納骨スタイルが違ってた「福井のお墓」

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@1級お墓ディレクターの
おおきた石材店です。

初雪が降った週末。
まだまだ寒いですが、今日は、セミナー受講のため
大阪へ行ってまいります。

IMG_20181210_072816

日帰りですが、しっかり学んできたいと思います。

 
先日、お邪魔した福井の墓地ですが、
これをたくさん見ました。

IMG_20181203_150330

いわゆる「ブタハナ」と呼ばれるそうなんですが、
(いや、その呼び名知らなかったし。。。塩田さんありがとう)
予想外にたくさん見かけました。

但馬地方では、古いお墓にはたくさん見かけますが、

DSC_00361-500x375

いかにも「豚の鼻」に似てますね。
「ブタハナ」と呼ぶらしいのですが、但馬地方では、すごく古いお墓のみ
見かけます。
つまり、古いタイプの納骨ですね。

でも、福井ではそうではありません。

IMG_20181203_143457

中台の後ろに、ブタハナが!!
非常に珍しいもの見かけたな!!ってビックリしたんですが、
(新しいお墓で、このような納骨スタイル、初めてでした。。。(^O^)

IMG_20181203_145018

こっちのデザイン墓にも!!ありました。

IMG_20181203_150824

なんと、この位置列の中に4基も!!

これは、想定外ですね。
完全に古くて時代遅れの納骨スタイルだと思っていた「ブタハナ」が
現役で活躍していたなんて。。。

ブタハナの欠点は

〇納骨口が狭いので、壺ごと納骨しにくいこと
〇納骨口の加工が難しく、きれいに収まるのが熟練の技術がいる
〇水が入りやすい(予想ですが。。。)

逆に良い点として、

〇正面に納骨口がないので、不要な部材、スペースが必要ない。
〇花立、水鉢を固定できる
〇後ろが狭ければ、側面から納骨も可能

などですね。

そうなんだ、ブタハナ現役だったんだ。
いいもの見せてもらいました。
ブタハナ納骨、素敵です。(^O^)

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。