兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

Q018~骨壺の大きさって地域で違うの?

    
no image
\ この記事を共有 /
Q018~骨壺の大きさって地域で違うの?

A 地域によって違います。

主として、関西は小さく、関東は大きい。
それ以外の地域も大きかったり小さかったりします。

こちらは関西でよくある
4寸サイズです。
しかも最近のは
よりコンパクトになっていて、
高さ(背丈)も4寸(120ミリ)くらいです。

DSC_0074

すべてのお骨は入りません。
但馬だけでなく、関西の方は葬式のお骨ひろいに
行かれたことのある方は、ご存じだと思いますが、
斎場の係の人が、お骨の説明をされながら、
大事なお骨だけを拾います。
残りは、どこかへ持っていかれます。
最終的には頭蓋骨でふたをするような形で
仕舞われて、その上から蓋をされます。

一方、

関東の骨壺は大きいです。
この写真は実際にお墓に埋葬されていた
骨壺ですが、
直径が210ミリ、7寸くらいあります。
背丈はもう少しありますかね。
明らかに大きいですよね。

DSC_0075

アクエリアスで比較してみましよう。

関西の壺は
これくらい。

小さいでしょ。
いや、こちらの方はこれが普通なんです。
でも、関東の人にとっては

「ちいさ~~!!」

 

となるわけです。

DSC_0077

そして、

関東の骨壺は
こちら。

DSC_0079

「でかすぎじゃね!!」

と、思わず突っ込み入れたくなるほど、
大きく感じます。
でも、
これより大きいものもあります。

「ごちそうさん」で
杏ちゃんがつけていた
漬物の壺よりでかいものもあるんです。

どうしてか。

お骨をすべて入れるためですね。

どうしてこんなに大きいの、って
最初は私も思いましたが、
よく考えれば、このサイズでないと
すべては入らないです。

関西サイズの方が、
基準外なのかもしれませんね。
でも、
納骨するお墓の構造も当然
大きな骨壺サイズにしないといけませんね。

基礎コンクリートでのしっかりした
構造でないと、無理だと思います。

そのあたりが
関西は、基礎工事をあまり重視しないことと
関係しているのかもしれません。
(それだけではないですがね。)

目次ページに戻る

Copyright©おおきた石材店,2015All Rights Reserved.