兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

Q260~お墓の意味って何?(トリセツ⑧)

    
\ この記事を共有 /
Q260~お墓の意味って何?(トリセツ⑧)

a0960_007552_m

お墓の意味には、大きく3つの意味合いがあると思います。

① ご遺骨の収蔵装置、としてのお墓

人は死ぬと、魂(こん)と魄(はく)に分かれる、といわれております。
それは以前にお伝えしました。

(→お墓と仏壇、どちらが大事?

つまり亡くなった後、仏壇には、魂、たましいがお祀りされるんですね。
でも、魂は見えない。
なので、信心深いおじいちゃん、おばあちゃんは
当時のご住職に、ことあるごとに教えられ、諭され、
お仏壇の意味を身をもって知っていたので、
大事にされてきたわけです。

でも、その子供、孫たちは、そういって教えてくれるご住職もいませんし、
おじいちゃんは亡くなっていて教えてくれません。
なので、
否応なく、仏壇の意味合いが分からなくなってきているわけです。

なので、
「仏壇、一番安いものでいいんじゃない?」
「いや、むしろなくてもいいんじゃない?
何年かに一度、法事の時、お寺さんが拝むだけなんだから。。。」
ということになりかねないわけです。

そして、お墓。
お墓はご遺骨を収蔵する設備、というのが第一義です。
つまり、魄、つまりお骨を納めておく場所なんです。
なので、非常に分かりやすい。
実際に亡くなった人の一部ですから。
その大事なお骨を収める場所、お墓ですから。
なかなか「なしでいい?」
とはなりにくい。
でも、最近お墓以外に埋葬、埋蔵、収蔵されることが
あります。
散骨、樹木葬、海洋散骨、永代供養墓、など。
でも、これらも
火葬大国、日本ならではですね。
全体の95%以上が火葬される日本だから、
こういった供養方法が起こるのであって、
土葬が大半のアメリカなどはほとんどこういう葬送はない、
のではないかと思います。
もちろん、土葬なら今の巨大な家墓も建てることも難しいですが。

第一義として、
お骨の収蔵施設としてのお墓の意味、
これは誰でもよくわかる大事な意味合いだと思います。

次に、

② 死者との対話の対象としてのお墓

ですね。(続く)

 

お墓って何?①~遺骨の収蔵施設(←この記事です)
お墓って何?②~死者との対話の対象
お墓って何?③~お墓参りの効用

 

Copyright©おおきた石材店,2016All Rights Reserved.