兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

Q033~関西型の納骨の仕方はどうすればいいですか?

    
no image
\ この記事を共有 /
Q033~関西型の納骨の仕方はどうすればいいですか?

関西と関東では異なります。

関西の方法は、主として、正面の水鉢という石を移動させると
納骨する納骨口が見えます。
そこから納骨するシステムです。

関西型の納骨方法を写真でご説明します。

DSC_0006-301

まず、このように正面に石同士を当ててしまい欠けないように
毛布のようなものを用意します。
タオルでも何でもいいです。

DSC_0006-2-301

青い線で囲んだ部分が水鉢
(この写真は水鉢ではないですが、普通のお墓ならこれが水鉢です)
赤い線で囲んだ両側あるのが花立の石です。

 

DSC_0009-301

まず、両側の花立の石を移動します。
ステンレスの筒を抜いて、このように手前に倒すように
します。
(横の水鉢の石と接触しないよう、注意)

DSC_0010-301

こうして、わずかに離すと、あとは持ち上げるようにして、
持ち上げます。
(決して引きずらないようにご注意ください。
欠ける原因になります。)

DSC_0011-301

これくらい離すともう大丈夫ですね。
もう一つの花立の石もこの要領で移動させましょう。

DSC_0012-2-301

次に水鉢を手前に倒しますが、
赤丸同士を同じくらいの高さになるよう、
何か台の様なものを用意してください。
私は垂木を利用しましたが、木が一番いいですね。
鉄などは避けてください。

DSC_0012-301

このように、水鉢を倒したとき、
ちょうど台に当たるような位置にセットして、

DSC_0015-301

出来たら、ゆっくりと水鉢を手前に倒します。
このとき注意するのは、滑らせないこと。
滑らせると、欠ける原因になりますし、石から滑り落ちてケガをすることもあります。
特に石が濡れているときは危険です。十分注意してください。

 

DSC_0016-301

このように倒せたら、成功です。
この状態で納骨をして下さい。

 

DSC_0018-301

こちらが納骨口です。
出来るだけ奥の方にご遺骨を納めるのが
コツです。
出来たら、逆の手順で元に戻して下さい。

Copyright©おおきた石材店,2015All Rights Reserved.