豊岡市内の銘石建造物のひとつ

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今朝も5時に起きて、送迎行ってきました。
もう夜中と同じですね。午前5時過ぎは。
だって、冬至まであと半月ですもんね。
冬、です。

さて、豊岡で採れた石の名建築シリーズも
いよいよ二回目となりました。
前回は何を投稿したか覚えておりませんが、
こちらは凄い。

おそらく個人宅だと思うので、場所は示しませんが、
おそらくほとんどの豊岡にお住まいの方はわかるのでは。。。

石垣積みです。
谷積み。
dsc_0067

しかも、この石は、神鍋石。
独特の薄緑系の安山岩です。

dsc_0071

高さも結構ですが、
何しろ、この高さ。
谷積みでこの高さはあまり見ません。
しかも、曲線に積んであります。

 

dsc_0070

隅を作ると、そこが弱くなるので、あえて曲線で積んであるのか、
あるいは、隅が嫌いな人なのか?
あるいは、通学路なので、子供たちの安全のためなのか?

dsc_0069

とにかく、曲線でしかもこの高さ。
かなりの熟練を必要とします。

dsc_0068

豊岡の銘石建築シリーズでした。
石垣としては、妙楽寺の豊岡カトリック教会の
玄武岩の石積みとこの神鍋石の谷積みの石垣が
目立つ存在ですね。
他にも、豊岡産の銘石建築、ありますかね。。。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。