Q162~法名と戒名の違いって?

通常、人が亡くなったら、戒名というものを頂きます。
これは、死後の名前、と考えられている人が多いかもしれませんが、
違います。
戒名とは、仏門に帰依したものが守るべき五戒、十戒など仏教の戒などの儀式を受けたものが
与えられる出家者としての名前なのです。
なので、生前に頂く人も多くいます。

さて、じゃあ浄土真宗における、戒名、のようなもの。
「法名」とは?

浄土真宗は戒はありません。
なので、戒名もありません。
ただ、
浄土真宗の教えに帰依したという証として、
在家のまま、帰敬式という儀式を受けます。
俗に「おかみそり」とかいうらしいのですが、
それを受けた人は、浄土真宗の信者だという証として、
「法名」という名前を頂くのです。
こちらも生前に頂くのが普通のようです。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。