石が滑りやすくてお困りのあなたへ

滑りやすい石

 

おはようございます。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

本日はお墓の工事ではなく、旅館の浴室の工事です。すごくイレギュラーなんですが、時々あります。

以前工事させていただいた場所なんですが、浴槽と洗い場を隔てている石、カバチ石ですが、磨いてあるのでその上に載ってしまうとすごく滑るので、滑り止め加工をさせていただきます。

IMG_20210421_141559

普段はお湯が溢れているんですが、防水工事も同時にされるので、現在、水は抜いてあります。

 

IMG_20210421_095212

下地になる石の表面の汚れを落とし、下から水分が上がってくると剥がれてしまい、施工不良となるので、下地の石に防水処理し、乾いたらシールして、準備完了。

 

IMG_20210421_095215

グレーというか、白っぽい石(上の写真)が男性浴槽の石です。

 

IMG_20210421_111332

そして、こちら暖色系の茶色っぽい(私たち石材業者は“赤”と認識していますが)石が女性浴室です。

 

IMG_20210421_141647

こちらが完成後。写真では全く分かりませんね。ただ触ったら、ざらざらしているので、まったく違います。

 

IMG_20210421_141651 (1)

こちら、アップの写真。写真ではわかりにくいですが縁取りがわずかにわかりますか??
なお、シールがはがれかけていますが、こちらは私ではなく、シール専門業者さんが施工されます。今回は滑り止め加工のみ。

 

IMG_20210421_092233

ただ不安要素も。施工が簡単な反面、耐久性に不安があります。表面を覆う樹脂は大丈夫なのですが、それが剥がれるリスクが。。。

通常、玄関回りとかお墓の参拝する部分など屋外で雨などでぬれると滑る部分の表面に施工するのですが、今回は浴槽。しかも、大浴場で24時間お湯が流れている状態です。条件としては最悪の環境です。ここでどの程度持つのかは、不安です。その点は施主様にご連絡してありますが。。。

それはさておき、屋外、玄関回り、お墓の周囲など、石やタイルが貼ってある部分、滑りやすくて困っているというお悩みの方、ご相談受け付けております。

 

 

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。