Author Archives: ohkita

IMG_20200727_103722

みかげ石は磨き直すと新品に近くなるので、リフォーム時にはぜひおすすめします

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と石材のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

梅雨明けが近づいているようです。今年は梅雨明けせずに秋に突入かと、心配しましたが、大丈夫そうです。
しかし今朝は大雨。。。(^_^;)

 

ところで、みかげ石と呼ばれる花崗岩はお墓によく使われる石なんですが、
この石、経年すると光沢が落ちて、ぼんやりとした艶になってきます。
(20年、30年という単位ですよ。。。)
ですが、「磨き直し」という事をすると、当初の美しい光沢が戻ってきます。
お墓をリフォームする際には、一度検討されることをお勧めします。

 

目次

  1. お墓の石の磨き直し
  2. 彫刻はチッパー仕上げ
  3. まとめ

お墓の石の磨き直し

今回のお墓リフォームに加えて磨き直しもさせて頂きます。

今回のリフォームは竿石(「〇〇家之墓 」と彫刻されている石ですね)を新しいものに交換。
一番下の芝台という石を信頼棺という雨漏りしないお墓構造に変更するので、そちらも交換。
残りの中台、芝台、花立石、水鉢石という部分を元々の石をそのまま使う、という予定です。

こちらが上台の石。正面には、「蓮華」の彫刻ですが。。。

IMG_20200724_114904

ずいぶん光沢が落ちていて、全体的に汚れてしまった、という雰囲気。

 

IMG_20200724_114909

上の面、先ほどの竿石がのっかる部分はかなり汚れて、黒くなっています。

一番上と一番下が新しい石で、真ん中の石が30年前の汚れた石だとすると、なんだか手抜きみたいな仕上がりになってしまいます。
なので、この中台、上台という石も磨き直すことにしました。

 

IMG_20200724_135701

磨いて、光沢が戻ってきました。ただ、右側の黄色く変色した部分は元には戻りません。中まで色が変わっているから。

 

IMG_20200724_135701-2

この部分です(赤線で囲った部分。黄色く変色しております)
内部まで変色してしまっているので、これは仕方ないですね。。。

 

彫刻部分はチッパー加工

表面を磨いたらやっぱり美しくなります。そうなると気になるのが、ここ。

IMG_20200724_142338

この蓮華彫刻した部分。他の部分が光沢が出ているので、どうしてもこの彫刻の部分が気になります。この汚れと、仕上げの悪さ、何とかならんかな。。。ということで。。。

 

IMG_20200727_095642

この蓮華彫刻もチッパー仕上げにし直しました。

ちょっと汚い画像ですが。。。(^_^;)

IMG_20200727_095642-2

赤線で囲った部分は、チッパー仕上げにし直した部分。黒線で囲った部分はまだ何もせず30年前のブラスト加工のままの蓮華台の彫刻。

 

 

IMG_20200727_103722

で、全てをチッパー加工にし直しました。仕上がりはまだまだですが、思ったよりきれいに出来上がりました。

中台、花立の石、水鉢も最低限の磨き直しします。

 

まとめ

どうですか?
この画像では分かりづらいですが、ずいぶん美しい光沢が戻ってきました。
みかげ石って素晴らしいですね。磨き直せば、30年前の状態に近くなれる、ということ。
もちろん先ほど挙げた、黄色くなる部分はこれでは元に戻りませんが、それを差し引いても、ほんとに見違えるほど美しくなりました。

石によって、光沢が戻りやすい石と磨き直してもあまり効果がない石がありますので、そのあたりは石屋さんと相談された方がいいかもしれませんが、リフォームの際、一度検討してもいいかもしれません。特に今回の場合、一部の石を新しい石を利用してリフォームという場合、新しくてピカピカの石と古くて光沢が落ちた石が混在すると、見た目があまり良くありません。ぜひとも検討の余地があると思います。

また、外国の石の場合、今現在、採石(石を掘り出す、切り出す)を停止している場合もありますよね。外国の石の場合、30年前だと、もうお墓の石は採石してないってことも多いんです。もちろん、日本の石も同様ですが、日本の石の場合、全国を探せば、あ、残ってたという事もあります。お墓を建てる時にどういう石を使うかの選択基準に「日本の石でメジャーな石」というものを選ぶ基準にもなりますね。

お墓に関する疑問質問、お受けしております。LINE公式、メール、電話にて。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200721_095246-2

古いお墓もリフォームで信頼棺のお墓に出来ます

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
お盆前ですが、お墓のリフォームを実施中。
ただのリフォームではありませんよ。30年前、私の父が建てたお墓を30年ぶりにリフォーム。
しかも、
「信頼棺」という最新の雨漏りしない構造に進化させて、新しく建てます。

 

さて、今は30年前に父が建てたお墓が建っております。
そのお墓を仮撤去。
そこに「信頼棺」を設置するために穴を掘らなくてはなりません。

IMG_20200720_085128

撤去してみてわかったんですが、全面防草用にコンクリートが施工してありました。
コンクリートは分かっていたんですが、薄いモノだと思っていたら、意外にしっかりとしていて。。。

とりあえず必要な部分だけカットして、穴を掘ります。

IMG_20200720_102743

機械を使わず人の力で掘ってみました。意外と大変。。。

掘った後、砕石を入れて、しっかり固めて、

IMG_20200721_081640

鉄筋を組んで、

 

IMG_20200721_095246-2

コンクリートを敷き詰めて。。。これが基礎となります。お墓全体を支える基礎です。
ここはお墓全体を支えるので、ほんとに大事になります。13ミリの鉄筋を組んで作ります。

 

この後、雨続きで全然はかどりません。。。どうなるか。。。お盆に間に合うのか。。。
早く梅雨明けて!!!!
(暑いのもきついんですが。。。)

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200724_074722

花立の石に水抜き穴を自分で開けたいんですが、可能ですか?

こんばんわ。
兵庫県豊岡市のお墓と石材のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。
久しぶりの夕方更新です。

こんなお問合せ頂きました。
「古いお墓の花立に水抜きの穴を開けたいんですが、自分で開けるのは無理ですか?」というもの。

 

まずは、水抜き穴とは?

 

目次

  1. 水抜き穴とは?
  2. 何を使って開けるか?
  3. 市販の道具で開くの?
  4. まとめ

水抜き穴とは?

IMG_20200724_074718

お墓の花立の石をよくみてください。

IMG_20200724_074722

この穴ですね。この穴が水抜きの穴です。

IMG_20200724_074737

今のお墓はこのように、花立の石の中にこのようなステンレスの筒(底は閉じているので、水がたまる)になっています。掃除が手軽にできるように、ですね。こうすると水はこの筒の中だけでいいので、花立石には、逆に水がたまらない方がいいのです。腐敗してしまうので。

水を入れなくても、雨水等でどうしても溜まってしまう水を抜くために、側面に穴を開けるのです。

古いお墓や、石屋さんが開け忘れてかもしれませんが、側面、または裏面に穴が開いていないお墓の花立の石があるのです。それを自分で開けたいけど、大丈夫ですか?というお問合せ。
稀に筒がないお墓があります。そのお墓は穴を開けてはダメです。水が全部抜けて、使い物になりません。直接石に水をためて使う旧来の構造の花立です。

 

お答えですが、

「開けることは可能です。でも、気を付けてください」です。
ただ開ければいい、というものではありません。

何を使って開けるか?

私たちプロの石材業者は通常のドリル等では開けません。

「湿式のコアドリル」で穴を開けます。湿式なので、水をかけながら、筒状の穴開けで開けるわけです。

IMG_20200723_182419

これがおおきた石材店が使っている機械です。

下に石を固定して、上からボール盤の要領で水をかけながら開けるわけです。

IMG_20200723_182425

穴を開ける刃はこういう形状です。

IMG_20200723_182458

実際の刃を見ると筒状になっていて、その先には人口ダイヤモンドが埋まっています。これを回転させながら、穴を開けていくのです。だから、美しく穴が開きます。また、真ん中の石は残るので、円筒状の石が副産物として、残ります。

IMG_20200724_081740

ちなみに、おおきた石材店で加工して、穴明けをした後の副産物として出た石の円筒状のもの。
欲しい人はお分けしますよ。あまりたくさんありませんが。。。

こういう手法なので、美しく丸い穴が開きます。

市販の道具で開くの?

専用機械ではなく、市販の「電動工具」では? と考えられる人もいるかもしれません。

結論から言えばこんなに美しく開きません。それでもいい、という場合は、穴を開けるだけなら、開けることは出来ます。

道具としては、「ハンマードリル」と呼ばれるもの。

IMG_20200723_181936

こういうのや、

IMG_20200723_182249

こういうのですね。こちらは少し小さい「軽量ハンマードリル」と呼ばれるもの。

IMG_20200723_182354

 

ハンマードリル、と表記されていますね。

具体的には、

IMG_20200723_182257

このようなマークがしるされているものが必要です。ドリルのマークとハンマーのマーク。回転しながら叩くようなイメージですね。

使う刃はこんなもの。

IMG_20200723_182032

このような形状。これはコンクリ―トドリルと呼ばれるコンクリートに穴を開ける刃ですが、石材でも一応使えます。でも、あまり長く使えません。
IMG_20200723_182304

細いサイズだと、こんな感じです。しばらく使ってないサイズなので、錆が。。。(^_^;)

 

IMG_20200723_182307

差し込み形状はSDSプラスという規格です。ホームセンターとかでも一番よく見かける規格です。上の太い方は私は「SDSマックス」というあまり見かけない規格を使っていますが、通常、ホームセンター等で見かけるのは「六角軸」という規格です。

石に穴を開けるのはこういったものが必要です。回転だけでは穴は開きません。回転しながら、叩かないと石に穴は開かないのですね。私たちが使うダイヤモンドのホールソーという構造は人造ダイヤモンドなので、回転しながら少しだけ力を加えると、ダイヤモンドより柔らかい石が少しずつ切れていって、最終的には穴が開きますが、上のハンマードリルは石より硬いものが刃に使われていますが、ダイヤモンドほどは固くないし、穴をそのまま全て貫通させるので消耗も早いです。しかも叩いているので、切り口がかなりガタガタになります。

更にこんな道具。

時々聞かれるんですが、これでは石に穴は開きません。

IMG_20200723_182608

これ、「電動ドリル」と呼ばれるものですが、これは振動するだけで、叩く機能がないので、基本的にコンクリートや石には穴は開きません。

これに取りつける刃は例えば、

IMG_20200723_182638

これは、金属に穴を開けるものですが、石には開きません。

IMG_20200723_182716

これなどは、木工用です。木に穴を開けるものです。石には絶対穴は開きません。

 

まとめ

 

以上、石に穴を開けるのはどうすればいいのか、でした。

石って、木とか金属とかとは材質が異なるので、道具が違います。また、ただ単に穴が開けばいい、のか、きれいな穴が開けたいのかで異なります。水抜きの穴は見える位置に空けるので、きれいに開けたいと思います。しかもただ単にどこでもいいのではないです。水が完全に抜けなくてはならないので、穴の位置がけっこう大事になってきます。どの側面に開けるかもよく考えた方がいいと思います。側面なのか、裏の面なのか。

 

そう言ったことを全て考慮して、開けなければならないので、できればプロの石屋さんにお願いした方が間違いないと思います。

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
katachi1

日本で最も魅力的な石、大島石はいろいろな種類があります。でもどれでもいいのか? そんなはずがない。

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

 

今、日本の石の記事を好評連載中です。実は私は日本のお墓に使われる石の中で最も好きな石は「大島石」なのです。内緒ですが。。。ですが、ずいぶんと高級な大島石と縁がありません。非常に残念です。誰か大島石のお墓建てませんか? ぜひお願いします。

 

実は大島石に関してはたくさんの記事を書いております。
(詳しくはこちらをご覧ください⇒ 「大島石が好きだ」

目次

  1. 他の石とは違う選択基準です。「大島石」
  2. 大島石とは「盆栽」のごとし
  3. 仲買人制度とは?
  4. じゃあどうすれば、大島石のお墓が。。。
  5. まとめ

 

他の石とは違う選択基準です。「大島石」

 

先日、「天山石」はランクを気にするのは意味がない、という風な投稿をしました。。我ながら過激な。。。記事を書いてしまったんですが。。。(^_^;)
(⇒「お墓の石の等級よりも大事なことって? あるの? ないの?」

まったく正反対のことを言うようですが、「大島石」に関しては、この話は全く当てはまりません。「大島石」に関しては、絶対に等級が低い石を利用すべきではないです。
これは断言します。

なぜなら、

 

「大島石」の最大唯一の魅力は「大島石の美しさ」だからです。

IMG_20200714_222306-2

吸水率とか圧縮強度とかいろいろな数値は天山石には及びません。でも、最高級の大島石はホントにホントに美しいんです。この美しさは何に例えたらいいのか。。。
最高級の大島石はホントに澄んだ青い、ほんとに美しいとしか言えない表情を醸し出しています。

確かに、確かにですよ、

青さ、深い青さでは天山石の紺碧にはかなわないかもしれません。

 

確かにそうです。青の深さならね。

 

でも、ただ単に青い深みだけではない、独特の「大島カラー」と呼ばれる独特の目なり(あ、今私が作った言葉ですよ、他の石材店さんには通じません)がもう一度虜(とりこ)になると、眼を放すことが出来ない。それほどの魅力を備えた石なんです。

 

katachi1-3

 

大島石とは「盆栽」のごとし

 

例えて言うなら、「盆栽」。あのGACKT(がくと)様でさえ、見分けがつかなかった盆栽です。

publicdomainq-0002577rpopny

盆栽っていいモノと安いモノのみ分けってすごい難しいです。それが一目で見分けられる人とは、長い間たくさんの盆栽を見続けてきて、眼が肥えた人だけです。
本当にいいものを見分ける眼力って、長くいろいろなものを見続けないと分からないんです。それは石も同じで、
素人の人には、どれもこれもグレーでゴマ塩のような模様にしか見えないでしょうけど、私たち長い間、お墓を見続けてきた者にとっては、全然違うのです。

そんな沢山の石の中でも、「大島石」は一番魅力的に見えます。

スターの様にきらびやかで華がある「庵治石」。質実剛健、欠点の見当たらない「天山石」どちらも素敵です。

でも、

実は欠点も結構あるのが大島石です。欠点があるんですが、

 

それを補って余りあるのが、大島石の美しさです。

 

仲買人制度とは?

かつて「大島石」という石は「仲買人制度」という非常に大島石という石の特性を掴んだ、理にかなった流通方法で、いい感じでお墓になっていたんですが、その制度が崩れてしまい、今では、なかなか思い通りに流通できない不便さがあったり、まあ他のいろいろな「大人の事情」で全く普通の流通経路を持った石に成り下がってしまった感はあります。

石の採掘っていう仕事はかなり「運」が大きな比重を占めています。

一番よい石が採れる採石場、と言われている場所でも、現在は少し色が薄いので、やや人気が陰り気味、とか。

逆に、

こちらの採石場は普段はワンランク下と見なされていた石だったんですが、今、すごくいい石が採れているので、人気が高まっている、とか。

 

石って、自然の恵みなので、いつも常に工業製品のように、というわけではないのです。いい時もあれば悪い時もある。かつて機能していた「仲買人制度」はその、今いい石は、これだから、採掘された場所は関係なく、今いい石を提供します、という方法でした。
そのスタイルだったのが、今やそうではなくなったので、いい石が欲しくても、そうではない石が来てしまったり、という事が起きるわけです。

 

じゃあどうすれば、大島石のお墓が。。。

 

大島石の美しさを自分のお墓で表現したいと思った時、じゃあどうすればいいのか? 素人にはホントに分からないですよね。どうすれば、ほんとに美しい大島石のお墓をたてることができるのか?

これは簡単に言ってしまえば、非常に簡単です。

今一番いい大島石を手に入れるルートを持っているかどうか、です。

 

とっても簡単で、実は難しい問題です。そのルートを持っていない人にとっては決して手に入らないものなのです。
非常に簡単に書いてしまったんですが、非常に難しい問題なのです。ホントは。

 

 

まとめ

お墓の石って、ほんとに奥が深くて、よくわからないと思われたのが正直なところではないかと思います。

でも、難しく考える必要はない、と思います。特に「大島石」に関しては。
あなたが大島石を見て、「美しい石だな~~」と感じたなら、ぜひ大島石で建ててください。出来るなら最高級の石で建ててください。可能なら私がお手伝いいたしますよ。

でも、もし、
大島石を見てもそれほど感動というか、いい石だなと感じないなら、大島石を使ってお墓を建てようなどとは思わないでください。
あなたにとっていい石とは、「天山石」か、あるいは、「庵治石」です。東日本にも見たこともない、いい石がありますよ。非常に美しい石が日本には沢山あります。

 

大島石の美しさってそんなものだと私は思ってしまうんですが、少々思い入れが過ぎるのかもしれませんね。

 

 

※ 今回の大島石に関しては、色が濃くて、目が細かくて、揃っていて、はっきりとした目なり、という石を「いい石」と定義しております。そうではない判断基準もあるという事はご理解ください。私はそうではない判断基準で選ぶなら、「大島石」ではない方がいい、というスタンスです。ご理解ください。

 

 

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ メール問い合わせ
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。
 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200714_115143-3

お墓の石の等級よりも大事なことって? あるの? ないの?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

やっと雨が上がって、間もなく夏なのかなって雰囲気になりそうでならない。。。
今年の夏はどうなんでしょうかね。

 

昨日の記事で、書きました。

「お墓の石の等級を考えるよりも大事なことがある」

 

という事ですが、さて何かわかりますか。
ズバリ、加工です。

どんな高級食材を使っても、料理未経験者が作った料理って、美味しくなる可能性は非常に低いですよね。経験が浅い人はやっぱりいいモノを作ることは出来にくいんです。

どんなもの、どんなことにも上手くやるには、うまくやる手法というのがあります。その手法を正しく行えるもののみが上手くできるんですよね。なので、中国製品がすごく多い日本のお墓ですが、中国人が作ったら、品質が悪い、とか日本人が作ったら、品質が良いってことは全くありません。逆に日本人が作ったら必ずいいモノができるという事もないんです。

 

① 日本で採れた石 ⇒ 日本人が加工      (これが20年以上前は一番多かったが今は少数派)
② 日本で採れた石 ⇒ 中国人が加工(中国で) (ここ15年くらいは①よりこれが多かった)
③ 中国で採れた石 ⇒ 中国人が加工(中国で) (15年くらいこれが一番多かった)
④ 中国で採れた石 ⇒ 日本人が加工      ごく一部あるかもですが、ほとんどない。
⑤ 中国以外の外国で採れた石 ⇒ 中国人が加工(中国で)  おおきた石材店でも一番多いです。
⑥ 中国以外の外国で採れた石 ⇒ 中国以外の加工(日本含む)  ⑤からこっちにシフトしようかな、という感じです。増えるかどうか不明。

 

とこのように、いろいろな場所で、いろいろな石が加工されているんです。①がいちばん古くて20年前くらい。今⑤がメインで、⑥が新しい流れになりそうな感じ、くらいです。

とにかく、いろいろな石が色々な場所で加工されています。

 

どこで加工されているか、よりも、誰が加工しているか? が大事です。

 

中国で加工しているから、ダメだとか、
日本人が作っているから、いいだとか、
そんなことは全くありません。

 

誰が作ったか? 誰が加工したのか?

 

それが大事です。

 

でも。。。

433832_s-2

ホントにそうなんです。調べようがないんです。

 

でも、一つだけ、調べる方法があります。大概の石材店さんは一つか二つのルートでお墓を作っておられます。

① 自社で製作、もあります。
② 決まった商社(石材業界の輸入代行業のようなもの)に依頼する。
③ 国内の決まった工場で製作してもらう。
④ 自社で独自で輸入している
⑤ 石材問屋さん経由で依頼、製作してもらっている。

などが主な加工ルートです。
石材店ごとに得意なルートがあり、その1つ、あるいは2つ、多くても3つくらいで製作依頼(自社製作)しています。毎回毎回全く違うルートという事は通常ありえません。だから、その石材店さんの施工例、施工実績を見せてもらうのが、一番固いです。一番間違いないです。このことは覚えておいてくださいね。

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?

お墓の石、特に天山石に関しては、石の等級、つまり一番いい石、普通の石という等級よりも加工だけはしっかりと確認を、という話でした。
ですが、これは天山石に関して、という話です。

433787_s-2

例えば、大島石、庵治石に関してはまた別のことを考えなくてはならないんです。
お墓を建てるって、ずいぶん大変なことです。
でも、高額でおそらく二度と建てないであろうお墓です。納得のいくお墓が建てたい、とは思いませんか?

 

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ メール問い合わせ
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200714_115143-3

「天山石」って等級あるの、知っていましたか? 等級、上の方がいいの?下の方がいいの?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。
今日は大雨の予報だったんですが、雨降っておりません。
止むのかな。。。梅雨明けはまだかな。。。

 

西日本を代表する銘石でもある天山石。
(※ 銘石とは、お墓に使用するいい石ということ)

 

お墓の石って、より見た目の模様が均一で、揃っており、細かく、全体の色も濃いものが基本的に「いい石 」と定義されているようです。
いわゆる銘石と言われる日本産の高めの石はそういう項目でチェックされています。

それ以外の「大島石」とか「庵治石」という銘石ははっきりと等級が決まっているわけではないのです。
この場所で採れて、問題なければ、一番いい等級の石、ここから採れた石はどんなにいい石でも2番目の等級、というように、採掘された場所が基本でした。
それに、上の条件に当てはめて相対的に判断されてます。

 

ところが、「天山石」は違います。
天山石は基本的に一カ所で採掘されます。「天山石材」という会社さんが採掘した石が「天山石」なんです。基本的に。
なので、ここで採れる石は採掘場所での差別化はされていません。
(等級の高い石が採れやすい場所、取れにくい場所というのはあります。)

でありながら、厳密に「等級付け」されているんです。

この石は玉石なので、一つ一つが微妙に違います。でも、その目の粗さ、細かさではなく、
色の濃さ、美しさで等級付けされています。

確かに。濃い色の石はいいです。濃い色の方が光沢が鮮やかです。
なので、濃い、等級の高い石ほど、高価になります。

IMG_20200714_115143

天山石のサンプル。奥右は昔頂いた天山石のサンプル。少し色が薄いです。(昔の石なので等級分け外ですが、おそらく「銀剛」)
手前の左の石は天山石の「銀剛」というランク(上から2番目)の石です。

違いはそれだけです。吸水率とか石の耐久性とかは玉石とは言え、ほぼ同じ場所から採れた石ですから、
ほとんど同じです。
「天山石」独自の硬さ、とか、吸水率の低さとかは同じなんです。

 

せっかく日本の石、しかも天山石でお墓建てるんだから、一番等級の高い「紺碧」で。
(注 「紺碧」とは天山石材産が採掘された天山石の中でも1番高い等級と判断された石の名称です)というのも、見識ですが、

 

西日本で一番の銘石、「天山石」で、でも等級は「万葉」にします。
(注 「万葉」とは天山石材産が採掘された天山石の中でも3番目の等級と判断された石の名称です)というのも、実はアリの見識ではないのかな?
と、私は思ったりするのですが。

何を重視するかは、その人それぞれなので、どんな選択肢にするのかは、その人それぞれだと考えます。

 

さて、あなたは、どっちにしますか?

 

ですが、どっちにしろ、石の等級よりも大事なことがあるのです。こっちをよくよく考えないと、後悔することになるかもしれません。

 

お墓に関する疑問、質問にお答えしております。
お墓全般に関すること、天山石に関すること、疑問質問はお問合せより。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

◇ お問合せ先はこちらです→→→ メール問い合わせ
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200708_154749

「防草工事」の新しい定番~グラベルフィックス® 草は生えないが、どんな墓地でも使えるわけではない。

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

今年の梅雨は、降る時は徹底的に降る。
降らない時は、全く降らないという感じで、はっきりしているような気がします。
その間、お墓ではなく、ご自宅の庭の防草工事しておりました。

今日は「草が生えないお墓」に興味がある方、必見ですよ。

草が生えない防草舗装材、グラベルフィックスのおすすめです。

 

目次

    1. 草取りが大変
    2. 障害物を取り除く
    3. グラベルフィックスとは?
    4. 実際の施工
    5. まとめ

 

草取りが大変

IMG_20200525_093105

とあるご自宅の庭です。かなり雑草が生えていて草取りが大変だから、ということで防草工事。
ただ、草だけではなく、樹木も生えていて、
土が盛り上げてある場所もあったり、
低い場所もあったり、
地盤が柔らかくて、などいろいろあります。

 

障害物を取り除く

ミニの重機(ミニと言っても自重が2トンくらいあります)でまず、表層の草とゴミ、それから必要ない残土を取り除きます。
もう処分して構わない樹木も根こそぎ、取り除きます。

およそ、3トンダンプで3台くらいあります。
それを処分して、平らになったら、整地です。凸凹している部分を均して、出来るだけ平らかに。
それが出来たら、転圧と言って、地面を踏み固める作業。

その上に砂をある程度の厚みで入れます。
グラベルフィックスというものは下地が凸凹していると上手く設置できません。
どんな柔らかい土でも、土だと完全に平らに整地が難しいので、砂を敷いて、それを転圧して、整地して、
その上に敷いていきます。

 

グラベルフィックスとは?

どういう構造をしているかというと。

IMG_20200713_080545

このようなハチの巣状ものが並んでいて、(写真はサンプルで一部を切り取ったものです)
この形状が非常に強くて、しっかりと使えば、何十トンという大きな重機でも乗ることが出来るそうです。

 

IMG_20200713_080551

うしろには、防草シートのようなシートが張り付けてあります。
このハチの巣の中に砕石を入れるのですが、それがこぼれ出ないように、ということと
防草効果も高いので、両方の効果が期待できるのです。

 

IMG_20200713_080559

本体も当然しっかりしておりますし、防草シートの部分もしっかりしています。

ただ、使ってみてわかったのですが、このシート、一部薄いような気がした部分がありました。
シートの厚みが一部、薄くて、均一ではない気がしました。

それと、このシート部分、上下左右に大きめになっていて、周りのグラベルフィックスのシートのはみ出した部分通しを
重ねて、結合するように使うのですが、その位置が微妙にずれて、はみ出す長さが均一ではありませんでした。

更に、シート同士を重ねる時、グラベル本体と下のシートとの間に隣のシートを差し込むため、一部接着してない部分が必要なのですが、
その接着してない部分のはずが、接着してしまってあって、わざわざ剥がさないといけないことになっていました。
(※ この部分非常に説明しずらいな。実際施工した人なら理解してもらえると思います)
わざわざ剥がすと、シートが傷んで、薄くなったり、破れたりして、あまりいい感じではありません。

やはり、日本製とは違いますね。
(この製品はオランダのメーカーのものです。加工産地国は知りませんが。。。)

 

実際の施工

IMG_20200703_143519

このように、千鳥に配置するように敷いていきます。間の部分は下の防草シートの部分がひろめになっているので、
重なるようにしていきます。

IMG_20200707_090358

そのままのサイズを利用できる部分は全て並べて、あとは、端のカットしなくてはならない部分をカットして並べます。
それが出来たら、細かい砕石を敷き詰めて、一度転圧してから、再度砕石を敷いて完成。

 

IMG_20200708_154749

完成しました。
細かい砕石の方が美しいと思います。
グラベルフィックスが入っているので、しっかりと採石を敷き詰めてあっても、歩きにくいという事はありません。
更に、軽トラック程度の重さなら、十分耐えます。
(※ 本来ならどんな重量でも耐えるモノらしいですが、下地が軟弱なので、あまり重たいものが入ってくると、沈んでしまいます)

 

まとめ

グラベルフィックスという製品で、防草シートの代用で庭に敷いてみました。
これは舗装材といって、歩きにくい場所を通路の様に歩いたり、車が進入で来たりするものです。
今回は防草という、草が生えないことがメインで施工しました。

お墓自体ではなく、その参道、周囲の草の生えやすい場所などを想定してみると、このグラベルフィックスは使える場面は多いかもしれません。
お墓周りの防草工事の手法として、また一つ増えたかな、という感じですね。
ただ、このグラベルフィックスですが、防草効果よりも、舗装効果を高める製品です。

今回の庭工事では、あまり強い草が生えていなかったので、このままで施工しましたが、
笹など強い草が生える場所では、このままでは突き破ってしまう可能性もあります。
その場合は防草シートと併用を検討されるべきだと思います。

更に、落ち葉が多い場所は不向きです。
大量の落ち葉が落ちてくると、そこで腐葉土となり草が根を張り、雑草が生えてきます。
でも、

「お墓って、落ち葉が落ちてくる所多くない?」

 

場所、費用、施工環境などにより、「お墓の防草方法」は変えていくべきだと思います。
あなたの墓地に最適な防草方法のご提案もしております。
詳しく知りたい方、見積のご依頼は以下のお問合せリンクからどうぞ。

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0008-e1462683878182-500x666

「水害多い国」日本のお墓は水害に弱い。でもどうしたらいいの?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

日本全国で梅雨末期の豪雨での被害を受けられて、被災された皆さま、心からお見舞い申し上げます。
ご苦労さまです。思ったよりもあなたもお疲れのはずです。気持ちは分かりますが、少し休息も必要ではないですか。

また、ボランティアをしていただいている皆さんには心からお礼申し上げます。
お自身の体のことも少しだけ、気にかけてください。

本日は「日本は水害が非常に多い国」という話。

 

目次

  1. 水害が多い国、日本
  2. 水害の時、お墓はどうなる?
  3. お墓の中に汚泥が入らないお墓
  4. まとめ

水害が多い国、日本

床下浸水、床上浸水ってホントに大変なんです。

後片付け、水没して使えないものを捨てる。汚水、泥土の清掃、匂いもすごいです。
私も2004年の台風23号の水害の時は、消防団員として3日間、水害対策に当たり、
その後、自宅は被害なかったですが、友人知人の自宅、工場等の片づけにずいぶん行きました。
本当に気の遠くなる作業です。

 

ですが、少し考えてみてください。

家って、地面と同じ高さの家はありません。
つまり地面よりはるかに高い位置にある家に水が入ってくるという事は、かなりの高さまで水(と呼びますが実は汚泥)があふれているという事です。
お墓は建っている場所にも寄りますが、少なくとも、地面よりも低い場所にご遺骨が埋蔵されているのが普通です。

床下浸水でも、お墓の中は完全な水没です。

(※ 仮に家と同じ標高の場所にお墓が建っていると想定してですが。。。)

 

水害の時、お墓はどうなる?

時々、お墓のリフォーム、お墓の移転などで必要に迫られてお墓の内部を開けてみて、
泥に埋まっていたリ、埋まった汚泥が乾燥していたりというお墓を見かけることがあります。

明らかに、お墓の内部に汚泥とか水とかいろいろなものが入り込んでいるんですね。

DSC_0008-e1462683878182-500x666

お墓とは、その程度の水や汚泥や、いろいろなものが入り込んでしまう構造なのです。

 

だって、そうでないと、納骨が大変だから。
納骨って、誰か一人でも家族がなくなると、しなくてはならないことです。
時には短期間に何人かの人が亡くなってしまうこともあります。
出来るだけ簡単に納骨できるように、と石屋さんが考えてつくられています。

そこには、「お墓に納められた人(ご遺骨)と残された遺族の想い」というものはあまり重視されていません。
だって、納骨作業が簡単に速やかに完了できることがいちばん大事なのですから。

ほんとに中のご遺骨が大切だと考えているなら、
「少々の雨や水害でも水が入って来ない納骨室(カロート)のお墓を建ててあげたい」と思うはずではないですか?

実際にお墓の中を開けてみて、中に泥に埋まって、その泥が乾燥してカサカサになったご遺骨。
他人である私が見ても、何とも言えない気分になります。
大切なご遺族の誰かが見られたら、どう思うでしょうか?

 

お墓の中に汚泥が入らないお墓

お墓の中に水や汚泥が入らないお墓、実はあるんですよ。おおきた石材店が取り扱っている「信頼棺®」という構造のお墓です。
費用は少し高価になりますが、泥が入らないという信頼、安心を考慮すれば、決して高いとは思いません。
今あるお墓にリフォームで追加するという事もできます。

おおきた石材店ではお盆までに今建っているお墓に信頼棺をリフォームで設置する工事を実施します。
また、このブログで掲載しますが、もしご検討されているなら、台風シーズンまでがお勧めですよ。

 

まとめ

いかがでしたか。
最愛のお父様のご遺骨がお墓の中で泥だらけになって、それが忘れられて、乾燥しきって発見されるって、悲しいではないですか。
「お墓の中に雨水が漏れて入ってしまってもかまいませんか?」と聞いてみると、ほぼすべての人が
「それは嫌。」とおっしゃられます。
雨水が嫌なら、汚泥はもっと嫌だと思います。
最愛のお父様のご遺骨がそんな環境で安らかな気持ちにはならないと思います。

汚泥はもちろん、雨水も侵入してこないお墓、「信頼棺®」の兵庫県北部での唯一の代理店、おおきた石材店です。
直接ご連絡いただければ、「信頼棺®」のご説明もします。
新しいお墓をご検討の方、お墓をリフォーム工事しようかとお考えの方、ぜひ「信頼棺®」も同時も同時に考えてみては。

この説明だけでは信用できない、という方もたくさんいらっしゃると思います。
「信頼棺®」の構造は基本的に一般公開できない契約となっております。ですが、お問合せ頂いた方には、ご説明させていただきます。
ぜひ、この機会に「信頼棺®」構造のお墓を検討してください。

 

※ お問い合わせは、下の「お問合せ」ボタンから。
※ 「信頼棺®」を詳しく知りたいという方は以下のボタンから。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0153-500x375

お墓の失われた機能を取り戻す

こんにちは。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

ご無沙汰ぶりの記事です。先日の続きの記事です。
で、かなり気合の入った内容です。なんと新しいお墓を発明してみました。。。(^_^;)
良ければ読んでみてください。

 

 

「お墓の失われた機能を取り戻す」

https://note.com/kazu_ohaka/n/n41353ba63ab4

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
Microsoft Word - 文書 1

お墓が失った機能

こんにちは。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
梅雨末期の豪雨で九州は大変なことになっていますが、大丈夫でしょうか?

豊岡市も雨続きです。

 

ところで、「墓」という字をよく考えてみると、

この字は「莫(ばく)」という文字と「土」が組み合わさった文字です。

Microsoft Word - 文書 1

くさむら(艸)の中に日(太陽)が隠れて見えない、という意味だそうです。
つまり、土(の下)に大切な(太陽の比喩)ものが隠されていて見えない状態、が「墓」という字ですね。

大切なもの、つまり家族の亡骸(なきがら)を土の下に隠して見えなくした状態が墓だということです。

 

もともとお墓とは、
亡くなった人の亡骸を大地に穴を掘り、その中に埋葬して、その上に土を戻し、
土中深くに安置したもの、です。

ただそれだけでは、場所が分からなくなってしまいます。
ですから、その上にシルシを置いたのです。最初はそのあたりにある小石。
木の枝を置いた時もありました。
そのうち、お寺のご住職という方から、

job_obousan_hair
「こんなの置いたらどうだい?」と言われて、木で出来た柱のようなものを頂きました。
ご住職お得意の筆で何か書かれています。たぶん、仏教的に有難いモノなのでしょう。

でも、そのうち、雨風雪などに晒されていると、全部分からなくなってしまいます。
どうしたものか。。。と思っていると、

隣の村の人が、石に文字を彫ることが出来るすごい人に石にその有難い言葉を彫ってもらったというではないですか!!

 

じっとしているわけにはいきません。

その人に頼んで彫ってもらうことにしました。
石に掘るんだから、消えるわけない。私が死んでも多分残っているはずです。

job_art_choukoku
それが「お墓」「墓石」の始まりだと思います。

つまり、

「墓石」とは、亡くなった人が埋葬(埋まっている)場所を表すシルシ、が本来の意味。

大地がその自らの力で亡くなった人の亡骸を大地に還してくれる。
その大地の力を利用して、亡くなった人の亡骸を大地に還るよう、
人間は大地の奥深くに亡骸を埋めたんでしょうね。

 

ただ現代のお墓は構造が全く違います。

土葬だった時代から、火葬の時代になって、お墓の構造も全く違ってきました。
火葬なので、土中深くに必ずしも埋葬する必要がなくなったのです。

このことは大きな転換点でした。

火葬によって、すぐに埋葬しなくてもよくなり、極端な話、1年後でも大丈夫になったわけです。
時代はすでにお墓をより大きい石で建てようという時代。

 

最初は土葬時代の名残で、お骨を土の中に埋めて、その上にお墓を建てるってことをしていたはずですが、
お墓を先に建てて、その中に焼骨を納めるという方法でも構わないじゃないかと、誰か頭のいい人が気付いたってわけ。

 

それ以来、今日まで、「お墓」とは、「〇〇家専用屋外納骨堂」となったのです。

大地にお骨を還さない。還すことが出来ないのが「お墓」である、とも言えます。

 

apron_woman3-1question

そんな高額の専用納骨堂を建てるなら、共同でいいじゃない?

 

 

pose_ayashii_woman

土に還らないの?それじゃあお墓の意味ないんじゃないの?

 

まさしく、それがいちばん大事なところなのです。
ご遺骨は勝手に処分してしまうことは法律で禁じられています。
むしろ、日本人の感性なら、粗末にあつかうことは憚(はばか)られます。
本来、「遺骨」とは、土の中で大地に還すことが一番普通な取り扱い、のはずです。
その「遺骨」を大地に還すための装置、であるお墓が「遺骨」を大地に還すことが出来ない装置に成り下がってしまっているのが問題なのです。

 

pose_nigawarai_woman

「お墓では還らないんじゃあ、還るところに持って行くしかないじゃない」

海洋散骨、樹木葬、散骨という供養方法を選ばれる方は、そう考えているんじゃないのかな。

であれば、

「大地に還る」お墓を作れば、いいじゃない!!

 

大地に還ることのできるお墓を考えました。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200407_144142-2

不安な「お墓」を安全な「お墓」へ

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

今朝は、雨の匂いがする朝です。
長い梅雨の中休みも終わり、今日から梅雨空が戻って来そうです。

IMG_20200625_071405_1

うろこ雲がすごい。。。

 

来月、信頼棺によるリフォーム工事のお仕事させていただくことになりました。
父が建てたお墓なんですが、もう30年くらいになるのかな。。。
いわゆる石の上に石を乗せただけの、一切耐震等の対策をしていないお墓です。

 

「信頼棺」構造のお墓というのは、基本的に「耐震施工」です。
イメージとしては、「耐震施工」のお墓+ 「雨漏りしないお墓構造」が「信頼棺」構造だと思ってもらえればいいですね。

 

今回施工する墓地はおおきた石材店の近くの墓地で、先代、つまり私の父が建てたお墓が3,4基建っています。基本このお墓はもう20年以上昔のお墓なので、地震対策は施してありません。大きめの地震が来れば、おそらくズレるのは間違いないです。場合によっては、倒壊することもあり得ます。

 

それ以外に、私自身が建てたお墓も6基あります。こちらは、基本的に耐震、免震の工法で建てているので、大きい地震が来れば倒れますが、周りのお墓が倒壊しても何とか残っている可能性は高いですね。ただ、花立、水鉢は倒れてしまう可能性は高いですが。。。(納骨のため、接着してません)
で、唯一、この墓地で「信頼棺」構造のお墓が1基のみあります。私が建てました。このお墓は「免震、耐震構造」であると共に、「雨が降っても、納骨室内に雨水は浸入しない」構造です。

「安全」の反対が「不安」だとすると、不安なお墓が少しでも少なくなることはホントに嬉しいことです。安全なお墓をたくさん建てて行きたいですね。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200622_161448

「滑りやすい」を「滑りにくい」に

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

ずいぶん久しぶりの投稿に。。。。

チャンと仕事はしております。

玄関、庭、などでぬれるとすごく滑る場所ってないですか?
うちはたくさんあります。。。。(^_^;)

そんな場所を「滑りにくくする」という工事をしましたよ。

IMG_20200622_105158

この玄関前のアプロ―チ。石が張ってあるんですが、濡れるとすごく滑るそうです。滑りそうですね。確かに。。。

 

IMG_20200622_105729

養生テープで、まず「滑らない加工」する部分の枠を決めます。地面が少しでも濡れているとできません。晴れて乾燥したタイミングで。

 

IMG_20200622_121641

全面にべったり加工するのではなく、ストライプに加工します。これで滑らなくなるはず。でも、このストライプに養生テープを貼っていくのが、結構大変。。。これは予想外でした。
下地の石張りですが、目地が合って、その部分はセメント加工になっており、石より低くなっています。(これは通常そうなっていますね。)

ですから、目地の部分もしてしまうと、雨が降った時、防滑(滑らない)加工した部分としてない部分が交互にあると雨水が溜まってしまうわけです。ですから、低くなっている目地の部分は防滑加工にならないように、その部分は養生テープを残す。石の部分は養生テープを剥がす、という作業が意外と。。。

 

IMG_20200622_130715

段々養生テープの色が違っていますが、うちにある養生テープ的なものを総動員させたので、このような色々な色となってしまいました。
一番手前は、今回新たにホームセンターで買ったもの。

手前の様に、貼りきってからカッターでカットしていきます。これは結構大変です。

 

IMG_20200622_145559

マスキング(養生テープで加工しない部分を隠す)が完成。。。

 

 

IMG_20200622_161448

加工して、いらない養生テープを剥がした所。加工自体はスムーズにすぐ終了。

 

 

IMG_20200622_161459

まあまあ、感じになりました。あとは、どれだけ耐久してくれるか、ですね。

お墓とかでも、最近石張り加工のお墓が多くなってきました。お墓の通路とかでも、この施工できます。これは駅のホームとかでもしている加工なので、耐久性もかなりあるみたいです。
滑って困っている方、ぜひ一度、検討してみてください。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200528_183545

紙のお手紙はネットの時代では時代遅れ?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

 

今日の投稿は、珍しく同業者とか、近いビジネスをされている人向けの記事です。
非常に珍しくですが。。。

 

まもなく6月。おおきた石材店では、ニュースレターを発行する月です。
今年から年4回発行する予定で新しくはじめました。

IMG_20200528_183545

今の時代、年賀状、暑中見舞い、って出す人、ずいぶん少なくなっていますよね。
LINEで「あけおめ」って送る人、若い人ばかりではなく、私と同世代でも多い気がします。

更に、最近増えてきたのが、私より上の世代、
「年賀状などをこれにて仕舞います」というお便り。
沢山の年賀状を返信するのが、大変だからと想像します。

つまり、手紙やはがきを出す人が極めて少なくなっているわけです。わかりますよね。それは。

周りでやっている人が少ない。
そこには可能性があります。だって周りで誰もやってないことをやるんだから、目立つでしょ。ってことです。
めったに来ない手紙。そこに稀に届くお便り。これってすごく嬉しいことです。

仕事(ビジネス)としては、周囲で誰もやってないこと。ブルーオーシャンですよね。
更に言うと、高齢者(私と同じくらいかそれより上の世代)には、「手紙」とか「私信」って、すごくなじみ深いツールです。
価値がある、意味がある、でもめったに見かけない。これは使うべきでしょ。

 

ただ、若い世代には、「今さら、紙ツール?? コストがかかりすぎるし。。。」
そう思うのは、それはそれで仕方ない、ですし、そういう時代なのは理解しております。

でも、

でも、ですよ。

 

お手紙、はがきって何か心が届くツールだと思うわけです。
事務的な連絡はメールやLINEでもいいと思うのですが、

 

「あなたのことが大好きです。心から」

 

という気持ちを伝える時は、紙媒体の手紙やはがきの方が気持ちが届くような気がするのは、決して気分だけではない気がします。

(「直接会って、言えよ)という反論には100%屈服します。ごめんなさい。)

それは長い時間、心を伝えるツールとして、歩んできた「手書きの文字を紙というツールで届ける」という人間が長い間利用していた記憶が強く作用している気がします。

まだまだメールでは、その代用は務まらない。

「まだまだ経験が足りんな 」

今年入社したばかりのとび職人に対して、その道のプロ20年目の先輩とび職人の職長が必ず毎日言っているセリフがそのまま当てはまると思うんです。

 

私たち、お客様に何を届ければいいのか?
「お墓の大切さを思い出して下さい」だとか
「ご先祖様の今まで引き継いできてくれたことに感謝をこめませんか?」だとか、
「世界一ご先祖様を大切にしている「ご先祖教」ともいえる日本の文化を」だとか
そんなことを伝えたいとするならば、メールよりは、紙に書かれたものをお渡しして、読んでいただくことが、正しい方法なのではないかなと考えたりしています。

 

私は自分でニュースレターを制作、発行しております。(普段は活字ですが、たまに手書きでも出してます)
が、自分で書くのは。。。ちょっとね。。。

ojisan2_think

という場合も当然ありますよね。あまり得意ではない方は特に。

私の所属している「日本石材産業協会」という日本最大の石材業界の全国組織の中に
「顧客満足推進委員会」という委員会があります。その委員長を私はこの4月から任されております。
その委員会メンバーは、約30くらいの全国の石材店さんがメンバーなのですが、そこでいろいろ思案し、検討し、作り上げたニュースレターがあります。

いしずえ。

お客様と石材店の橋渡しをしたいと思って、作成したのです。
非常に簡単にお客様の都の架け橋を作る、そんなツールです。
今、新型コロナがやっとひと段落しつつある今こそ、こういったツールでお客様との関係を修復、強化、そしてファンになってもらうことが
大事なんではないですかね。

一度、検討してみませんか?
「いしずえ」たくさんの石材店にご利用いただいております。
https://www.kinmei.co.jp/service/ishizue/benefit.html

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200520_094950

草が生えるお墓とは?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20200522_070439

田んぼに水が入り、田植えが終わりつつあり、春から初夏に変わりつつある今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしですか?
とても久しぶりでの投稿です。

新型コロナの影響で、いろいろとイレギュラーな出来事があり、投稿できていませんでした。

 

本日、ある墓地にお墓工事に行って、見かけた写真です。

IMG_20200520_094950

お墓から、草が!!生えてます!!

IMG_20200520_094957

一見、それほど不思議な風景には見えません。

「ああ、よく見かけるお墓ですね。」と感じたあなた。
apron_woman3-1question

実は、これはある事実を物語っています。

 

これは、大きな地震が来たら、間違いなく

 

「倒壊してしまうお墓」

 

だということを物語っています。

どういうことかというと、
すき間から草が生えてくるということは、石と石の間にはすき間が開いている、ということ。
つまり、
石と石は接着してないということ、なんですね。

お墓の石は全体で1トンとか2トンとかあります。それだけ重たいお墓の石なのに、しっかりと固定しておらず、
石の上に石が乗せてあるだけ、ということ。
ホントにそれで大丈夫?と思ってしまいます。

誰もいない時に、大地震が来て、倒壊。それはまだいいです。自分のお墓が倒れただけですから。

でも、お彼岸とかお盆のお墓参りの時、そうなったらどうですか?

近所の子供たちがそばで遊んでいる時、そうなったらどうですか?

たまたま近くを人が歩いている時、そうなったらどうですか?

 

それは、あまりにも心配症すぎるよ、って言いきれますか?

 

自動車保険を掛けずに走っている車と同じだと、私は思ってしまうのですが、
みなさんはそうは思いませんか?

 

何かあったときに備えるのが「保険」なら、何かあったとき(大きな地震があった時)に備える(倒れて被害が出ないように)ために「地震でも倒壊してしまわないような対策 」って最低限必要だとは思いませんかね。

小さなお墓なら、必要ないかもしれません。

そうではなく、

大きなお墓を建てるなら、それは最低限の備えだと思いますが、そうではないですかね。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
34258869_1836134783171146_3869054695133675520_n

「マンダラエンディングノート」のワークショップ

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20200510_053623

田植え前の田んぼに水が入りました。そろそろ田植えの季節です。
世間は「withコロナ」ですが、ここには、いつもと同じ豊岡市の田園風景があります。

今日は、いつものお墓の記事ではなく、一昨日と昨日受講したネットセミナーのことを書きたいと思います。

一つ目は「西野亮廣オンライン講演会~超実践マーケティング」という広告、マーケティングに関するセミナー、という名の講演会。もう一つは「マンダラエンディングノート」ワークショップというzoomを使ったセミナーです。どちらも今の私には必要なものだったんですが、最初の西野さんの講演会は別の場所でシェアするとして、ここでは「マンダラエンディングノート」ワークショップの方を報告したいと思います。

エンディングノートって、私自身も作成したことあるんですが、作るのが大変なんです。
記入することが大きな関門としてある。だから誰も途中で断念して、私のように、

「エンディングノート?、うん、昔つくったことある。でも、その話は止めましょう」
(一度書き込もうと思って頑張ったんだけど、途中で断念。。。その話題には触れないで。。。)

sick_hiyaase

という人が多いのではないかと思います。

そんな中、一般社団法人岡山スマイルライフ協会の宮地勇さんという人をたまたま知り、「マンダラエンディングノート」のワークショップをされるということを知って、応募してみました。

34258869_1836134783171146_3869054695133675520_n

全くしらない2人の女性の方と宮地さんとでワークショップをしたのですが、とてもよく設計されたエンディングノートだと思いました。全てを作成したのではなく、最初の2つの部分、「0、人生の未来図」 という部分と 「1、私の人生」 という部分のみワークで作成したんですが、実際のワークではできなかった残りの部分は
2、病気・介護状態になったら
3、大切な人へのメッセージ
4、葬儀
5、お墓(納骨)
6、財産
7、相続、遺産
8、供養
最後に、「人生の地図~私がたいせつにしていること~」と続きます。

それぞれのテーマで9個、枠があって、それぞれに「魔法の言葉®」という言葉で質問が書かれています。それを手掛かりに自分の中にある答えらしきものを見つけて、書きこむというスタイルです。自分の中に埋もれている答え、自分でも見つけにくい答えを引っ張り出すのに、「質問」ってすごく大事です。「質問」すると脳はその答えを何とか引っ張り出してくる性質があるというのは以前から知っていましたが、その質問の質が大事なんです。。。(^_^;)

質問がいい質問なら、ほんとにいい答えを脳が探し出してくるんですが、質問がピント外れだと、その答えも全然予期しないもの、むしろこれではあまり価値がないなという答えしか見つけてくれないんですね。だから、この「魔法の質問®」がすごく大事です。

そして、もう一つの素晴らしい仕組みは「マンダラチャート®」という仕組みです。
3×3で9マスがあるんですが、その周りの8マスを順に埋めていって、その全体を眺めながら、一番大切な中心の1マスを導き出すという手法です。わたしも「私の人生」のテーマで想像もしなかった気付きを得ることが出来ました。

IMG_20200510_062435

食べることが大事だったんだ。。。!!!

そして、最後は「味方学®」、これちょっとまだ十分に咀嚼できてないのですが、今回3人の人とワークしてみておもったのは、複数人とやった方がいろいろな気づきを得られるし、ヒントもあるし、共有し合うことで、自分の中の「自己開示」もすごくできて、良かったな、と感じました。

ワークではここまでしか時間の関係で出来なかったんですが、その後もたくさんの項目があって、この導入部分が敷居を下げてくれるので、その後の本来の「エンディングノート」の部分もすごく入りやすい設計になっている気がしました。

まず、誰か他の人と一緒にするのはすごくいいと思います。自己開示し合うことによって、書き込みやすくなるし、普段、決してコンタクトできない自分の深層意識の深い所に埋まっている「答え」を引っ張り出すきっかけにもなってくれます。

それから、「お墓(納骨)」のテーマで、お墓なんか建てない、と言っていた人がお墓の大事さに気づくきっかけにもなったという事例も教えてもらえました。これは凄く大きいことではないかと思います。できればどこかの機会で、私自身もワークを実施できないかなと思っています。

だれか、一緒にこのワークしてみませんか?

実はメジャーリーガーの「大谷翔平」も子供の頃、この最初の「マンダラエンディングノート」にも使われている「マンダラチャート」にチャレンジして、真ん中に「ドラフト指名8球団」と書いていたそうです。

大谷翔平の目標達成シート

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
a0027_000021_m-500x334

こんな業者にお墓建ててほしくないですね。

こんばんわ。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

ついに、ゴールデンウィークが始まりました。でも、今年は外出できない、遊びにも行けない、美味しいものも食べに行けない。
「全然ゴールデンウィークじゃない!!」

ojisan2_think

とお嘆きではないですか。でも、見方を変えれば、
毎年毎年、同じゴールデンウィークでは、面白くないじゃないですか。

「今年のゴールデンウィークは新型コロナでどこも外出できなかったけど、けっこう楽しい一週間だったよね。」
「今思い出しても、あの年のゴールデンウィークは凄かったよね。」と思い出せる一週間にしませんか。
すべて自粛で大変ですが、そんなこと考えて、一週間過ごしたいと思います。

 

ところで、先日、あるお客様から見積依頼を頂きました。
そのお客様は他の業者に見積された図面と見積書をご持参でした。(ネットで全国展開している業者です。時々見かけます)
それを見せてもらって、唖然(あぜん)としました。。。
とんでもない見積だったのです。

 

まず、間違いないと思いますが、墓地を実際に見ていません。見ていたら、あのような図面は決して書けません。一度は墓地を下見するのは、「石材店にとっては当たり前」ですが、まあ、あまりにも遠方で、どうしても下見できない場合もあります。そういう場合は施主様に写真を撮ってもらう依頼するとか、方法はあるはずです。
私なら、仲のいい石材店さんにお願いしますけどね。。。
その見積の一番の間違いは墓地の使い方。お墓の構造が基本的に間違っています。豊岡市はけっこう田舎なので、きっちりと区画割された墓地ばかりではありません。
市営墓地でも一部は都会では考えられない形状の墓地があります。
そう言った地域性、墓地の特性があるので、見積依頼された場合、たとえどんな場所でも、一度は墓地を下見するのは、「石材店にとっては当たり前」ですが、その当たり前すら怠ってなおかつしっかりと見積してしまうその無責任さに憤りを感じます。

 

しかも、基礎工事のことを一言も書いてありません。墓石建墓一式〇〇〇万円です。これはあまりにも人を馬鹿にした見積です。
お客様のことをなめ切っています。
これでみんな納得するだろう、という傲慢さが見え見え。。。

 

あまりにもむかつくので、私は、この見積の欠点(大体10個以上はありそう。)を一つ一つ、懇切丁寧に指摘して、この見積のダメさ加減を丸裸にしてやろうと思っています。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200408_112838

木下家のお墓つくり⑧~お墓を建てることの一番のだいご味

おはようございます。
コロナウィルスの影響で依然投稿できなかった記事を書いております。

木下家のお墓つくりの第8回め。いよいよ、お墓を建てます。
一番盛り上がる場面です。

IMG_20200407_112419-2

(注:赤い四角の部分は「信頼棺」のフタの部分です。公開できないので見えないようになっております)

実は、道路からクレーンで施工する予定だったんですが、1m届かず。。。(^_^;)(^_^;)(^_^;)
手前に下ろしてもらって、後は、人力で移動。。。

IMG_20200407_112419-2-3-4

左の方の赤の枠にチェーンブロックという道具で、重量物を吊り上がる道具のチェーンが写っております。
右には三又の足の一本が写っています。

この現場では写真を撮るのを忘れていましたので、別の写真を。。。

unnamed (1)

unnamed

こんな感じですね。木の丸太でやっているのは珍しいかもしれません。カニクレーンが入らない現場ではこういう道具を使います。

で、最後の竿石(佛石)の据付ですが、こちらも非常に気を使いますし、時間もかかります。

IMG_20200407_114431

設置する場所の真上に来なくてはいけないのですが、それが難しい。。。セラミック接着剤と弾性接着剤の併用で建ててます。

IMG_20200407_143302-2

設置出来た!!!

と思ったんですが、ほぼ山は越えた感がありますが、まだ完成ではありません。石と石のすき間に接着剤(シール剤)を充てんします。どうしてそんなことをするかというと。。。

①内部の接着剤に水分や汚れが侵入しないように
②すき間があると見掛けが悪いので

の二つの理由のようです。

先ほどの2種類の接着剤ですが、水に対する耐性はある程度ありますが、常時水分に接していると耐久性がやはり落ちると思います。そうならないように、の意味が大きいですね。

IMG_20200407_144142-2

 

戒名碑にも、シールして、っと。。。

IMG_20200408_112838

今度こそ、

完成!!!

 

木下家のお墓つくり⑨~完成!美しいお墓

http://ohkita-sekizai.com/archives/24725
 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200330_083506

木下家のお墓つくり⑦~文字彫刻は目を酷使します

おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

仕事柄、マスクはよく付けるんで、苦手ではないのですが、いつも付けていると、体と一体となってしまい、マスク付けたままご飯を食べようとして、ご飯をマスクに押し付けようとしてしまった大北です。これって人馬一体っていうんですよね。(^O^)(言わねーよ。。。)

IMG_20200330_083506

さて、こんな格好で文字彫刻してます。頭はタオルを巻いて、防塵マスク装着、イアーバフ(騒音対策)、更に手袋もしてますよ。

本来なら防塵メガネもしているんですが、マスクから漏れる息が当たって曇るんですよね。見にくいので、付けたり付けなかったりしてます。
付けた方がいいですよね。

IMG_20200330_090006

こちらはお墓の後ろ側。建立日、建立者を彫ります。私は時間が掛からない部分から彫って行って、一番時間が掛かる前字を最後に彫ります。そういうことが多いかな。

IMG_20200330_091504

表はこんな感じ。ブラストの砂が表面に少しでも当たると光沢がなくなってしまうので、当たっては困る部分は全てマスク(ゴムシートで被うこと)します。

IMG_20200330_091513

今から彫りますよ。気合入れて。。。彫る人にもよりますが、私はこの部分は1日では彫れません。しっかり一日かけてなら彫れるかもしれませんが、「目」が続きません。目の疲れで長時間できないんですよね。防塵メガネ付けても同じです。。。目の消耗が激しいですね。
若い頃はけっこう彫れたんですけどね。。。

IMG_20200405_110627

でもって、体を酷使してやっとこせ、彫れました。お墓に文字を彫刻するって、非常に楽しいですが、非常に体を使って(特に目ね)、しかも根気が必要です。

どうですか?一度、文字彫刻してみませんか?文字彫刻の体験をしてもらうこともしてます。

    「入刻式」してます!!

おおきた石材店で新しくお墓を建てて頂ける方限定で、文字彫刻の最初の「入刻」を体験できます。大切で、しかも高価なお墓。そのお墓を少しでも愛着を持ってもらい、「私もこのお墓を作ったんだ」という思い出を作ってもらいたい、という思いで実施しております。「入刻式」自体は無料で実施しております。
( 注意:工事の完成期日までの期間があまりない場合は「入刻式」自体ができない場合があります。また、完全に自由意志です。やりたくないという方も多くいらっしゃいます)
DSC09456-1

IMG_20140126_100931665
ご興味ある方、詳しくはお問合せ下さい
◇メール問合せはこちら→→→こちら
◇お電話のお問合せはこちら→→→こちら
※ 新型コロナウィルスの影響のある現在、しばらくは「入刻式」の実施を見合わせております。ご了承ください。

で、ゴムシートを剥がすと。。。

IMG_20200406_115756

家紋の部分は白の専用スプレーで色を入れます。黒系あるいは濃い色の石には「白色」、グレー系には「黒色」生きている人の名前(戒名も)には「朱色(赤を代用)」を入れます。

元々、朱色はまだ生きているんだけど、お墓に戒名(生前に頂いた戒名です)を彫刻する場合、その戒名のうち、大事な2文字のみ朱色を入れる、というのが本来だったんだと思います。(おそらく。。。) そのうち、お墓の裏に彫る「建立者」の俗名(生きている間の名前)にも朱色(赤色を代用)を入れるようになり始めました。最初は頑なに「それ違いますよ。」と言っていたんですが、だんだん増えてきて、まあいっか。。。となって、今じゃあほとんど朱色(しつこいようですが赤代用)をいれるようになっております。

 

木下家のお墓つくり⑧~お墓の施工は一番の醍醐味

http://ohkita-sekizai.com/archives/24818

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200327_144208

木下家のお墓つくり⑥~どうやって石に文字を刻むのか??

おはようございます。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

コロナウィルスの影響でお仕事止まっておりまして、書けてなかった記事を書いております。

今日は微妙に寒い朝ですが、午後から晴れてくるのかな。。。(^_^;)

下周りが完成した「木下家のお墓」

IMG_20200317_130128

文字彫刻の間は、墓地は放置します。その間にコンクリートと接着剤が固まってくれて、墓地全体がしっかりと強固に10年20年30年とびくともしないお墓になってくれます。

その間に文字彫刻の準備。

IMG_20200318_134848

まずは到着したお墓の石を仮組といって、完成状態に設置してみて、石同士の位置を確認。寸法通りではない部分はないか、しっかりと加工されているか、欠損している部分はないかを確認します。けっこう大事な工程ですね。

これがオッケーなら、文字彫刻の準備に入ります。

IMG_20200327_113050

正面の文字。配置を確認します。文字の大きさはまずくないか、今回家紋も彫刻しますので、その位置、大きさがまずくないか、ということを確認。

文字と家紋の大きさはこれでいいと思います。実は微妙なサイズが違うと出来上がりに残念感が漂います。。。

apron_woman2-2shock

出来上がってから、「え~~、これって微妙に。。。」ってことが実は稀にあります。

確認、大事ですよね。おおきた石材店では、今「LINE」を使わせてもらって確認しております。ホント便利ですよね。LINE。画像も送れるし。。。で、実はこういう「今、こういう状態でこんな問題があります。どちらを選びますか?」みたいなことって、けっこうあって、それを昔は自分の判断でどっちにするか決めておりました。

でも、それではお客様の思いと違うことが稀にあります。とはいえ、昔はそれを確認するのにかなり時間かかって、待ってられない!! ので、勝手に決めていたこともあります。(申し訳ありません。昔、建てたお客様。。。)でも、今はLINEという非常に強力で便利なツールがあるので、すぐに伝えて判断して頂けます。LINE使わない手はない、って確信してます。

 

位置が決まったら、ブラスト作業のためのゴムシートを張ります。

IMG_20200327_114445

日東というメーカーのゴムシートです。表の太い文字はこのゴムシートを使っています。このシートの上に先ほどの原稿を張って、文字をカットして切り抜く、ということをします。

IMG_20200327_144208

木下家と表の文字を切り抜きました。上に家紋も切り抜きました。この作業は騒音もないし、夜の方が集中してできるので、夜間にする方が多いですね。

文字を彫るには「ブラスト作業」という方法で文字を掘っていくのですが、簡単に言えば、この切り抜いた石が見えている部分に高圧の空気で砂を当てるわけです。そうすると、ゴムシートが張ってある部分は柔らかく弾力があるので、そのまま跳ね返りますが、石が見えている部分はその表面に直接当たり、

傷つき、

傷つき、

傷つき、

傷つき(この感じ、初めてじゃないな。。。(^_^;))

その傷が大きくなって、穴を掘る感じで文字が彫れていくのですね。

IMG_20200330_083506

簡単に言えばそれだけなんですが、もちろんそんなに簡単じゃありません。経験がないと出来ませんし、上手に彫刻しようとすると、ある程度熟練が必要です。上手い下手がよくわかります。

 
次の記事は。。。

木下家のお墓つくり⑦~目が疲れる文字彫刻です

http://ohkita-sekizai.com/archives/24796
 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200416_102328

「お客様の声」№37を更新しました。

こんにちは。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
先日完成したデザイン墓のお客様から早速、「お客様の声」が届きました。

とても丁寧で、心のこもったアンケートの回答でした。ホントに感謝です。今回はコロナウィルスの影響で、近くの「城崎マリンワールド」が閉館になっていて、車が少なくて、助かりました。ホントに感謝です。(城崎マリンワールドのみなさんには申し訳ないですが。。。)

20200420075555964_0001

以前からブログを読んでいただいていたようで、有難いです。継続するものですね。。。
私は書くことしかできないので、とにかくこれからも書き続けようと思います。

色々な気付きも頂けました。
ありがとうございました。

IMG_20200416_102328

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~