兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

カーシェアリング、好きですか?

  
\ この記事を共有 /
カーシェアリング、好きですか?

おはようございます。春はお墓を建てる季節です。(お墓を建てるにはこの時期が一番です)

◇兵庫県豊岡市のお墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」正規代理店
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

ところで、カーシェアリングってご存知ですか? 

「共有」が増えてます

一台、あるいは数台の車を何人かの人々で共有することです。新しい車の利用の仕方だといわれていますが、これってどう思われますか?

車って基本、自分で購入して乗るものですよね。ランニングコストもかなり掛かります。ガソリン代、任意保険、税金も安くはないです。長い間乗っていれば、不具合がおこり、メンテナンスも必要となります。数年に一度は「車検」という検査も受けないといけません。

これら膨大な費用、コストを考えて「車っていらない」と考える人が増えてきています。
でも、豊岡市などでは車がないと困るので、「カーシェアリング」という方法を選択される人もいらっしゃるでしょう。。。

これって、お墓も一緒だと思います。

つまり、

お墓は「マイカー」派です

マイカー派は「お墓」です。

日本は長らくお墓は自分固有のものでした。だからどんなお墓でもいい。自分好みのデザインで自分好みの石で、好きなように建てられたのです。(多少の制限はありますが。。。)

費用をかけて豪華なお墓を建てることもできます。逆に簡素なお墓でも構いません。

しかもお墓自体は建ててしまえば、車ほどランニングコストはかかりません。お墓は建ててしまえば、費用はほとんどかかりません。新しく亡くなった人があれば、その方の文字の彫刻に費用が掛かるくらい。年間の墓地管理費は掛かりますが、それ以外はほぼ必要なくなります。

新しい供養の仕方は「カーシェアリング」のようなもの

それに対して最近の新しい供養のスタイルは大まかに言うと、「費用は抑えめだけど、多くの人と共有」がキーワードとなります。

永代供養墓しかり、樹木葬しかり、納骨堂しかり。海洋散骨,合祀墓も広い意味で同様です。みんなでシェアしあう仕組み。まさに「カーシェアリング」と同じ仕組みです。

 メリットデメリットも近いものがあります。初期費用は少し抑えめ。良くよく調べればかなり費用は抑えて供養することができます。

一方、デメリットは「共有」という部分。自分所有ではないので、いつでもどこでも好きなように、とはいきません。お盆とかお彼岸とかは規模が大きければ大きいほど混み合い、すぐにお参りできるとは限りません。納骨するスペースが個人専用であっても、所有ではないので、勝手に改造とかはできませんし、場合によってはどこが個人専用かを確認できない場合もあります。合祀墓などは個人専用部分すらありません。ご遺骨自体でさえ、シェアしあう状態となります。

まとめ

さて、どちらがいい、とかどちらが悪いとかいう問題ではないのです。

「あなたはどちらを選びますか?」 という問題です。

どんな世の中になっても、所有したい。所有して自分なりの供養を追求したい。プライベートな空間で亡くなった故人との交流の場を持ちたい、という方は「マイカー」派。お墓を建てるべきだと思います。

そうではなく、少しでも費用を抑えられて、管理もすべて行き届いて、「私がいなくても安心して任せられる」方法がいい、という方にはもしかしたら「新しい供養のスタイル」があっているのかもしれません。

でも一つだけポイントを。

「新しい供養」のすべてがベストだとは限らないということ。本当にトータルで費用は抑えられますか? 管理はほんとに行き届いていますか? 安心して任せられる施設ですか? そのあたりをしっかりと確認することは極めて大事です。

納めてしまってから後悔しても遅いのですよ。

Copyright©おおきた石材店,2022All Rights Reserved.