不安な「お墓」を安全な「お墓」へ


おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

今朝は、雨の匂いがする朝です。
長い梅雨の中休みも終わり、今日から梅雨空が戻って来そうです。

IMG_20200625_071405_1

うろこ雲がすごい。。。

 

来月、信頼棺によるリフォーム工事のお仕事させていただくことになりました。
父が建てたお墓なんですが、もう30年くらいになるのかな。。。
いわゆる石の上に石を乗せただけの、一切耐震等の対策をしていないお墓です。

 

「信頼棺」構造のお墓というのは、基本的に「耐震施工」です。
イメージとしては、「耐震施工」のお墓+ 「雨漏りしないお墓構造」が「信頼棺」構造だと思ってもらえればいいですね。

 

今回施工する墓地はおおきた石材店の近くの墓地で、先代、つまり私の父が建てたお墓が3,4基建っています。基本このお墓はもう20年以上昔のお墓なので、地震対策は施してありません。大きめの地震が来れば、おそらくズレるのは間違いないです。場合によっては、倒壊することもあり得ます。

 

それ以外に、私自身が建てたお墓も6基あります。こちらは、基本的に耐震、免震の工法で建てているので、大きい地震が来れば倒れますが、周りのお墓が倒壊しても何とか残っている可能性は高いですね。ただ、花立、水鉢は倒れてしまう可能性は高いですが。。。(納骨のため、接着してません)
で、唯一、この墓地で「信頼棺」構造のお墓が1基のみあります。私が建てました。このお墓は「免震、耐震構造」であると共に、「雨が降っても、納骨室内に雨水は浸入しない」構造です。

「安全」の反対が「不安」だとすると、不安なお墓が少しでも少なくなることはホントに嬉しいことです。安全なお墓をたくさん建てて行きたいですね。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。