楽園、岡崎でも石が採れますよ。

DSC_0203-2

石屋の楽園でホント、楽しい半日を過ごしました。
但馬、豊岡の豊岡東霊苑のお墓を建てたい、大北です。

上の写真のように、そんじゃそこらでは見られない、ディープな商いをされてる石屋さんが
あちらこちらにあります。

やっぱり、楽園ですよね。

 

さてさて、いよいよ、採掘場に入っていきます。

やっぱり豊岡だと玄武洞が採掘場の跡なので、あんな感じかな。。。

しかし、採掘場は非常に危険な場所なんです。

DSC_0082

関係者以外、立ち入り禁止。
発破作業をされているから。

石を割るときは、発破と言って、
爆薬を使って割るわけです。
非常に危険です。
なので、一般の人は立ち入りできません。

 

DSC_0084

だから、採石場はどこでも神聖な場所となるわけです。
そんじゃそこらの観光地とは違いますぞ。。。

DSC_0099

ちゃんと、案内係の☆野さんの先導の元、皆さん、興味津々で向かいます。

DSC_0086

中には、いろいろ道草ばかりの人もいます。
はいはい、そこの人、遅れちゃうので、行きましょうね。。。(^_^;)

 

DSC_0100

☆野さんの適格なガイドの元、現場に到着。。。
つ、ついに吉祥石の採掘場に到着\(^▽^)/
初上陸、初体験、とりあえず、初です。

DSC_0103

皆さん、興味津々で岩肌を確認しております。(^_^;)

写真撮りまくりの撮影しまくり。。。
やっぱり、石が好きですね。みんな。。。

さて、でっかいパワーショベルが小さく見えるほど、
巨大な石がゴロゴロありますが、

DSC_0157

こちらの採石場では、玉石、岩盤両方から石が採れるらしいです。

 

 

DSC_0120

じゃあ、私も記念写真。
この後、石を発破で実際に割ってくれるそうです。
発破作業の見学は生まれて初めて\(^▽^)/

 

DSC_0123

2人で穴の中に爆薬を装填ちゅう。。。(^_^;)

 

DSC_0136

わ、われた!!
(合図ぐらいしてよ~~、動画取り忘れてしまった。。。(-_-;)

 

というわけで、吉澤石材店さんのブログに割れる瞬間が
動画でアップされていたので、見てね。。。(^▽^)/

(吉澤さん、勝手に直リンク、ごめんなさい。。。)

 

そのあと、採掘されている「ストーン吉祥」の社長に
某日本石材工業新聞の社長が、社長トーク(^_^;)

DSC_0142

「社長、もうかってますか??」
「いや~、ぼちぼちでんな~~」

 

DSC_0141

「じゃあ、社長、石は好きですか?」
「石は大好きなんだけどね。。。」

 

DSC_0140

「何か、不満なことがありますか???」
「う~とね、
。。。」

DSC_0139

「大好きな吉祥石でたくさんお墓が建てられるよう、
頑張ります!!!」

 

とにかく、石屋の楽園で採掘されている数少ない石
「吉祥石」、地元密着の石ですが、
いい石ですね。
いつまでも採掘してほしいです。
頑張ってください。\(^▽^)/

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。