兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

Q342~墓地の形はどういうのがいいの?

    
\ この記事を共有 /
Q342~墓地の形はどういうのがいいの?

但馬、豊岡のお墓のプロ、おおきた石材店です。
お墓の石は地域、宗派によって様々ですが、
墓地(お墓の土地)の形状も様々。

ですが、お墓にとって都合のいい形、
お墓にふさわしいカタチ、
お墓参りにあった形というものは、実はあります。

基本は
「間口が広く、奥が狭い」
が基本です。

 

墓地説明図形1

 

このように、入り口から見て、左右に狭い(間口が狭い)
しかも、奥に広い(奥に深い)墓地は
入りにくいし、全容がつかみずらいので、あまりいい墓地だとは言えません。

しかも、

墓地説明図形2

墓地でよくあるパターンで、
墓地の入り口左右に一対(2基)で
灯ろうなどがある場合は、なお一層、狭く感じ、
入口から入りづらく、
奥行きが深いので、ずっと奥に入って行かないと
お墓にたどり着けないイメージになります。

いい墓地に区画とは、
「間口(入り口に向かって左右)に広く、奥行きが狭い(あまり奥深くない)」
が理想です。

 

 

Copyright©おおきた石材店,2022All Rights Reserved.