鉄筋は13ミリ筋を使用しております。

 

で、持ち帰ったお墓の石。

IMG_20210508_101854

代々墓の一番下の芝台の石ですが、完全に土の中に埋まっていました。

IMG_20210508_101913

土の中でおそらく30年以上、お墓を支えてきた石です。泥が浸み込んでいます。これをしっかりと洗浄しなくてはなりません。

 

それから、納骨口。

IMG_20210508_103250

これ、納骨口です。小さいです。これでは、4寸の骨壺ですら入りません。この納骨口も大きく加工しないと。。。

 

いろいろと付帯仕事が多いです。

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20210506_081306

後ろの崖が崩れてきそうなお墓のリフォーム①

おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

アイコン画像
お墓のアドバイザー大北和彦です
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店
☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店してます
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事もしております

ゴールデンウィークも終わり、お墓工事の季節になりました。この時期が一番お墓工事に最適な時期です。

さて、ずいぶんご先祖様のお墓がたくさんあるお墓のリフォーム依頼をお受けしました。

 

2020-08-28岩崎家リフォーム工事

IMG_20210506_081306

IMG_20210506_081302

ずいぶんたくさんのご先祖様のお墓があります。このご先祖様のお墓を少なくしてほしいとのご依頼。しかもよく見てみてもらえるとわかりますが、お墓の後ろががけになっていて、崩れてきそう。。。(というか、徐々に崩れています。。。やばい。。。)

墓地全体の工事なので、一旦すべてのお墓の石を撤去させていただきます。

 

IMG_20210506_125414

小さなお墓や、細かい部材もすべて撤去させてもらい、残るのはこの3基のみ。

IMG_20210506_165028

更に、その3基を撤去して、お地蔵様のみ残りました。

IMG_20210506_165050

よく見ていただくとわかりますが、後ろの崖が落ちてきていて、お墓の下台が土留め代わりになっていたのがよくわかります。何とか対処しないと危ない状況ですよね。

手前のブロックで作った擁壁もずいぶん劣化しておりますが、それは利用させていただきます。

さて、どうなるでしょうか?

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

滑りやすい石

石が滑りやすくてお困りのあなたへ

滑りやすい石

 

おはようございます。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

本日はお墓の工事ではなく、旅館の浴室の工事です。すごくイレギュラーなんですが、時々あります。

以前工事させていただいた場所なんですが、浴槽と洗い場を隔てている石、カバチ石ですが、磨いてあるのでその上に載ってしまうとすごく滑るので、滑り止め加工をさせていただきます。

IMG_20210421_141559

普段はお湯が溢れているんですが、防水工事も同時にされるので、現在、水は抜いてあります。

 

IMG_20210421_095212

下地になる石の表面の汚れを落とし、下から水分が上がってくると剥がれてしまい、施工不良となるので、下地の石に防水処理し、乾いたらシールして、準備完了。

 

IMG_20210421_095215

グレーというか、白っぽい石(上の写真)が男性浴槽の石です。

 

IMG_20210421_111332

そして、こちら暖色系の茶色っぽい(私たち石材業者は“赤”と認識していますが)石が女性浴室です。

 

IMG_20210421_141647

こちらが完成後。写真では全く分かりませんね。ただ触ったら、ざらざらしているので、まったく違います。

 

IMG_20210421_141651 (1)

こちら、アップの写真。写真ではわかりにくいですが縁取りがわずかにわかりますか??
なお、シールがはがれかけていますが、こちらは私ではなく、シール専門業者さんが施工されます。今回は滑り止め加工のみ。

 

IMG_20210421_092233

ただ不安要素も。施工が簡単な反面、耐久性に不安があります。表面を覆う樹脂は大丈夫なのですが、それが剥がれるリスクが。。。

通常、玄関回りとかお墓の参拝する部分など屋外で雨などでぬれると滑る部分の表面に施工するのですが、今回は浴槽。しかも、大浴場で24時間お湯が流れている状態です。条件としては最悪の環境です。ここでどの程度持つのかは、不安です。その点は施主様にご連絡してありますが。。。

それはさておき、屋外、玄関回り、お墓の周囲など、石やタイルが貼ってある部分、滑りやすくて困っているというお悩みの方、ご相談受け付けております。

 

 

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

bitmap

【お墓じまい】その後、お墓の石はどうなるの?

おはようございます。温かい日が続いていて、ツツジの季節が着ました。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

IMG_20210413_071135

庭に咲いたツツジの花です。

 

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

春が深まると同時に、お墓じまいの工事依頼も増えてきて、先日も私の父が建てて、私が引っ越しして、その際五輪塔を建てたお墓をお墓じまいすることになりました。

IMG_20210414_080842

父が建てたお墓なので、いろいろ思いがありますが、お仕事として頑張ってさせていただきました。

IMG_20210414_080506

とても立派なお墓です。灯ろうは背の高いタイプで、鳥取型と呼ばれる形に似た形状です。

 

IMG_20210415_085247

きれいさっぱりとなくなりました。さてこのお墓の石、どうなるかというと。。。

豊岡市内の産業廃棄物の中間処理業者さんに持ち込みます。ある程度小さくしないと運搬も難しいので、お墓の石を割って、小さくします。そこで細かく破砕され、砕石として再利用されます。建設資材となります。

実際に細かくし処理業者に持ち込んだ画像もありますが、ここには載せません。いろいろ心情的に問題がありそうですから。。。ただ、お墓じまいした石はそのような扱いとなります。私は仕事なので、必ず確実に実施しますが、とても複雑な心情です。お墓の持ち主の方には見せられるようなものではないですね。

 

IMG_20210419_094824

こちらが処理業者が発行していただいた証明書、いわゆる「マニフェスト」と呼ばれる書類の写しです。そして、石は重量で計算しますので、その重量の証明書です。これらを必ず施主様に渡しております。適正に処理した証明書です。

お墓の石は処理するときは産業廃棄物として扱われるので、必ず適正な処理方法をしなくてはいけません。当然処理に費用が掛かります。ですから、中には処理を違法な方法で行う業者さんがテレビのニュースで取り上げられます。そういった場合、安く工事するために処理費用をかけず処理するため、この「マニフェスト」がないのです。山中に捨ててしまったり。。。

お墓の石の処理には思ったより費用が掛かります。「お墓じまい」の費用がどうしても高額になってしまう理由です。

 

 

お墓に関する疑問、質問をお受けしております。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談
 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン