【花立の穴が狭い】穴のあけ直しと花立の筒をセットで

花立の穴開け直し

⇒【ビフォー】加工前~穴が小さくて、ステンレスの筒が入りません

DSC_0001

⇒【アフター】(加工後)~穴を大きくして筒が入ります

DSC_0028

古いお墓などには用見かけるんですが、花立の筒を入れるには狭すぎる。花を直接石に供えるのが昔は普通だったので、それにステンレスの筒を入れる最近の花立石のサイズの花立のステンレスの筒は昔の花立石には入りません。ですから、穴を大きくします。ついでに、花立の筒もこちらでご用意。

【メリットは?】

圧倒的です。以前はこの石自体を水洗いしなくてはいけませんでした。水道がすぐ近くにあればいいのですが、なければ、この石を持っていくか、水を大き目のバケツか水タンクに汲んでこなくてはいけなかったのです。今ならこのステンレスを水洗いすれば済みます。この差は雲泥の差です。お墓掃除が大して苦ではないか、もう二度とやりたくないかの違いほど違います。まだステンレスの筒を入れていない方、ぜひこの際、ご利用ください。

 

ステンレスの花筒用の穴あけ直し

 

① 花立の石を工場に持ち帰り
② 石の穴、開け直し
③ 水抜きの横穴開け
④ それにピッタリのステンレスの筒
⑤ 出来た花立の石とステンレスの筒を
お墓に持っていきます。
⑥ 簡単なお墓そうじ

以上の6点セットです。

花立リフォーム工事(一基のみ)  15,000円(税込 16,200円)

 ※ 一基のみの料金です。通常のお墓は2基(一対)となりますので、ご注意ください。
※ 営業エリア外は出張料金がかかります。(豊岡市、香美町香住区、養父市、京丹後市)

お問合せ先はこちら。

 

1つの穴開けに対してこの金額です。普通お墓には二つの花立がありますから、この2倍の金額が普通です。