「秋分の日」は何の日?

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
お墓そうじのノウハウを学びませんか?
ホームセンターで売っている物だけで、けっこうお墓きれいになりますよ。
まちゼミにて、セミナーいたします。
お問い合わせは、こちらから。

今度の日曜日9月3日です。
まだ申し込みできますよ。

 

 

さて、秋分の日が近づいております。
秋分の日、何の日か知っていますか?

DSC_0020

お墓参りの日、です。

そう制定されました。

お墓参りの日」9月20日(水)~9月26日(火)まではお彼岸。
そのうち、9月23日(土)が、その真ん中の日、中日と言います。

この日は、立秋(8月7日頃)から立冬(11月7日頃)までの
秋の真ん中、折り返し点ですが、
夜と昼の長さが同じ日、
つまり昼間が長かった夏からだんだん昼間が短くなって、
昼間の短い冬へ向かう、分岐点でもありますね。

その大切な日に、私たち日本人は、お墓参りで区切りを付けようと
古くから、お墓参りをしてきました。
秋彼岸とも言われるこの日、9月23日は、
ご先祖様が命繋いできてくれたことを感謝し、
お墓参りをしましょう、という日なんですよ。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。