ピラミッドを作った人々はもっと苦労があったでしょうな。。。

おはようございます。

春なのに♪~
強烈に暑くなりそうだったので、スペシャル対策しております
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

まずは、世界一暑さに強いと一部で噂されているキャップを装着。
秘密結社「 I  LOVE INDO 」(produced by 南印度洋行)製作。

DSC_0002

このキャップの後ろには、石とインドの神様のお守り付き。

DSC_0002

これで暑さ対策は万全です。

そして、直射日光対策としては、これ。

DSC_0004

SPF+50の威力はすさまじく、日焼けしません。
ありがたや~~\(^▽^)/

というわけで、古代ローマや
ナイル文明の頃のピラミッド工事にかかわった人人の苦労は
いかばかりかとおもいつつ、お墓の延石を運びました。

まあ、全然楽でしょうね。こちらの方が。。。(^_^;)

ご先祖様、ご苦労様です。

 

エンジン付きの運搬車が登る地点まで、土嚢袋で養生。

勾配の緩い部分は畳を代用します。

DSC_0007

 

でもって、長めの延石と短めの延石2本をここまで上げました。

DSC_0009

短め2本を先に持って行って、
さあ、長いやつです。

石をこのように運搬するための”コロ”(転がっていくからコロなのかな。。。)
まあ、コンベアーの様な円柱のものが転がってその上の荷物が移動する
という構造のもので
この道を運んでいきます。

今回、このコロを借りたんですが、チョー優れもの。

DSC_0013

バックしない、んです。

一方向にしか回らない構造。
いや、文明万歳!!
ピラミッド工事の頃には、なかったはずです。

 

DSC_0016

上り坂でも、疲れたら休憩。
していても、このようにバックしないんですよね。
ありがたや~~~

 

というわけで、
延石の設置は完了しました。

 

 

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。