Q073~両家墓で気を付けること③


さて、両家墓をどこに、どうやって作るかを決めたら、(→→決める方法はこちら

最後にしなくてはならないのは、今まであったお墓をなくす、ということ。
それに伴って、人間関係も清算しなくてはなりません。

お墓をなくす = お寺の檀家から外れる

ということを意味します。

もちろん、当てはまらないこともあります。
おそらく、すごく少ないでしょうが、

sozai_29250

お寺さんの人となりがすごく好きで、人間的に尊敬できるので
そのお寺が一日でも長続きするように、サポーターとして、
そのお寺の檀家になっているんです。
お墓はないですが、檀家としての努めは私の生きている間は
果たすつもりです。(豊岡市在住 Aさん 男性)

とおっしゃる人も中には、いらっしゃるかもしれません。
でも、
ごく少数でしょう。
ほとんどの方は

お墓をなくす = お寺の檀家から外れる

とお考えだと思います。

お寺にとっても、檀家さんからの収入は唯一の収入源です。
言い方は悪いかもしれませんが、
「檀家さんが減ることは死活問題なのです」

なので、お墓をなくす側のお寺との関係はこじれやすいです。
その部分を十分配慮して、お願いをしてみてください。
お寺の境内にお墓がある場合、

お寺さんに「改葬許可書」の作成にご協力していただかないと
書類が作成できません。

その部分十分配慮して、お願いして下さい。
離壇、つまりお寺のサポーターから抜ける、ということになるので
今までお世話になり続けたお寺に対して、離壇料というものが
発生する場合もあります。
はっきりと決まってはいませんが、これまでの経過を踏まえると
多少の離壇料の支払いもする必要があるかもしれません。

市営霊苑、民間霊園の場合、お墓じまいには書類上の手続きのみで
可能な場合が多いですね。
それでも、お寺との関係は上に書いたことを踏まえてご相談してください。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。