一番好きだった家族のための最高級納骨袋です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の(stoneman-ohkita)です。
11月も中盤になってきて、ずいぶん寒くなって来ました。

昨日(11月14日)の神戸新聞朝刊に掲載されておりました。

dsc_0008

今年度の兵庫県の技能顕功賞受賞者161人。
その中に私の名前が。。。(^O^)

 

dsc_0011

ありがとうございます。
感謝です。

しかも、

但馬石材工業組合の元組合長、天野さんと一緒に。
天野石材店

江戸時代より続く由緒正しい石材店様です。
一緒に受賞できて、嬉しいですね。

今後も引き続き、よろしくお願いします。\(^▽^)/

 

ところで、いつもお世話になっている
京縫の伝統工芸士、安部敦子さんから、納骨袋が届きました。

最高級の絹に京縫いの刺しゅう入り納骨袋。
しかも、ペット用納骨袋です。

dsc_0003

紺と白。

 

dsc_0009

紺はシックで、刺繍もコスモス。
大切な家族であるペットへの哀悼の気持ちを込めた
納骨袋です。

 

dsc_0012

こんな感じ。
(全然だめじゃん。。。(^_^;)

 

dsc00487

もう一つは、白。
そして、刺繍はひまわり。
もっと明るく送ってあげたい、という方の気持ちを代弁した
明るいかわいい納骨袋です。

dsc00488

一番大切だった家族のための「ラストドレス」。

ペットだけでなく、幼くして亡くなった子供さんにも
使っていただける最高級の納骨袋です。

お問い合わせ先はこちらです。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。