兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

大地に根を張る大樹のような存在感あるお墓

 
IMG_20181220_120238

大樹というデザイン墓石です。最大の特徴は「角(カド)がない」お墓です。

これは、私が長年、追い求めていたデザインです。カドがない、という条件とカッコいい、という条件は実は非常に両立しにくい条件です。この条件をしっかりと体現したお墓のデザインを発見しました。それがこのお墓、大樹シリーズⅠです。

IMG_20181220_115052

そして、もう一つの大きな特徴は右と左が非対称だ、ということ。アシンメトリーというのですが、これは、非常に高度なデザインでないと成立しないのですが、それが完璧に成立しています。

特にこの向かって左側の曲面が非常に印象的です。

IMG_20181220_114627

とても、優美なおおらかな曲線で、最大の特徴でもあります。しかも、ただの曲線ではない、立体的な局面は、普通のデザインでは決して成立しない、魅力的な局面は、見るモノを魅了します。

IMG_20181220_115110

そして、右側の曲面は正面下部から左に向けて、流れるラインが上に登っています。このラインが絶妙なアクセントになっています。

IMG_20181220_115058

このラインの終端が尖っているのかな、って思ったら、予想外に丸く処理されていて、すごく納得しました。「角のないデザイン」という私が長年、目指したものをしっかりと表現されています。よくわかっているな、って思いました。石って、通常、とがっていて、鋭利な部分が多くできるんです。だから、角がない、というのは、石にとって不自然な状態。その不自然な状態をあえて採用して、デザインするという挑戦が完璧に成功しているな、って感じました。

IMG_20181220_115116

そして、この右側の局面に一面にツツキ仕上げの手加工処理。ただの曲面なら、左側と同じになってしまうのですが、そこをあえて、このような手加工の処理を施して、アクセントをつける。正にデザインのプロの仕上げですね。

IMG_20181220_115701

下の台石、手前の花立の石にも、手加工が施されて、見事なアクセントとなっています。ただの平坦なツツキ仕上げではなく、その間隔に差をつけて、微妙な濃淡を表しています。下へ行くほど、細かく叩いてあって白く見えます。これもデザインの妙。全体的に非常に見事なデザインになっています。

IMG_20181220_120242

石の絶対的な特性であった「尖った角」を全て排除して、触って優しい、ケガをしないデザイン。そして、全体的に優美な雰囲気を醸し出していつつ、締まりのないデザインにはならない。

プロのデザイナーがデザインしたものとは、正にこういうものでしょうね。インターロックの「プレミアム墓石」シリーズで私の一番好きなデザイン墓の一つです「大樹Ⅰ」を北欧、スウェーデンの銘石「バーハスレッド」というブラウン系の石で仕上げたら、ほんとに素晴らしいお墓になりました。

「大樹」という名前の通り、大地から雄大に根を張り、幹を伸ばす大樹のような安定感と安らぎを感じさせるお墓です。カドのないデザインと合わせて、石という鉱物には見えない存在感のあるお墓です。

◆他の石でも作ることができます。検討材料としてください。

アーバングレー②
663③
ニューインペ③

希望者全員にプレゼント

この記事に書かれている「大樹Ⅰ」をはじめ多くの素敵なデザイン墓を収めたパンプレットを無料でプレゼントします。全ておおきた石材店でも扱っているデザインのお墓です。ご希望の方は下記のLINEから友達申請後、「パンフレットが欲しい」と書いて、お申し込みください。

Copyright©おおきた石材店,2022All Rights Reserved.