兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

造花という選択、場合によってはありでは?

    
\ この記事を共有 /
造花という選択、場合によってはありでは?

以前建墓させていただいた、お墓です。
素敵な花ですね。

「岩田さんのお花」 です。

DSC_0013-2

造花ではありますが、
鮮やかな緑で、素敵ですね。

DSC_0015

この墓地の中で一番目立つお花でした。

造花ではありますが、すごく素敵なお花です。
でも、
お墓に造花はちょっとね。。。
と、お思いのあなた。
ちょっと考えてください。

お墓参りの時は生花を持っていって、
普段はこの造花をお供えしておく。

お墓は生花がいいのはわかりますが、
毎週お参りする人ならいいですが、
半年に一度、あるいは、
年に一度のお参りなら、

ほとんどの時期、お墓には

「枯れたお花」が供えられている状態

ですよね。

確かにお供えしたときは美しい
ですが、
枯れたお花をお供えし続ける、って
あまり気分が良くないです。

なので、
その他の時期は
この造花を供えておく。

そして、
またお墓参りの時期には
生花を持っていく。

いかがですか。
枯れた花よりは造花の方が
良くないですか?

「でも、その交換のために
お墓に行かなくてはいけないんじゃないの!!」
とご立腹の方、

こんなご提案いかがでしょうか?
これなら、可能ですよね。

「造花デリバリーサービス」

ただし、
岩田さんのお花を購入していただいた顧客様のみのサービスです。

これで、いつでもお墓にきれいなお花が
お供えしてある状態です。

素敵なお花がいつまでも。

 

Copyright©おおきた石材店,2015All Rights Reserved.