「お墓を建てる」を一新しました

ホームページの「お墓を建てる」の部分、一新しました。
「お墓を建てる」(https://ohkita-sekizai.com/building)

 

アイコン画像
お墓のアドバイザー大北和彦です
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店
☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店してます
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事もしております
それに伴って、その部分をより詳しく書いた記事
「お墓を建てる前に知っておくべき6つのこと」
     (https://ohkita-sekizai.com/building/00-2)

を書きました。11,000文字超えです。この私のホームページ、1400近い記事を投稿しておりますが、おそらく最長の記事だと思います。どうしてそんなに長くなってしまうのか?

この記事は「お墓を建てたいと思った人がお墓のデザインを決めるまでの流れをシュミレーションした記事」になっています。本来なら、この後、お墓の基礎工事を決めて、文字の種類、書体、デザインなどを決め、施工方法(耐震、免震施工をするのか? それ以外を選択するのか? その理由は何か? )といったことも相談しないといけません。

そうです。これは私が普段している「見積書」の解説、「見積説明書」そのものなのです。でも正確にはもっともっと突っ込んだ、細かい部分も説明したものになります。お墓それぞれに向き、地盤、排水、勾配、周囲の環境と全てが違うからです。そのお墓にふさわしい構造、デザイン、建て方があります。

でも、おおきた石材店では通常、この程度の見積説明書を添付いたします。いや実際はもっともっと細かい部分まで説明しています。その説明をいかにわかりやすく説明するかにいつも苦労しておりますから、実際にはこれの何倍か、という分量になることもあります。

見積書を提出するということはそれほど努力と時間と情報と経験と先を見越す先見の名みたいなもの、が必要なのです。

参考になるかどうかはわかりませんが、一度ご覧ください。(ちなみに最初の「みんなで話し合おうよ」はとりあえず一度読んでみてください。参考になると思います。)
「お墓を建てる前に知っておきたい6つのこと」
(https://ohkita-sekizai.com/building/00-2)

お墓で一番大事なのは「構造」。あなたのご希望に沿った構造のお墓をご提案します。兵庫県豊岡市で唯一のお墓ディレクター1級取得者。雨漏りしないお墓のご提案もしております。おおきた石材店です。

ご質問、見積依頼はこちらへどうぞ。
http://ohkita-sekizai.com/contact-2

 

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。