草が生えるお墓とは?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20200522_070439

田んぼに水が入り、田植えが終わりつつあり、春から初夏に変わりつつある今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしですか?
とても久しぶりでの投稿です。

新型コロナの影響で、いろいろとイレギュラーな出来事があり、投稿できていませんでした。

 

本日、ある墓地にお墓工事に行って、見かけた写真です。

IMG_20200520_094950

お墓から、草が!!生えてます!!

IMG_20200520_094957

一見、それほど不思議な風景には見えません。

「ああ、よく見かけるお墓ですね。」と感じたあなた。
apron_woman3-1question

実は、これはある事実を物語っています。

 

これは、大きな地震が来たら、間違いなく

 

「倒壊してしまうお墓」

 

だということを物語っています。

どういうことかというと、
すき間から草が生えてくるということは、石と石の間にはすき間が開いている、ということ。
つまり、
石と石は接着してないということ、なんですね。

お墓の石は全体で1トンとか2トンとかあります。それだけ重たいお墓の石なのに、しっかりと固定しておらず、
石の上に石が乗せてあるだけ、ということ。
ホントにそれで大丈夫?と思ってしまいます。

誰もいない時に、大地震が来て、倒壊。それはまだいいです。自分のお墓が倒れただけですから。

でも、お彼岸とかお盆のお墓参りの時、そうなったらどうですか?

近所の子供たちがそばで遊んでいる時、そうなったらどうですか?

たまたま近くを人が歩いている時、そうなったらどうですか?

 

それは、あまりにも心配症すぎるよ、って言いきれますか?

 

自動車保険を掛けずに走っている車と同じだと、私は思ってしまうのですが、
みなさんはそうは思いませんか?

 

何かあったときに備えるのが「保険」なら、何かあったとき(大きな地震があった時)に備える(倒れて被害が出ないように)ために「地震でも倒壊してしまわないような対策 」って最低限必要だとは思いませんかね。

小さなお墓なら、必要ないかもしれません。

そうではなく、

大きなお墓を建てるなら、それは最低限の備えだと思いますが、そうではないですかね。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。