施工事例

IMG_20210121_100635

今年最初の防草工事

おはようございます。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

雪が降る1月2月は、昔はほぼ現場仕事はしなかったのですが、最近はできるようになりつつあります。今年は雪が多いという話で1月は無理かなと思ってましたが、できそうな雰囲気です。

リフォーム工事第一弾は防草工事です。「草が多くて草抜きが大変だから、草が生えないように。。。」というおおきた石材店では、非常に多いご要望です。田舎のお墓はとても広いお墓が多いです。今回のお墓もおおきた石材店が建てたお墓ではありませんが、18平米くらいありそうな墓地です。草取りも大変です。

田舎の墓地はどうして広いの? という記事を書こうかなと思っているんですが、とにかく広いんです。防草工事自体もどうしても高額となりますね。

IMG_20210121_094248

すでに取り去っていますが、玉石が敷いてあるのですが、土の上にそのまま薄く玉石が敷いてある状態です。玉石は「南国石」と俗に呼ばれている化粧砂利です。再利用のため、回収して洗いなおして、敷き詰めます。回収した分で全部撒けるかどうかが不安なので、いろいろ検討中です。

IMG_20210121_100635

きれいに漉き取って、転圧します。

IMG_20210121_132250

踏み固めて、メッシュ筋を敷きます。下地にするコンクリートの割れ防止です。

IMG_20210121_142535

コンクリートを敷き詰めて、その上に回収した「南国石」という化粧砂利を撒きなおして、完成という段取りですが、明日から雨予報が続くので、しばらくこのまま放置ですね。。。来週以降の工事となりそうです。

 

 

 

防草工事、絶賛受付中です。6つのパターンであなたのお墓に最適な手法をご提案します。電話にてご相談受けつけております。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メールで相談

 

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

IMG_20201210_160128

雪降る前に完成できなかったけれども。

こんにちは。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
いよいよ、雨が本格的に降ってきました。
この雨が今夜半から雪になる予報。冬が来てしまったな。。。

IMG_20201214_072945

この風景が白くなるかな。。。

 

さて、狭い墓地ですが、なんとかかんとか外柵の石が設置できました。
(広げたから設置できたんですよ。そのままだと入らなかったな。。。(^-^;

IMG_20201210_110039

いつものように、石同士、石と基礎のコンクリートを強力な固定金具で固定。
しかもオールステンレス製なので、ほぼ錆びません。

IMG_20200916_100439

通常の3倍の強度がある金具と一回り太いウェッジ式アンカーボルト。これを12組使用して石を固定しています。

 

今回は比較的小さなお墓なので、基礎コンクリートはお墓の石が乗る部分のみ。

IMG_20201210_160134

20センチくらいの厚みのコンクリートを使ったのですが、石が乗らない部分は、この厚みは必要ないので、半分の厚みにします。草が生えないだけの目的ですから。

IMG_20201211_094604

型枠を外して、埋め戻し、踏み固めして、

IMG_20201211_104844

コンクリートできた、と思ったら、ちょっとだけ足りなかった。。。
もちろん、足らない分も追加で施工しました。

雪が降る予報だったので、とりあえずコンクリートまでは完了。
(雪が降る気温になると、コンクリートの工事は気温対策が必要になります)
後は、年明けかな。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

IMG_20201109_115108 (1)

隣のお墓がしっかりと設置されているとは、限らない

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

雪が来週から降るっていう予報が出ているんですが、年内は降らないでほしいって、心から願っています。
雪降ると、工事がそこまで、となってしまうので。。。。

 

IMG_20201109_101827

新しいお墓工事に取り掛かっています。
まず、外柵の部分の基礎コンクリートをするために、地面を掘っております。今回は小さめなお墓のため、通常とは多少違う基礎の仕方です。

お墓の石が乗る部分にまず、コンクリートをします。

IMG_20201109_115108 (1)

砕石入れて、しっかりと踏み固めます。コンクリートの下支えする部分ですね。右側に残っているものがすごく気になります。

それから、

右のお墓も左のお墓も境界部分がガタガタなのも気になりますね。一応寸法はきっちり計ったはずなのですが。。。

(右のお墓は私が建てたお墓なんですが、外柵の部分はすでに設置されていたので、全然こんなことになっているとは気づきませんでした。。。(^_^;))

 

 

はい、実は、この部分(お墓の一番中心の部分が両方のお墓が中に入り込んでいて、外柵の石が設置できなくなっていたのです。

IMG_20201204_135953 (1)

ですから、広げるため、両方のお墓の外柵を押している所。
ちなみに、向かって右のお墓は玄武岩の外柵の石ですが、左のお墓は古いブロック塀です。基礎がほぼないので、こちら側にせり出して、しまっていました。
その影響で、左のお墓のわずかに見えている戒名碑がずいぶん傾いてきています。。。

大丈夫かな。。(^_^;)

 

 

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap