Q133~実家のお墓、どうすればいいの?

「旦那のお墓と私の実家のお墓、二つあるんだけどどうすればいい??」
「何言ってんのよ、私なんか、3つのお墓、看てるのよ。こっちこそ、どうにかしてほしいわよ。。。」
悩み3

実はこういう人、全国に非常にたくさん、いらっしゃいます。
結婚して、お墓を管理することになったけど、
自分の実家のお墓も一人娘だから、誰も見てくれなくて。。。

そういうご要望の多い、お墓問題。
そのお墓問題を解決したいという願いから、
生まれたのが、「両家墓」(りょうけはか)と呼ばれるもの。

「都会ではたくさんあるだろうけど、
田舎じゃあ、まだまだそんなの。。。」

face_obaasan_cry

実はけっこうあるんです。
あまり見たことないかもしれませんが。。。

両家墓は2家族の(2基以上の)お墓を一つにまとめたものです。
やり方、建て方、方法など、
いろいろあって、奥も深いです。
これから説明していきます。

「両家墓って具体的にどんな時に建てるの?」につづく。

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 



雨漏りしないお墓~「信頼棺」®
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「おおきた石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター試験」第1回(2級)試験に合格、その翌年から開催された「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、お墓についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。