Q201~おおきた石材店で見積に使う石は?①アーバングレー

【アーバングレー】
(インド、カルナタカ産)

DSC_0002

昨年度、最も多く使った石です。
硬くて、水も吸わず、経年変化も遅い石です。

 

◆石材物性データ
見掛け比重 2.632t/㎥
吸水率    0.056%
圧縮強度  118.58N/m㎡
年間採掘量 18,000㎥
 ◆特長
インド材としては安定した石種。3丁場あり、若干の色調差がある。

※ 日本石材産業協会発行 墓石用石材カタログより

 

 

インドの石なので、こちらのコメントも要チェック!

MD5丁場(アーバングレー)
石質が硬く水分を吸収しにくいので、インドの石の中でも特に
光沢が長もちし、いつまでも綺麗な石です。

※ 南印度洋行さんのホームページから
     http://www.indoyoko.com/stone/md5.htm

 

 

お墓ディレクターの教科書には、

MD5(アーバングレー)
インドの白系(グレー系)で最も多く使われている石。採石場も広大で採石量も多いです。
白系の中では吸水も少なく、大材も取れるので多く使われています。

※ お墓ディレクター検定用テキスト「お墓の教科書」より (P231)

 

とにかく、お墓の石としては最適で、
但馬地方でも今最もお墓の石として、使われている石だと思います。
非常に硬く、目は中目なので、遠目からみてもインパクトがあります。

ただ、唯一の欠点は、いつも私がこのブログでお伝えしているように、

「文字彫刻が難しい」こと。

文字だけではなく、家紋、イラストなど
彫刻一般にいえるのですが、
なかなか満足のいくものができません。
これだけは、どうしようもないのかもしれませんが。。。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。