お地蔵様の修理、させていただきました。

こんにちは。但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、大北和彦です。

今日は現場仕事する予定だったんですが、30分程度で土砂降り。。。(^_^;)(^_^;)

現場作業、40分で終了してしまいました。
何のために行ったのか。。。(^_^;)

仕方ありません。
こんな日もあります。
で、午後から雨が上がってきました。
が、午後からは組合の監査会&役員会&お別れ会。。。(^_^;)

続きは明日です。

 

というわけで、お地蔵様の補修工事させて頂きました。

 

DSC_0007

とあるお墓の六地蔵さま。
普通に見えますが、よく見ると、かなりひどい状況に。。。
6体のうち、3体は首が折れております。
つま先のないお地蔵様の2体。
下半身のないお地蔵様が1体。(下半身はセメントで出来ております。)
台座の蓮華台が割れているお地蔵様が2体。

 

と、このお地蔵様の割れている部分を接着して、ない部分は
セメント補修。

IMG_20190313_100107

現場では、補修もままならないので、4体のお地蔵さまと2体の蓮華台を持ち帰り。

 

持って帰ってみると、かなりひどい状態でした。
粉々に割れている部分も多く、欠片を一片一片集めて、はめ込みはめ込み。。。
パズル状態です。
それで、分かる範囲で継ぎ合わせ、石材用接着剤で固定。

それでもない部分は、どうしようもありません。
新しい石で作り直すべきですが、ご予算の都合上、そのままセメントで補修して、
設置です。

IMG_20190211_142844

一枚目の写真との違いが分からないかもしませんが、
割れた部分は全て補修、接着済み。
ない部分は、一部、代替石材を埋め込み、残りはセメントで補修。
何とか、形に。。。なってませんか?
なってますよね。

一昨年の大雪で、倒壊、首が折れたり、足元が割れたりと
散々な状態だったようですが、とりあえずは。。。

一番左の下半身がないお地蔵様がやや下の部分が。。。ですが、
時間的制限もあり、終了です。

石自体がみかげ石ではなく、堆積岩の「竹野石」なので、
風化が激しく、石の寿命が来ているようです。
次はもう補修では済まないでしょうね。

お地蔵様の補修工事も承ります。

 

メールお問合せ

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。