Tag Archives: お墓の階段

墓地選びは階段

【豊岡営西霊苑】最も大事な墓地の構造

 

墓地選びは階段

豊岡市営の霊園には、西霊苑と東霊苑があります。

東霊苑は最近できた霊苑でまだ半分以上が空いていると思われます。少々、交通の便が悪いのと、市街地から遠いので多少人気薄です。

一方、西霊苑は昭和30年代に出来た霊苑で、当時というか最近まで【高屋霊園】と呼んでおりました。今でも、高屋霊園と言った方が話が早い場合が多いですね。

その旧高屋霊園でもある豊岡西霊苑でお墓を建てる人にお伝えします。

西霊苑は作りが古い、という欠点はありますが、市街地に近いというメリットもあり多くが供用(お墓として使用)されています。ただお墓じまいも多いので、空いた墓地を再度お墓として貸付されています。新しい使用者が新しいお墓を建てられるので、お墓を建てることを仕事としている私も行く機会が結構あります。今年は同じエリアに複数の墓地使用者の方から、お墓を建てるご依頼を頂き、有難いことです。

その第一弾ですが、お墓自体はまだ建てないですが、境界の外柵のみ、ご依頼頂きました。ちなみにこちらのお墓は、昔から使用権をお持ちだったんですが、なにも建ててなくて、そろそろ。。。でも、誰も亡くなっていないので、お墓はねえ。。。ということで、お墓の外枠のみ、ご依頼頂いたわけです。

 

まず、西霊苑によくある例を紹介しますと。。。

 

普通の外柵

このような、外柵が多いです。これは、まだ普通ですね。問題ないとは思いますが、こういうのもあります。

 

奥が高い段

この入り口の階段です。普通に見える階段ですが、よく見ると、一段目と二段目、高さが違います。それも結構な高さの違いがあります。

 

手前の段が高い

そして、この墓地など、一段目がずいぶん高くて、二段目が意外と低い。これは、おそらく、墓地境界のコンクリート壁(石の下の汚れた部分)に高さを合わせて作ってあるからでしょうね。

 

250ミリは高すぎる

ちなみに一段目を計ってみると、250ミリありました。少々高すぎですね。

階段って、実はすごく大切な、でも、同時に危険な場所なんですね。若くて、元気で、足元がしっかりしている人は、ほとんど意識しないのでしょうが、階段って、けっこう危険ですね。足を踏み外したり、滑って転んでしまったり、角で向う脛(すね)をケガしたり、階段って、ホントに怖い場所なんです。特に、足が弱っている高齢者、足が悪い障害を持った人、など。私のお墓を作る際の一つの指針というか、【理想のお墓】の第一条件は段差のないお墓であると思っております。

でも、段差をなくすのは、西霊苑では、なかなか大変なこと。(東霊苑は基本、駐車場からお墓まで段差のない構造ですよ)費用も多くかかります。その次善の策として、階段付きではあっても、
① 階段のそれぞれの段の高さを揃える。
② 段の一段の高さは最大150ミリ。できれば120ミリ以下が理想。
③ 段の踏み代(奥行)は最低270ミリ、できれば300ミリ以上が理想

この3つの基準に則って、設計するようにしています。そして、もちろん、

④ 段の天場面(足が乗る部分)には、滑り止め加工を必ず施す

まあ、④は常識ですよね。

もちろん、いつもそうできるわけではありません。その分、費用が掛かりますし、階段がスペースを占領してしまいますので、今回、この西霊苑を何カ所か工事をしますので、いろいろなバージョンをご紹介いたします。

まずは、先日もご紹介しました、【市営墓地の基礎工事その1】です。

DSC_0012

コンクリートがやっと施工出来て、後は、固まってから化粧砂利を入れるだけ。こちらの階段は一段の高さが120センチにほぼ合わせて設計しました。その分、3段になってしまったのですが、スペース的な理由で、踏み代(足が乗る部分)は奥行きが270ミリに縮めて階段が占めるスペースをできるだけ小さくしました。先ほどの墓地よりも、階段が低く、高さを揃えたので、安心感があると思いませんか?

え、思わない??(^_^;)

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0052

お墓の入り口、甘く見てないですか?

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

今日は午後更新ですが、大事なことなので、よく読んでもらいたいですね。

 

最近、豊岡市営墓地のうち、西霊苑で、外柵工事のご依頼が増えております。市役所生活環境課から最低限のお墓の工事をしてください、との連絡があったといずれの方もおっしゃいます。

何年もほったらかしになっていたお墓ですが、とりあえず外柵工事だけしてほしいとのことです。

 

DSC_0005-2

 

こういう区画ですね。コンクリートの入り口っぽい感じにはしてありますが、ほぼ手付かずですね。

 

こういう墓地の区画に外回りの境界の石を設置するわけです。

 

DSC_0029

 

こういう風になります。コンクリートの上に石が乗って、きちんと枠が決まる、というイメージです。

誰がやっても同じじゃないか?って思いますよね。形同じだし、どこが違うんだって話。(^_^;)
ところがどっこい。大違い。大変な違いがあるんです。

 

DSC_0041-2
この入り口は基本的にこの入り口を使って、墓地区域内に入って線香を立てたり、お花をお供えしたり、ということを想定しています。つまり、この階段を使って中に入るわけですね。

(※ 墓相のお墓の一部は、墓域内は神聖な場所で、土足で立ち入ることを想定してないお墓もあります。)

この段、高すぎないですか?

高すぎて、上りにくくないですか?

 

高すぎて、足の悪いおばあちゃんじゃ、登れなくないですか?

 

おばあちゃん

 

 

そういうことなんですよね。
じゃあ、この段はどうですか?

 

DSC_0052

 

高さはいいんです。でも、何か感じないですか?

 

DSC_0054

じゃあ、こちらの階段はどうですか?

 

狭くないですか?

 

奥行が狭くないですか?

 

足の悪いおじいちゃんじゃ、危なくないですか?

悩み2

 

階段って、簡単に段になってればいいや、って思う人もいるかもしれませんが、実は、非常に大切なんです。
足腰が元気な人でも、踏み外す、つま先が当たってしまう、ってことあるんです。ましてや、お年寄りだとか、幼児、足腰が不自由な人などは、階段が凶器となることもあります。

 

私は、こういうお墓に階段を設置する場合、一つのルールを作っております。

 

① 段の高さは低ければ低いほど良い。

これは、最初の原則なのですが、段を低くすれば低くするほど、階段に占有される面積が広くなって、墓地として使える部分が減ることになります。なので、限度があり、基本の高さは15センチ(5寸)を基本としております。最大で18センチ(6寸)。それ以上になるともう一段追加することを検討した方がいいですね。

 

② 段の高さは揃える

これも大事な原則です。階段ってリズムで登るものです。いちいち段を見ながら登りません。通常はね。なので、いちいち段の高さが違うとリズムが狂って、若い人でも階段を踏み外すことがあります。階段は、複数ある場合は、段の高さを揃える。これも大切な基本ルールです。

 

③ 段の奥行(踏みシロ)を十分取る。

写真のようにつま先しか乗らないような狭い階段は非常に危険です。できればかかとまでしっかりと乗れるように広い踏みシロのある階段を設置した方がいいと思います。ただこちらも限度があります。あまり広い踏みシロを作ると、墓地の使える面積を狭くしてしまいます。基本は30センチ(1尺)くらいの踏みシロの階段が理想ですね。多少狭くても大丈夫だとは思いますが、18センチ(6寸)以下だと大きめの足の人は半分も載らない、ということになるので、それ以上が理想ですね。

 

④足が乗る部分は滑り止め加工を

足が乗る部分は濡れたら、非常に滑りやすくなりますので、滑り止め加工は最低限すべきですね。切削(切ったままの加工)でも、雨で石が塗れていたら滑りやすいです。一番滑る組み合わせは、磨いた面の上に雪が積もっている場合。転倒の危険が非常に高いので、足で乗る面は磨き加工は絶対に止めましょう。

 

DSC_0043-2

 

上の写真、分かりにくいですが、一段目、地面から30センチくらいあります。しかも、一段目の足を踏む面が滑り止め加工してありません。危険ですね。

 

DSC_0047

 

こちらの階段もさっきと同じくらい高い階段ですね。しかも滑り止め加工してありません。昔のお墓はそういう部分があまり考慮されていないので、こういう階段が多いのですが、最近は多少考慮されているようです。

 

DSC_0019-2

 

最近建てられたと思われる外柵の階段です。一段目、二段目共に15センチ内に収まっております。段の上の面には、滑り止め加工が施されています。

 

ただ、一段目より少し2段目の方が高い。しかも、踏みシロのサイズが一段目は充分取られているんですが、2段目が狭い。完全な墓地の階段入り口とは呼べない外柵の入り口ですね。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン