今日は何の日??

シルバーウィークも最終日、休み疲れて
明日からの仕事だるいな。。。
って思ってませんか。

でも、
今日はただの日ではありません。
では、
今日は何の日でしょうか?

11223497_895650257177260_8243238560553584513_n

実は、今日は
「秋分の日」
そして、
2013年から
「お墓参りの日」と制定されています。

つまり、今日は

お墓参りするための休日なのです。

家族そろって
子供からお年寄りまで
お墓参りしましょう。

家族みんなで行くのがお墓参りのお約束です。

自宅から歩いてお墓参りできる人は
幸せです。
お水とお線香と2,3本のろうそくをもって
途中のスーパーで生花を買って
「お墓参りってなんだかうれしいね」とか、と言いながら、
歩いて行けるお墓。

羨ましいですね。
お墓参りの懐かしい風景です。

11953000_856605771097995_7938767821325031656_n

車で行かなくてはならないお墓も悪くないです。
あまり家族で旅行っていかないもんね。
でも、
「お墓参り」という口実を作って
久々の家族旅行してみませんか。

「忙しくて、しばらく旅行って行ってないな。
久しぶりに家族旅行してみたいな」
と思っているお父さん。
この機会にみんなを誘ってみませんか?

年に一度の「お墓参り」という名の
家族旅行も悪くないですよ。

11947462_856605681098004_8768291485463769063_n

一泊以上の宿泊をしないとならないお墓をお持ちの
みなさん。

遠いお墓をお持ちで、ご苦労ご察しします。

でも、
考えてみれば、
お墓参りに数日を使うって
なんて贅沢なんでしょうか。

現代がどんなことも効率と時間が
大きな力を持っています。
ほんのわずかでも電車が遅れたら
たくさんの人が苦情とか批判が集中します。
「無駄な時間を使った。。。!!」
「なくした時間をどう保障してくれるんだ!!」

まあ、まあ、落ち着いて。(^▽^;)

海外旅行行って、いろいろな国に行くと
電車が遅れるなんて、当然ですよね。
時間通り来るなんて、ありえない国もあります。

それほど時間と効率を重視する日本。

その国に住んでいる私たちですが、
少々忘れていませんか?
心の余裕というものを。

年に一度のお墓参りくらい
日頃の気ぜわしい日常を忘れて、
リフレッシュできる時間としてみませんか?

たまには、無駄だと思えるような時間を
使ってみませんか。

お墓参りはそんな、あなたの
心のリフレッシュも受け持ってくれるはずですよ。

さて、

「お墓じまい」で、お墓を亡くしたみなさん、

非常に残念ながら、皆さんにはお墓がありません。

ので、

「お墓参り」ができません。

非常に残念です。

この素晴らしい日本の英知と伝統に彩られた、

「お墓参り」ができないのです。

残念です。

非常に残念です。

お悔やみ申し上げます。

あなたの人生における、大切な時間と

大切な思い出を作り上げるであろう

「お墓参り」ができない。

人生での大きな損失と言わざるを得ません。

今からでも、遅くはないのでしょうか?

亡くしたけれど、取り返すことは

不可能ではない。

人生において、不可能という文字はないのですから。

あるとするなら、

あなたの頭の中にだけ、かもしれませんね。

そして、最後に

まだお墓を持っていない新しい世代の皆さん。

おめでとうございます。

あなたの前には無限の可能性が眠っております。

お墓参りによって、

素晴らしい家族を作ることができます。

素晴らしい未来を描くことができます。

素晴らしい人生だったと

心から言いながら、この世界と別れることも

可能なのです。

素敵じゃありませんか。

可能性。

素敵な言葉ですね。

人生に幸あり。

グッドラック。

まさしく人生の門出にふさわしい

はなむけの言葉です。

この

「お墓参り」の日という

晴れの門出の日に

あなたにふさわしい一言を。

「お墓があって、いい人生だった」と

呟(つぶや)ける日が来ることを。

 

 

 

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。