買ったばかりの家が雨漏りしてたら、我慢しますか?

雨漏りする家、我慢できますか?

家を建てよう。どうせなら、少し立派な家を。
そう思って、建てたとしましょう。玄関も広い、お庭も素敵。
ホントに立派な家が建ちました。でも。。。
雨漏りします。

そんな時、どうしますか?

 

こんにちは。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

 

お金かけて立派な家を建てたけど、雨漏りします。でも、作りは立派、豪華、広い。
それなら「雨漏り」くらい、我慢できますか?

できるわけないですよね。できるわけない。

これだけお金かけたのに、どうして雨漏りするような家に住まなきゃならないんだ!!
家が立派なだけに、余計怒りがこみあげてくるかもしれない。

 

亡くなった人の住まい、つまりお墓って、そういう状態なんですよ。
もう亡くなっているんだから、我慢してもらおう、そう思えますか?

お墓と言え、かなり高額な費用を払って建てたものです。なのに、雨漏りするって??

冗談じゃない。何とかならないのか?

そう思うのが普通ではないでしょうか?
でも、ほとんどのお墓は、雨漏りします。雨が降るたびに、あなたのお墓には雨水が浸み込んできて、ゲリラ豪雨の度に大量の雨水が浸入してきます。お墓によっては、雨水の通り道になっているかもしれません。

あなたのお父さん、お母さんが眠っているお墓ですが、雨の度に浸水するようなお墓でいいのですか?

もう亡くなっているから、多少のことは文句言わないだろう、と割り切れますか?

 

とてもそんなこと思えない、という人がほとんどだと思います。亡くなっていようといまいと雨漏りするようなところに父や母の遺骨を安置しておくのは到底忍びない、というのが普通の感情ではないでしょうか?
おおきた石材店が正規代理店契約を交わしている「信頼棺®」は日本でも数少ない、雨漏りしないお墓という構造で、特許権を取得しているお墓の構造です。

庵治石や大島石といった国産の石でお墓を作るのも供養だと思いますが、まず一番大事な雨漏りしないお墓を検討されるべきだと思います。

お父様、お母様の眠っているお墓。まずは雨漏りしない、という選択肢を選ぶべきではないと思います。
それとも、常に雨漏りするようなお墓にお住まいさせ続けていいのですか?
私に20分のお時間をください。ぜひもう少し雨漏りしないお墓の情報をおつたえさせてください。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。