Q163~門徒のお墓とは?

「墓」とは本来、
まず、第一に亡くなった人の遺骨を納める場所であり、
次に、
その亡くなった人を大切にお祀りし、安置し、いつでも安寧に過ごしていただくための
構造物です。

言い換えれば、亡くなった人の「終(つい)の棲家」なのです。
でも、
浄土真宗(門徒)の方々にとっては、全く意味合いが違います。

阿弥陀如来様というありがたい存在があり、
その方のお蔭で、この世を楽しく生きていけて、
死後も、
「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで、みんなが極楽浄土へ往生できる。
素晴らしいことではないですか!!

その阿弥陀如来様を身近に感じられるように、
仏塔を建てましょう。。。
というのが基本です。

その聖なる仏塔の中に、
亡くなった人のご遺骨も一緒に納めさせていただくことができれば、
極楽浄土に生まれ変われることは、間違いない。
というわけで、
正面に「南無阿弥陀仏」と刻んだ仏塔を建てるんです。

その仏塔に、自分の家族で亡くなったものの遺骨を納めさせていただこう。
という考えが、浄土真宗(門徒)のお墓です。

門徒の方にとっては、正確には「お墓」ではないのです。

その上の仏塔が大切なのです。
お墓ではなく、仏塔なのです。
なので、
「〇〇家之墓」と刻むのではなく、
「南無阿弥陀佛」と刻むのです。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。