兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

Q136~両家墓②-どちらの家にもお墓がない場合

    
no image
\ この記事を共有 /
Q136~両家墓②-どちらの家にもお墓がない場合

② どちらにもお墓がない場合

どちらにしても一番費用が掛かる場合ですね。
逆に、何もないのだから、自由にお墓を建てることもできるし、
お墓はもう建てない、という選択をする人も多い気がします。

 

1) どちらのお墓も建てる場合

これは、両方のお墓を建てるということです。
なかなか二軒のお墓を建てるのは大変でしょうね。
でも、昔はそれぞれのお墓を当然のように建てていたんですね。
今はなかなか二つのお墓を建てるのは大変ではないでしょうか。

墓地を選ぶことができれば、
「お参りしやすいように隣同士で建てましょう」となることも
時としてあります。

 

2)どちらか一方のお墓のみ建てる場合

おそらく、ご主人のお墓を建てる方が大半ではないかと思います。
それじゃあ、奥さんのご両親はどうするかというと、
広いお墓なら、一角に小さなお墓を建てるという方法はよくあります。

また、ご主人の墓地に両家のお墓を建てる
「両家墓」もよく見かけます。

新しく建てるわけですから、かなり自由に設計することもできます。
(もちろん墓地自体の制限もありますが)

 

3)どちらのお墓も建てない

これは、「お墓じまい」の範囲にも入りません。
お墓自体がもともとないのですから。。。
ですが、都会では、非常に多いようです。

一生、お墓を持たずに過ごす人、です。
またの名を「儚い(墓ない)人」とも呼びます。

 

最後に、どちらか一方のお墓のみ、あって
もう片方にはお墓がない、場合です。

 

 

両家墓のよくある場合

 

 

Copyright©おおきた石材店,2016All Rights Reserved.