お墓の文字に黒を入れる

お墓の文字ってすぐに汚れたり、
あるいは、細かい字が読めなかったりしますね。

そこで、文字の中に黒とか、白とか、
色を入れます。

基本的に、水性塗料がいいですね。

DSC_0017

乾くまでは水で洗い落とせるので。

このように、細筆で細かい部分まで
黒を塗っていきます。

DSC_0013

コツは、細かい部分まで、丁寧に塗ること。
適当に塗ってしまうと、出来上がりも適当に
なってしまって、
あまりいい出来栄えになりません。

 

DSC_0019

でも、こんな具合に、はみ出して、
汚くなってしまいます。

そこで、

これです。

DSC_0046

ホームセンターで売っている
「スクレーバー」の替え刃です。
工具とかカッターなどが売っている場所の近くにあるはずです。

 

で、使い方は以下の通り。

こうやって、丁寧にはみ出した塗料をこすり取って
行けば、出来上がりは非常に美しくなります。

【注意】 あまり固い刃を使うと文字が欠けてしまうこともあります。
特にカッターの刃などはその可能性がありますので、使わないでください。
また、鋭利なものです。けがをしないよう軍手等をはめて利用してください。

 

DSC_0049

このとおり。

DSC_0050

見た目はすごくきれいです。

ポイントは以下の通り。
○ 塗料は完全に乾いてから、はがす。
○ ある程度光沢(ぴかぴかしている)石でないときれいになりません。
○ どうしてもきれいにならないときは「ペイント薄め液」でこまめにふき取りましょう。
○ とにかく小まかく、丁寧に、根気よくすること。

 

以上です。
試してみてくださいね。

まだピカピカしているお墓ならもっと手軽に色を入れる方法もありますが、一番無難な方法をご紹介しました。

光沢がない、表面がガタガタしているお墓は
この方法が使えないです。
ご了承ください。

自分では自信がない、怖い、
できないという方は代行も承っております。

また、
おおきた石材店で戒名、法名の追加彫刻をご依頼された方は
無料にて文字の色入れをさせていただいております。
(注 3名~5名程度まで。それ以上は有料にて承っております。)

お気軽にご相談ください。

 

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。